【ミニプラ・ゼンカイオーブルマジーン】マジーヌ腕の肉抜き箇所を、ニコイチ&プラ板でディテール再現していく!


こんにちは

今日もひたすら肉抜きと格闘している tomoshoo(@tomoshoo1) です。

肉抜き処理系モデラーです。

 

 

ということで、ゼンカイオーブルマジーンの改修やっていきます!!

今回はこれ。

ゼンカイマジーヌの腕パーツです。

このパーツ、このアングルだと良いのですが。。。

 

 

反対側はディテールがかなり省略されています。

前腕部分の造形が丸々なくなっちゃってますね。

 

 

ちなみに、拳裏側とヒジ関節も肉抜きされているのですが、

ここはあらかじめパテ盛り済みです。

マジンドラゴンの際にかなり目立つ箇所なので

できるだけ違和感のないようにディテールを再現していきましょう!!!

 

 

使うのは、計4本の腕。

ブルマジーン3箇所目のニコイチです。

 

 

まずは、パーツ取り用の腕を切り出し。

前腕部分だけ残して、他を全部取り除きました。

 

 

このパーツを、前腕の裏側に貼り付け。

 

 

これで、左右対称かつ表裏も同じ形状の腕が完成しました。

片方パテ盛りし忘れてるのはご愛嬌です。

後ろから見た時の見た目はこれでよし。

 

 

 

 

ですが、横から見るとスカスカで

空洞が目立ってしまているんです。

ここは角ばった形状なので。。。

 

 

1mmのプラ板をこんな感じに切り出して。。。

 

 

貼り付け!!

これで完全に空洞が隠れました。

 

 

マジーヌ腕の改修はこれで完了。

まだ微妙に隙間が残っているのですが、そこは再度パテを盛り付ける予定です。

 

 

パテ盛り、ニコイチ、プラ板と地味に盛り沢山な改修でした。

マジンドラゴンの際にすごく目立つ箇所なので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category