【ミニプラ・ドンオニタイジン】オニシスターロボタロウ頭部ツノを延長&鋭角化で劇中のシャープな形状を再現していく!


こんばんは

やる気満々の tomoshoo(@tomoshoo1) です。

ストックがどんどん貯まる。

 

 

ということでドンオニタイジンの改修やっていきます。

【ミニプラ・ドンオニタイジン】頭部や拳の誤飲防止用ピンを取り除いて、超絶お手軽見栄え向上改修!

前回は、誤飲防止用のピンを取り除いていきました。

 

 

前回に続き、今回もオニシスターロボタロウの頭部の改修をやっていきます。

後頭部のピンは切除済みです。

今回気になったのは、2本のツノです。

劇中と比べて明らかに長さが短いですし、先端が丸くなっておりシャープさが無いです。

 

 

横から見るとこうなっています。

成形の関係上仕方ないのですが、全然ツノの形をしていません。

 

 

各ロボタロウの頭部は合体後も正面に配置され、非常に目立ちます。

ここはどげんかせんといかん!!!

ということで手を加えていきます。

 

 

 

 

ツノの先端にプラ板を貼り付けます。

プラスチック用の接着剤ではなく、瞬間接着剤を使うのがポイント。

硬化促進スプレーを使ってがっちり固めたら。。。

 

 

あとはひたすら削り込むだけ!!

左右対称になるように慎重に削り込んでいきました。

ほんのわずかに内側に曲がった形状がこだわりポイントです。

 

 

横から見ても、ちゃんとツノになりました!!!

左右対称だけでなく前後の形状も揃える必要があったので、

削り込み改修の中ではかなり難易度の高い方でしたね。

 

 

頭部は合体前後ですごく目立つ箇所なので、今回の改修の恩恵は大きいはず!

こんな感じで細かな箇所をしっかりとこだわっていきたいと思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category