【スーパーミニプラ・撃龍神】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!


こんばんは

週末は作業頑張るtomoshooです。

撮影も頑張りました!!

 

 

ということで今回は素組みレビューです!!!

紹介していくのはこれ!!!

 


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 撃龍神


プレミアムバンダイ限定で発売の、

「スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 撃龍神」です

今回は一般販売は無しなので要注意です。

 

 

パッケージはこちら。

アニメ風のデザイン。

龍の背景とか、全体的にかなりかっこいいデザイン。

超竜神とは異なり、内箱はありません。

 

 

側面をぐるっと。

プレバン限定で基本的には店頭に並ぶことはないですが、

パッケージめちゃめちゃしっかりデザインされてます。

 

 

箱は上から被せる方式。

これも超竜神とは異なりますね。

 

 

ランナーは超ぎっしり。

超竜神の時より明らかに多いですね。

ぞれぞれ個別包装されています。

 

 

組む前にちょっとだけ紹介させてください。

このランナーは、劇竜神の膝の赤いパーツ。

超竜神の時はグレーのランナーに黄色い塗装がされていましたが、

今回は赤い成型色で再現されています。

 

塗装済みパーツだと、どうしてもランナーとの接続部の色が欠けてしまうので

成型色で再現に変わったのは嬉しいですね。

 

 

こちらが今回の塗装済み箇所。

顔は全て塗装されています。

 

 

撃龍神の顔はランナーごとゴールドに塗装されています。

なかなかいい色です。

 

 

そして、忘れてはならない本体。

組み立てながら美味しく頂きました。

 

 

 

 

お次は組み立てたものを紹介します。

まずはビークルモードから。

 

 

風龍のビークルモード。

タンクローリー型のビークルモード。

色は青みがかった緑です。

 

 

反対側から。

上に乗っているタンクあたりは全て新規造形、

車両は氷竜と同じ造形です。

 

 

両サイドから。

タンクがなかなかボリュームありますね。

 

 

中央のラインは、パーツ分割での色分け再現。

合わせ目が出るので、ここはきちんと仕上げたいところです。

 

 

雷龍のビークルモード。

ダンプカー型のビークルモード。

白っぽい黄色がメインカラーです。

 

 

反対側から。

変形・合体後のバランスを考慮し、荷台はかなり大きめになっています。

 

 

両サイドから。

こちらも車両は炎竜と同様の造形、荷台は全て新規造形となっています。

 

 

荷台先端の黒いパーツ、ちゃんとマルイチのディテールが入っています。

 

 

変形の恩恵もあり、荷台を傾けることもできます。

お次はシステムチェンジして人型になります。

風龍

タンクローリーが変形して人型に。

背負っているタンクが重すぎて、スタンド無しだと自立は難しいです。

 

 

反対側から。

背面からだと、ミキサーのパーツの分割線がくっきり出てます。

本体の改修は超竜神の時と同様で問題なさそうです。

 

 

両サイドから。

プロポーション自体は相変わらず良いですし、

でっかい背負いものってなんか重装備感あってすごく好きですね。

 

 

上半身のアップ。

胸部の黒い箇所は新規造形。

ハッチオープンギミックのない完全固定型になっており、

スリットがくり抜かれています。

 

 

頭部のアップ。

頭部は新規造形。

なんか氷竜よりキリッとした目元になっていてイケメン度がアップした気がします。

比べてみると結構顔ちがいますね。

 

 

下半身のアップ。

下半身は氷竜と全く同じ造形。

腰の赤いパーツは塗装済みではなく成型色での再現に変わっています。

 

 

背中のジャオダンジィを展開させて、必殺技のフォンダオダンを再現可能。

この状態だとちゃんと自立できます。

可動域広いので、立て膝のポージングも楽々決まっちゃいますね。

 

 

雷龍

ダンプカーが人型に変形。

こちらはギリギリ自立できます。

 

 

反対側から。

背面を完全に覆い尽くすほどのデンジャンホー。

 

 

両サイドから。

ミキサーほど重心が後ろに行かないので、S字立ちも余裕です。

 

 

上半身のアップ。

風龍と同様に、胸部の黒いパーツと頭部が新規造形です。

 

 

頭部のアップ。

こっちも負けず劣らずイケメン。

 

 

下半身のアップ。

炎竜ど同じ造形です。

 

 

