【ミニプラ・ゼンカイオーブルマジーン】ブルーン腕内側の大胆な肉抜きをプラ板でひたすらフタをしていく!!


こんばんは

最近全然時間が確保できない tomoshoo(@tomoshoo1) です。

マジでのどかな日常が自転車操業です今。

 

 

ということでゼンカイオーブルマジーンの改修やっていきます!

今回は手を加えていくのはこちら!!!

って見せられてもどこじゃいって感じですが、ブルーンの腕です!

 

 

目立ちにくい箇所ではありますが、腕の内側がこんな感じで大胆に肉抜きされているんです。

本当にスッカスカです。

この肉抜きはちょっと気になります。

 

 

最近恒例のニコイチ改修でディテール再現したかったのですが、

腕は表と裏で全然造形が違うんですよね。

てなわけで、今回はひたすらプラ板を切り貼りして

それっぽくフタをしていきたいと思います。

 

 

今回使うのはこれらのツールたち。

総動員で改修していきます。

 

 

プラ板の切り出しはこれらのツールを使います。

ピンセット、デザインナイフ、ペンチ、T定規あたりです。

 

 

形状が特殊な箇所はスタンプパッドを使ったズボラ向けプラ板切り出しメソッドを使って切り出し。

【ミニプラ・ゼンカイオージュラガオーン】ズボラ向けプラ板切り出しメソッドを使って、最小の手間&高い精度でガオーンクロー内側の肉抜きを塞いでいく!

 

 

軸穴の箇所は、ウェーブのステップドリルを使ってぴったりの穴をあけていきます。

これ一本で様々な大きさの穴があけれるので、一本持っておくと便利です。

 

 

 

 

様々なツールを使って、まずは大雑把にプラ板を切り貼り。

肉抜き穴と1つ1つ向き合いながら塞いでいきました。

スリット入りプラバンも使ったりしてます。

 

 

次に、はみ出た個所を切り落とします。

ニッパーで大まかに切り落としてから、デザインナイフやヤスリを使って滑らかにしていきます。

 

 

両腕分やれば改修は一旦終わり。

後ほど、細かな隙間を瞬間カラーパテで埋めて表面処理すれば完成です。

 

 

パテで埋めるほどシンプルな形状でもないし、表裏対象ではないのでニコイチもできない。

そんな時に、プラ板は大活躍してくれます。

切り貼りするだけなので、もちろんどんな形状でも対応可能ですし、カッチリ感も出せます。

 

実際そこまで見える箇所ではないので細かいことは気にせず、

大胆な肉抜き箇所はプラ板を大胆に切り貼りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category