【スーパーミニプラ・ゴーグ】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!


こんばんは

tomoshooです。

 

 

ということで今回は素組みレビューです!

紹介していくのはこれ!!!

 


スーパーミニプラ 巨神ゴーグ


実は購入しておりました。

最近忙しすぎたせいで、紹介がかなり遅れてしまいました。。。

 

 

今回はBOXで購入。

胸部をイメージしたパッケージデザイン。

スーパーミニプラは、BOX買いが基本ですね。

 

 

上部には顔のどアップっぽいデザイン。

めっちゃ見られてます笑

 

 

反対側や側面は、シンプルなデザイン。

 

 

外箱の中には、2つの内箱が入っています。

被りなしの全2種類です。

 

 

内箱がこちら。

どちらも描き下ろしのイラスト。

放送当時の雰囲気が再現されています。

 

 

反対側から。

 

 

上部と側面は共通デザイン。

スペック的な表記もあります。

 

 

ゴーグ

「巨神ゴーグ」の主役機となるロボ。

成型色は1色のみで、全身真っ青です。

 

 

反対側から。

背面は塗装箇所もなく正真正銘青一色です。

プロポーションやフォルムは劇中にかなり近い印象です。

 

 

頭部のアップ。

黄色い箇所は塗装済み。

おでこ部分は別パーツになっており、合わせ目が目立ちにくくなっています。

 

 

上半身のアップ。

胸部の赤い箇所が塗装済み。

腕はパーツ分割線が目立ちますね。

 

胸部から股関節付近の造形の再現度はお見事です。

 

 

下半身のアップ。

立ち姿のフォルムが美しいです。

塗装箇所は一切ありません。

 

 

上半身の可動域はこんな感じ。

頭部はダブルボールジョイント。

肩は水平程度まで上がります。

ヒジは引き出し式の2重関節。

手首はボールジョイントです。

胴体もボールジョイントで、広くはないですが角度をつけられます。

 

 

肩関節は引き出し式になっており、ここまで前に出すことも可能です。

ですが、引き出した時の保持力はかなり弱め。

肩パットも固定されておらずプラプラです。

 

 

お次は下半身の可動域について。

膝は引き出し式の2重関節で、MAXまで曲げるとこんな感じ。

 

 

以前スタッフブログでも紹介されていましたが、股関節の位置を変えることができるようになっており。。。

 

 

立膝のポージングも楽々可能になっています!!!

この股関節のギミック、秀逸です。

 

 

開脚はMAXでここまで。

足首はボールジョイントで、そこそこ接地性はあります。

 

 

胸部は開閉ギミックあり。

内部のディテールもしっかり作り込まれています。

 

 

付属パーツとして、「田神悠宇」が付属します。

 

 

頭部に乗せて、劇中の再現も可能です。

 

固定はされておらず、中に置いただけです。

 

 

手首は握り手の他に、2種類の開き手、武器用の手首が付属します。

どの手首も両手分あります。

 

 

武器はレーザー砲・グレーと大砲・180mm砲が付属。

どちらもカッチリ持たせられるわけではなく、ポージングさせるのが超大変でした笑

 

 

シールはこちら。

シールの量がとんでもないことになってます。

全身の、黒や黄色の色分けは全てシールでの再現です。

 

 

手首の種類が豊富なので、ポージングの表情をつけやすくていいですね。

力強いS字立ちが素敵。

 

 

 

 

マノン・ガーディアン

マノンが乗り込む専用ガーディアン。

ゴーグが青色なのに対して、こちらは全身紫です。

 

 

反対側から。

プロポーションはゴーグと同じですね。

 

 

頭部のアップ。

目の黒い箇所、頬の黄色い箇所が塗装されています。

頭頂部の分割線がちょっと目立つかな。

 

 

上半身のアップ。

胸部の赤い箇所が塗装済み。

シャープな肩の造形が印象的ですね。

 

 

下半身のアップ。

造形はゴーグとほとんど同じです。

 

 

上半身の可動域について。

肩の造形がゴーグとは異なりますが、

可動域については同程度です。

 

下半身の構造はゴーグと全く同じ、

手首の構成、胸部の開閉ギミックも同様です。

 

 

武器のレーザー砲2門。

これもポージングが大変でした。。。

 

 

レーザー砲は、肩に収納することも可能です。

チューブは、差し替えで別の形状のパーツを使用します。

 

 

シールはこちら。

ゴーグよりは若干少なめですが、枚数自体は多いです。

黒と黄色のラインの色分けを再現する用途がほとんどですね。

 

 

ポージングを2枚ほど。

二丁拳銃ってロマンありますよね。

 

 

2体のガーディアンを並べて。

ガレージキットで販売されたゴーグが、スーパーミニプラで見事に蘇りました。

 

 

レビューは以上です。

劇中のフォルムや胸部開閉ギミックを見事に再現しながら、

立膝も難なく再現できる構造まで備えてられているのには驚きましたね。

 

シールでの色分け箇所はなかなか鬼畜ですが、

塗り分け箇所は全て凹みなので、

エナメル塗料などを使ってお手軽に塗り分けるのがいいかもしれません。

 

武器のポージングの際、ぽろりが多いのはちょっとストレスたまりましたね笑

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category