【CYCLION】溢れ出る高級感と驚きの変形ギミック!サイクリオン<TYPE ラベンダ>・先行レビュー!!


こんばんは

だんだん家が片付いてきたtomoshooです。

もう一踏ん張りです。

 

 

ということで今回は珍しい完成品の紹介です。

 

グッスマから発売予定の

「サイクリオン <TYPE ラベンダ>」

開発サンプルの先行レビューに選んでいただきましたので

ガチ撮影で魅力を存分に伝えていきたいと思います!!!

こんな感じで届きました。

製品版のパッケージはどのような仕上がりになるのか今から楽しみですねー!

 

 

てことで早速紹介していきます。

こちらが今回のパーツ一覧。

サイクリオン本体、武器、交換用手首パーツと、クリアパーツのスタンドです。

 

 

まずは人型のヒューマノイドモードから。

シルバーとメタリックバイオレットという、非常に美しいカラーリング。

関節部や持ち手を除けば、ほとんどが塗装されています。

 

 

反対側はバイオレット成分多め。

女性型らしく、背面も曲線多めなデザインとなっています。

 

 

両サイドから。

めちゃめちゃ高いハイヒール履いてます。

そしてメリハリのあるなんとも美しいボディライン。

 

しなやかでありながら力強さも感じさせる立ち姿です。

 

 

頭部はぱっつん前髪のボブって感じの造形。

カチューシャのようなピンクはクリアパーツです。

額や目の塗り分け精度も素晴らしいですね。

 

 

華奢めな肩幅に、しっかりとくびれた胴体。

これ本当に変形するの!?ってくらい完成度高いですね。

胸元はクリアパーツで、ロゴも印刷されています。

 

 

背負いものにもロゴの印刷が。

メタリックバイオレット、メタリックピンク、クリアピンク、ロゴと

情報量満載のこのパーツめっちゃ好きです。

 

 

脚部もまた、全女性が羨むような理想的なシルエット。

太ももから足先にかけて繋がっているクリアパーツのラインも

非常に美しいですね。

 

スネ部分はダイキャスト製で、ずっしりとした重さを感じられます。

 

 

変形後は隠れてしまうタイヤの内側部分にもしっかりモールドあり。

細かなところまでかなりこだわりが感じられます。

 

 

手は握り手の他に。。。

 

変わった形の開き手と。。。

 

武器用の持ち手。

全て軟質パーツで、しっかりと塗装されています。

 

 

ということでポージングをたくさん。

 

 

 

 

 

双刀のような武器は両手分付属。

かなりシャープな造形で、持ち手以外は塗装されています。

専用の武器持ち手で、持った姿も自然ですね。

 

 

持たせるだけでなく、背中に取り付けたり。。。

 

腕に取り付けたり。。。

 

お尻に取り付けておくこともできます。

格納のバリエーションが広すぎる!笑

 

 

てことで武器を持たせてポージング。

手首は自在に角度を変えられるので、さまざまな表情づけが可能です。

 

 

さらにハイヒールのかかと部分に取り付けて。。。

必殺技的なキックも可能!!!

これ食らったら間違いなく痛いです。

 

 

片足だけ取り付けてみるのも面白いですね。

ハイキックのポージングも決まりまくります。

 

 

さあ、お次は変形です!!!

 

写真だけなので変形の全工程はお届けできませんが、

難しすぎない難易度にも関わらず大胆な変形で

どんどんバイクの姿に変わっていきます。

驚いたのは、変形中にしか現れない内部構造まで

しっかり作り込まれていたこと。

 

胴体の変形ギミックは見ものです。

 

 

 

 

変形してサイクルモードに。

重心低めの近未来的なフォルムのバイクです。

人型から変形したのが本当に信じられないほどちゃんとバイクしてます。

 

 

背面には排気口的な造形もあり。

タイヤがクリアピンクってのがまたいいんですよねー。

 

 

両サイドから。

左右対称の造形。

曲面が非常に多いフォルムで、光の方向でさまざまな表情を見せます。

 

 

前輪付け根のシャフト部分はニッケルメッキ。

 

エキゾーストパイプ部分には黒色ニッケルメッキと

異なる2色のメッキが施されています。

きらりと光るメッキ感がたまりません。

 

 

 

前輪は傾けることが可能で、スタンドに取り付けることも可能。

スタンドなしでも自立できるってのも良いですね。

 

 

サイクリオンのレビューは以上です。

 

プロデュースはMODEROIDを手掛けている田中ヒロ氏、

デザインはグリッドマンも手がけた野中剛氏という

強力な布陣で開発されたサイクリオン。

 

 

手にとってまず感じたのは、圧倒的な高級感でした。

 

ダイキャストのおかげでずっしりとした手応えがある上に、

ほぼ全塗装で非常に美しい仕上がりのカラーリング。

アクセントのクリアパーツも非常に良い仕事をしていて、近未来感も感じさせてくれました。

 

 

 

さらにヒューマノイドモード、サイクルモードと

それぞれ美しいフォルムでまとまっているにも関わらず、変形まで見事!!

 

 

ぜひ手にとって新たな変形を感じて欲しい、ハイクオリティ玩具に仕上がっていました。

 

 

発売予定は2021年2月ということで、

気になった方はぜひ予約してみてください!!!

予約ページはこちらです。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category