【ミニプラ・ドンオニタイジン】オニシスターロボタロウ全身鋭角化計画!ディテールアップパーツを使ってトゲトゲにしていきます!


こんばんは

週末は頑張る tomoshoo(@tomoshoo1) です。

どんどん進めていきたいですね。

 

 

ということでドンオニタイジンの改修やっていきます。

【ミニプラ・ドンオニタイジン】オニシスターロボタロウ頭部ツノを延長&鋭角化で劇中のシャープな形状を再現していく!

前回はオニシスターロボタロウ頭部のツノを延長&鋭角化していきました。

 

 

今回もオニシスターロボタロウの改修です。

気になったのはこれら。

全身にあるトゲの造形です!

安全のため、先端はつぶれた形状になっています。

 

 

これらの造形、劇中のドンオニタイジンは非常にシャープな形状なんです!

ここは気合を入れるために、全身鋭角化計画を発足しましょう。

 

 

 

 

今回の計画に使うのはこちら。

コトブキヤのプラユニット・スパイクです。

 

 

5.0~9.0mmの大きさで、非常に鋭いスパイクパーツが揃っています。

それぞれの大きさについて、先端の尖り具合は2種類の選択肢があります。

こういう形状のディテールアップパーツ、探してみましたが意外と選択肢少ないんですね。

 

 

トゲの大きさに合わせて、ちょうど良いパーツを選んで貼り付けていきます。

貼り付ける前に表面処理を済ませておくのを忘れずに。

(貼り付けた後だとちょっと面倒です)

 

 

まずはスネの部分。

 

 

ニッパーを使って大まかに取り除いたら、ヤスリで表面を整えてこの状態まで持っていきます。

周りのディテールを削らないように慎重に。

 

 

あとはちょうど良い大きさのスパイクを貼り付けるだけ!

大きさ、先端の角度と、無加工でぴったりでした。

 

 

お次は肩。

肩には同じ大きさのトゲが3箇所。

左右合わせて6箇所あります。

 

 

スネのトゲよりは少し小さめです。

 

 

こちらもまずは削り落として。。。

 

 

貼り付け!!

スネに使ったスパイクよりも小さなものを使っています。

 

 

左右計6箇所貼り付けたら完成!

このサイズのスパイクは1セットに3つしか付属していないので、

2セット必要でした。

 

 

 

 

最後はつま先。

つま先をよく見てみるとそれぞれ大きさが違うんですよね。

 

 

同様にまず削り落とします。

合わせ目消しもしていたので、パーツ全体の表面処理も終わらせてから。。。

 

 

スパイクを貼り付け!

この大きさのスパイクはなかったので、大きなスパイクの根本を削って小さくしてから貼り付けました。

わずかな大きさの違いも表現しています。

 

 

これでオニシスターロボタロウの前身鋭角化計画は無事完遂。

肩、スネ、足先と全てトゲトゲした形状に生まれ変わりました。

 

 

コトブキヤのスパイクを2セット揃えるだけでできる改修なので、是非取り入れてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category