【MODEROID・ガンバルガー】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんばんは

ボリューム多すぎて大変だったtomoshooです。

プレイバリュー高すぎます!!

 

 

ということで今回は素組みレビュー!

紹介していくのは、延期を経てついに発売されたこちら!!!!

 

 


MODEROID ガンバルガー


『元気爆発ガンバルガー』の主役ロボ、ガンバルガーがついにMODEROIDに登場です!!

当初は2019年末に発売予定でしたが、ずれ込んでついに発売です。

 

 

パッケージはライジンオーと同じテイスト。

【MODEROID・ライジンオー】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

統一感のあるデザインでいいですね。

 

 

反対側。

 

両サイド。

 

 

ライジンオーを上回るボリュームです。

 

 

ガンバルガー、パッケージの方式が新しくなってました。

箱の中に同じサイズの箱が入ってます。

箱の強度が上がり、取り出しやすくなりました。。

 

 

今回の塗装済みパーツ。

塗装面積こそ少ないですが、塗装箇所多いですね。

 

 

そして金属軸組み込み済みパーツが3つも!!!

ライジンオーよりも豪華になってます。

 

 

早速組み立てたものを紹介していきます。

まずは3体の分離状態から。

 

 

ゴウタイガー

虎型のアニマルモード。

足の模様はシールでの色分けですが、顔は細かくパーツ分割で色分けされています。

 

 

反対側から。

余剰なしの完全変形です。

 

 

両サイドから。

目立つ肉抜き箇所はなさそうですが、全体的に合わせ目は多めです。

 

 

頭部のアップ。

目は塗装済みです。

 

 

口は開閉可能。

 

 

4本の足はそれぞれよく動きます。

頭部は固定ですね。

 

 

ゴウキャノンを取り付けることも可能。

ゴウキャノンの下側は肉抜きありですね。

 

 

ゴウタイガーの下半身は、見栄え用パーツに丸ごと交換することができます。

後ろ足はパーツ流用ですが、劇中のフォルムにぐっと近づきました。

 

 

可動域は変わらずです。

アニマルモードで飾るならこっちですね。

 

 

変形してファイターモードに。

3体の中では一番整ったプロポーションです。

 

 

反対側から。

腕、太ももあたりは合わせ目ありますね。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ちが可能で、横から見てもかっこいいです。

 

 

頭部のアップ。

目、頬の赤い箇所は塗装されています。

額の黄色は別パーツですね。

 

 

上半身のアップ。

胸部、肩、腕、股関節の色分けはシールでの再現です。

 

 

背面は、スッキリした状態や。。。

 

 

ゴウキャノンを取り付けた状態や。。。

 

 

変形用の頭部を取り付けた状態や。。。

 

ガンバルガー用の合体用パーツを取り付けておくことも可能。

背面だけでもかなりのバリエーションがあります。

余剰パーツ減らしたいならこれですね。

 

 

下半身のアップ。

スッキリしたシルエットでよくまとまっています。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント接続。

肩は水平以上まで上がります。

腕にはロール軸あり。

ヒジは90度以上曲がります。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

お次は下半身。

股関節部分は、金属軸で上下に引き出すことができます。

 

 

引き出すことで可動域が広くなり、足を広げることができます。

逆に、収納しておけばスッキリした見た目になります。

 

 

ヒザはこの程度。

足首はボールジョイント接続で接地性は悪くないです。

 

 

武器のゴウサーベル。

黄色1色です。

 

 

ってことでポージングをいくつか。

3体の中では一番よく動き、さまざまなポージングが可能です。

 

 

マッハイーグル

鷹型のコアメカで、唯一の飛行型です。

ギミックがぎっしり詰まりまくってます。

 

 

反対側から。

内部構造の複雑さがわからないくらい、スッキリとまとまってますねー。

 

 

両サイドから。

翼の青い箇所は塗装です。

 

 

頭部のアップ。

目のみ塗装です。

口は固定で、開閉はしません。

 

 

スタンドを使って飛んでいるイメージで。

翼は上下に動かせます。

 

 

変形してファイターモードに。

モード変形は比較的シンプルです。

 

 

反対側から。

翼が大きく自立しないのですが、専用スタンドを使うことで立たせることが可能です。

 

 

両サイドから。

手足がシャキーンってなってます笑

 

 

頭部のアップ。

目、口元の白は塗装で、額は別パーツです。

 

 

上半身のアップ。

胸部の黄色や翼の赤いラインはシールでの色分けです。

 

 

下半身のアップ。

太ももや膝のパーツ分割線が目立ちますかね。

膝部分の黄色も塗り分けてやるともっと良くなりそう。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント接続。

ヒジ、手首は固定で肩が上がったり、腕を前にあげることができます。

 

 

下半身はほぼ固定。

太ももを回転させて、足先を外側に向けられる程度です。

 

 

武器のマッハアロー。

色分けはなしです。

 

 

可動箇所は最低限なのですが、頑張ってポージングさせてみるとこんな感じ。

股関節のフロントアーマーを取り外すと若干自然なポージングができます。

 

 

キングエレファン

象型のコアメカ。

どっしりとしたフォルムですが、可愛らしさもあっていいですね笑

 

