【スーパーミニプラ・ゴライオン】製作過程まとめ!!


こんばんは

まとめるのも一苦労なtomoshooです。

地味に大変です。

 

 

ということで今回はスーパーミニプラ・ゴライオンについて。

長かった製作も一通り終わったということで、

これまでの製作過程を一気に紹介していきたいと思います!

 

 

いつものように、画像にはそれぞれの記事のリンクを貼っているので

詳しい記事はリンク先をご覧ください。

 

 

まずはパテ盛り。

肉抜き穴埋めパーツ数過去最高なんじゃないでしょうか笑

 

 

 

青獅子に後ハメ加工をしました。

簡単にできます。

 

 

緑獅子の後ハメ加工です。

マスキングの手間が省けました。

 

 

お次は赤獅子の後ハメ加工。

もちろん簡単改修。

 

 

こちらは肩の後ハメ加工。

後ハメ加工はどれも簡単でした。

 

 

イエローソード、スペースカッター、レッドソード、ブラックソード、ブルーソード、グリーンソード、十王剣を鋭角化しました。

どれもひたすら慎重に削り込みです。

 

 

合わせ目消しは黒い瞬着を使いました。

これ使いやすかったですねー。

 

 

レッドレーザーのディテールアップを行いました。

お手軽ディテールアップです。

 

 

表面処理はゴッドマーズと同時並行で進めたため、大変な作業でした。

もうやりたくない。。。

 

途中に、表面処理とはなんぞや?っていう記事を書いたりもしました。

【TIPS】表面処理とはなんぞや?を分かりやすく解説します【超初心者向け】

すごく反響のあった記事です。

 

 

肉抜き穴埋めパーツ一覧です。

ほとんど足です。

 

 

 

 

塗装の準備として、逆作用の塗装棒を初めて導入しました。

素晴らしいツールでした。

 

 

パーツ数が多いので、サフ吹きだけでも一苦労。

クリアパーツの塗装も終わらせました。

 

 

基本塗装です。

ゴッドマーズとは塗料を使い分けたりしてます。

 

 

ここからは長いマスキング塗装です。

ちょっとずつ塗り進んでいるのがお分かりでしょうか。

ゴライオンの各頭部はマスキング地獄でした。

 

 

最後の塗り分けは筆塗り。

シタデルカラーの出番ですね。

 

 

その後はスミ入れ。

使っているツールも紹介しています。

 

 

最後につや消しのトップコートを吹き、十分に乾燥させたら完成です。

長い道のりでした。。。

 

 

製作過程の紹介は以上です。

あとは完成版レビューのみです!

お楽しみにー!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category