【スーパーミニプラ・真(チェンジ!!)ゲッターロボVol.3】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!


こんばんは

週末は撮影しかしてないtomoshooです。

カメラフル活用です。

 

ということで今回は素組みレビューです。

紹介していくのはこちら!!!!!!

 


スーパーミニプラ

真(チェンジ!!)ゲッターロボ Vol.3


プレミアムバンダイ限定で発売された、スーパーミニプラ・ゲッターロボシリーズ第3弾、

真ゲッターロボVol.3です!!

Vol1、Vol2と一般販売でしたが、Vol3はプレバン限定です。

 

 

反対側。

真ゲッター1は含まれません。

 

 

上部はロゴ。

 

 

側面はライガーとポセイドンです。

 

 

今回の塗装済みパーツはこちら。

頭部と黒いラインが塗装されています。

そして驚くべきは、シールゼロということ!!!

 

パーツ分割と塗装で全ての色分けができているんですねー。

 

 

ということで今回の2体。

これに加えて超巨大なゲッタートマホークが付属します。

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

 

 

ゲッターライガー

地上および地中戦闘に特化した形態。

スリムなシルエットが特徴的です。

 

 

反対側から。

気になる肉抜きなどは無し。

太ももの分割線が目立つかな。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ちです。

 

 

頭部のアップ。

目と口元が塗装されています。

耳?のような形状まで細かく再現されています。

 

 

上半身のアップ。

細身ながらバランスのとれた上半身。

合わせ目もほとんど目立たないようになってます。

 

 

下半身のアップ。

緩やかな曲線を描く細身のシルエット。

立ち姿は安定してますね。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント。

肩は軸可動で水平以上に上がります。

腕はロール軸があり、ヒジも90度以上曲がります。

胴体は2箇所のボールジョイントで接続されています。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

頭部、胴体は内側にここまで曲げることも可能。

ポージングの際に生きてくる構造です。

 

 

下半身の可動域について。

ヒザはここまで曲がります。

股関節、足首はボールジョイント接続で接地性も良好。

開脚もかなりできますね。

 

 

お次はオプションパーツについて。

右腕は、手の状態の他に。。。

 

ドリルアームに交換することができます。

ドリルはシャープな造形です。

 

 

拳は握り手の他に。。。

 

 

開き手も付属します。

どちらもボールジョイント接続です。

 

 

左手のライガーミサイルは、閉じた状態の他に。。。

 

 

差し替えで開いた状態を再現できます。

シャープな造形で折れやすそうなので、破損注意です。

 

 

さらに、2つのエフェクトパーツが付属します。

これをもちいることで、躍動感あふれるポージングを再現可能です。

右足用のエフェクトパーツは、角度がついています。

 

 

ということでポージングを何枚か。

ゲッターライガー、オプションパーツがかなり豊富なので

いろんなポージングさせたくなっちゃいます。

 

 

 

 

ゲッターポセイドン

水中戦に特化した形態。

ゲッターライガーとは対照的に太めなシルエットです。

 

 

反対側から。

大きなミサイルの色分けは、全てパーツ分割で再現されています。

 

 

両サイドから。

横から見てもちゃんとかっこいい。

背負いものが重いので、バランスを取るのは少し難しめです。

 

 

頭部のアップ。

成型色は赤で、全て塗装での色分けです。

 

 

上半身のアップ。

胴体の黒い模様は全て塗装での色分け。

カラフルな胴体ですが、それ以外は全てパーツ分割で色分けが再現されています。

目立つ肉抜き・合わせ目も見当たらないです。

 

 

下半身のアップ。

太ももには控えめにディテールが入っています。

ふくらはぎの合わせ目には段落ちモールドが入っています。

 

 

上半身の可動域について。

頭部は2箇所のボールジョイント接続。

肩は変わった構造で2箇所の接続箇所があり、肩の位置を変えることができます。

腕は水平程度まで上がり、ヒジも90度以上曲がります。

手首はボールジョイント接続です。

 

 

下半身の可動域について。

股関節はボールジョイント接続で、開脚もここまでいけます。

足首の構造がかなり面白くて、ボールジョイント+2箇所の軸可動で

前後左右に加えて伸縮機能まで備わっています。

 

 

ヒザもここまで深く曲がります。

曲げた時に露出する膝のディテールもかっこいいです。

 

 

拳は、握り手の他に。。。

 

 

開き手と。。。

 

 

ストロングミサイル用の持ち手が付属します。

全て両手分付属します。

 

 

ストロングミサイルは着脱可能。

反対側も同様です。

 

 

ミサイル発射直後のポージングも再現可能です。

 

 

ストロングミサイルを持たせて。

 

 

この部分でミサイルを固定しています。

保持力も問題無いです。

 

 

胸部とストロングミサイルは展開させることができ、

必殺技のゲッターサイクロンを再現することができます。

裏側のディテールまで細かく作り込まれています。

 

 

ポージングを2枚ほど。

見た目以上に可動域は広いです。

 

 

Vol.2のゲッタードラゴンも加えて、ゲッターロボGシリーズのロボが勢ぞろいしました。

このしっくり感、最高です。

 

 

ゲッタートマホーク

真ゲッター1用の専用武器。

身長の倍近くある超ビッグサイズです。

 

 

刃先は鋭く、造形もかなり良くできてます。

塗装箇所などはありません。

 

 

Vol.2に付属するゲッターサイトと同じくらいの大きさです。

分割位置はそれぞれ異なります。

 

 

もちろん両手で持たせることが可能です。

しっかり持たせることができます。

 

 

素組みレビューは以上です。

ゲッターシリーズも第3弾となった今回。

 

ゲッターライガーはオプションパーツがとにかく豊富で遊びごたえ抜群。

ゲッターポセイドンは構造がとにかく面白かったです。

 

それぞれ印象的なポージングは再現できるのはさすが。

 

なにより、ゲッターロボGシリーズがついに揃ったのは嬉しいですね。

Vol.2と合わせてゲットすると幸せになれると思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category