 

反対側から。

後ろ足にはパーツ分割線ありです。

 

 

両サイドから。

2本のツノはかなりシャープで、肉抜きのない構造になってます。

 

 

頭部のアップ。

細かくパーツ分割されており、目は塗装での色分けとなっています。

 

 

鼻は2箇所に関節があり、柔軟に動きます。

 

 

頭部の裏側には、使わない変形・合体用パーツを取り付けておくことができます。

 

 

可動は最低限で、足が前後に動く程度です。

 

 

 

変形してファイターモードに。

変形後もマッシブなプロポーションです。

 

 

反対側から。

合体後の脚部も取り付けられています。

 

 

両サイドから。

アゴが引けるので意外とかっこいい立ち姿。

 

 

頭部のアップ。

目は塗装で、それ以外はパーツ分割での色分けです。

 

 

上半身のアップ。

胸板厚めです。

 

 

下半身のアップ。

足はしっかり開いて、足先も広げることが可能です。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント。

腕は若干上がります。

ヒジは固定です。

手首は軸回転です。

 

 

下半身は股関節がボールジョイントですがヒザは固定。

足首はボールジョイント接続です。

 

 

武器のキングトマホーク。

1パーツ構成で、肉抜き箇所は多めですね。

 

 

簡単ですが、ポージングもできます。

 

 

3体のロボを並べて。

変形・合体をしっかりこなすとは思えないかっこよさです。

 

 

お次はミラクル合体!!

3体のロボが合体します!!!

 

 

それぞれ複雑なギミックで変形・合体していくのですが、

マッハイーグルの変形ギミックは見事。

金属パーツならではの細さ、強度を使って

クリアランスぎりぎりで大胆にフォルムが変わっていきます。

 

 

ガンバルガー

3体のコアロボが合体してガンバルガーに。

こちらは見栄えパーツなしの完全変形版です。

 

 

脚部の組み方が間違ってました!!!すみません!!!!!

一部画像差し替えました。

 

 

手が小さかったり、股関節部分のディテールが貧弱だったり、脚部のシルエットが異なったりしてます。

しかし余剰なしでここまでできるの凄すぎます。

 

 

そしてこちらが見栄えパーツ装着版。

文句なしのプロポーションになりました。

 

 

反対側。

背中部分も見栄え用パーツでスッキリしたフォルムに。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ちです。

 

 

パーツの交換箇所は以下の通り。

拳を一回り大きいものに交換。

 

股関節部分のアーマーを交換。

 

ヒザのディテールがスッキリしたフォルムに。

 

脚部内側に蓋をすることでスッキリとした見た目に。

 

背中のごちゃごちゃも取り替えることでスッキリ。

余剰なしの変形か、見た目重視の変形か

お好みで選ぶことができます。

 

 

今後は見栄え重視版で紹介していきます。

 

 

頭部のアップ。

シャープで文句なしの造形。

黒は全て塗装、額と目の緑も塗装です。

 

 

上半身のアップ。

色分けも塗装でかなり細かく再現。

肩から腰にかけてのシルエットも美しいです。

 

 

下半身のアップ。

メリハリがありしっかりとまとまったフォルム。

曲線が美しい脚部です。

 

 

見栄え用の手は握り手と開き手の2種類。

それぞれ両手分付属します。

 

武器のガンバーソード。

シルバー、ブルーは塗装で、黄色と赤は成形色です。

 

 

盾のガンバースラッガー。

キングエレファンの頭部そのままです。

 

 

腕に取り付けるだけでなく、手に持たせることも可能。

保持力も問題なしです。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント。

肩は水平以上まで上がります。

ヒジは90度程度曲がります。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

下半身はゴウタイガー同様引き出し式。

下にスライドさせることでここまで開くようになります。

 

 

ヒザは1箇所の可動ですが、二重関節っぽく曲げることも可能。

足首はボールジョイントで接地性は良いです。

 

 

一通り紹介終わったので、ポージングを何枚か!!!

あれだけ複雑な変形・合体をこなしたにもかかわらず非常によくまとまっており、

ポージングもよく決まります。

 

 

さらに余った武器やパーツをを組み合わせることで。。。

 

オリジナルの武器が完成します!!!

MODEROIDオリジナルのギミックです。

 

 

両手に持たせれば迫力抜群!!!

ガイキングにも同様のギミックが盛り込まれているようで、楽しみですね。

 

 

最後は付属のシール。

赤いライン中心ですね。

 

 

ガンバルガーの紹介は以上です。

素組みレビューのボリュームを見てもらえればわかると思いますが、

プレイバリューの高さが異次元です。

 

3体それぞれアニマルモード、ファイターモードの変形をしっかりこなし、

さらには見栄えパーツなどの換装ギミックもあり。

 

そして複雑かつ精密な合体。

これはもう工芸品ですよ。

 

 

合体後も見事なプロポーションで遊びやすさも抜群。

見栄え用パーツを使うことでさらに見栄えが向上したり、

オリジナルギミックで武器を作れたりと、ここまでやるかと驚かされました。

 

 

MODEROIDのガチ本気を見せつけられました。

是非手に取って、本気を感じてください。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category