【ミニプラ・ディメボルケーノ】肉抜き箇所でも段差無くキレイにシールを貼る裏技紹介!【TIPS】


こんばんは

黙々と進めるtomoshooです。

1秒も無駄にはできません。

 

 

ということで今回はディメボルケーノについて。

手を加えていくのはこちらです。

ギガントキシリュウオーの胸部パーツ。

塗装による色分けまで終わった状態です。

 

 

ご覧の通り、中央付近は肉抜き個所になっています。

 

 

今回、この肉抜き個所はシールを貼ることで処理していこうと思っているのですが。。。

そのまま貼ると表面がボコボコになってしまうんです!!

 

 

横から見たときのイメージとしてはこんな感じ。

肉抜きのせいで、シールを平らに貼ることができないんです。

 

 

 

 

ということで、一工夫加えることで綺麗に仕上げていきます。

使うのはこちら。

プラペーパーです。

その名の通り、紙のように薄いプラ板です。

 

 

まずは、付属のシールをプラペーパーに貼りつけます。

 

あとは、シールに沿って丁寧に切り出すだけ。

刃を交換したばかりの切れ味の良い状態のデザインナイフで行うと綺麗に仕上がります。

 

 

あとは、瞬間接着剤で固定させるだけです。

段差のない綺麗な平面でシールを貼ることができました。

プラペーパーの厚みは0.1mmと非常に薄いため、シールに貼り付けても変形に支障はありません。

 

 

素組みでも使えるテクニックなので、是非試してみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category