替え手首として、左右でそれぞれ別の形状のものが付属します。

どちらも肉抜き箇所などなく、細かい造形で文句なしです。

手首の角度は固定になっています。

 

 

両方取り付けて必殺技のティガオ4を再現できます。

どちらも必殺技が再現できるの、すごく良いです。

 

 

専用武器のエレキガン。

メルティングガンと似ていますが新規造形です。

 

 

銃口は立体感のある構造。

合わせ目処理だけで十分良さそうですね。

 

 

ちょっとだけポージング。

黄色で使用する塗料なんにしようかなー。

 

 

背中に背負っているデンジャンホーは、手に持たせることもできます。

別パーツの持ち手を取り付けることで再現できます。

 

 

2体並べて。

素立ちのかっこよさは相変わらずです。

 

 

 

 

撃龍神

風龍と雷龍がシンメトリカルドッキングして撃龍神に。

シール無し無塗装状態でこの色分けです。すごい完成度。

 

 

反対側から。

プロポーションは超竜神と同じですが、腕のボリュームが全然違うので

シルエットはかなり異なりますね。

 

 

両サイドから。

かなり大きめの腕ですが、へたれることなく自然な角度を保持できています。

 

 

上半身のアップ。

両腕のおかげで、かなりマッシブなシルエットに。

胸部も新規造形で造形や色分けも細かいですね。

 

 

頭部のアップ。

ゴールド、目の赤と全て塗装済みです。

額のみシールでの色分けですね。

 

 

下半身のアップ。

下半身は超竜神と同じ造形。

膝の赤いパーツは塗装済みではなく、成型色での再現です。

 

 

上半身の可動域はこんな感じ。

超竜神に比べると腕の可動域は若干狭いですが、

思ったよりも干渉しませんでしたね。

 

 

ポージングもなかなか決まります。

改修箇所、合わせ目消し+ちょこっと肉抜き処理で終わりそうですね。

 

 

必殺技の双頭龍。

腕に回転軸があるので表情をつけやすく、

必殺技のポージングもめっちゃ決まります。

 

 

超竜神と並べて。

すっきりとしたシルエットの超竜神と、マッシブなシルエットの撃龍神。

似ているようで個性があって面白いです。

 

 

超竜神についてはこちらで詳しく紹介しています。

【スーパーミニプラ・超竜神】完成版レビュー!!

 

 

ギミックはまだ残っています。

 

 

なんと、氷竜・炎竜ともシンメトリカルドッキングできちゃうんです!!!

幻竜神と強龍神は胸部の色が微妙に異なるのですが、

今回のセットにはその違いも再現するため

胸部パーツが全部で3種類付属します。

マジで芸が細かいです。

 

 

幻竜神

氷竜と雷龍の組み合わせ。

 

 

反対側から。

なんだか、一人ビフォーアフターみたいになっちゃってますね笑

 

 

上半身のアップ。

胸部は幻竜神専用パーツです。

 

 

強龍神

風龍と炎竜の組み合わせ。

 

 

反対側から。

クリスマスっぽさがすごい。

 

 

上半身のアップ。

こちらも胸部は専用パーツになっています。

幻竜神、強龍神と、まさか胸部の専用パーツまで用意してくれるなんて思っていませんでした。

 

 

セット内容一覧がこちら。

超竜神とは異なり、余剰パーツを収納しておくようなスタンドは付属しません。

 

 

シールはこの2枚。

細かい箇所の色分けで使用します。

 

 

素組みレビューは以上です。

プレミアムバンダイ限定にも関わらず、人気すぎて3次予約までなった劇竜神。

 

基本的な造形は超竜神と同じでプロポーション・可動域共に文句なしの完成度ですし、

新規造形のミキサーや荷台は合体寺のプロポーションに合わせられており、

マッシブなプロポーションでまた違った印象を受けましたね。

風龍・雷龍の各必殺技が完全再現できるところもかなりポイント高いですね。

 

極め付けは氷竜・炎竜とのシンメトリカルドッキング!!

胸部の専用パーツのおかげでどの状態も完全再現することができるのは

よく気づいてくれたの一言でしたね。

 

 

プレミアムバンダイ限定商品で3次予約受付中なので、

逃した方は是非!!!

【スーパーミニプラ・ガオガイガーシリーズ】一斉再販決定!撃龍神も復活!今度こそ買い逃すな!!

大満足のキットでした。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category