【ミニプラ・グレイトフルフェニックス】改修&塗装済み完成版レビュー!!


こんにちは

達成感すごいtomoshooです。

年内に作りきれました。

 

 

ということで今回は、ミニプラ・グレイトフルフェニックスの完成版レビューです!!!

 

 

素組みレビューはこちら。

【ミニプラ・グレイトフルフェニックス】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

 

 

製作過程まとめはこちらをご覧下さい。

【ミニプラ・グレイトフルフェニックス】製作過程まとめ!!!

 

 

今回はこの2体のキラメイ魔進。

メタリックなハコブー、クリアなオラディン

どちらもめちゃめちゃ見栄え良くなりました。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

魔進ハコブー

輸送機型のキラメイ魔進。

ゴールド&シルバーで構成されているので、めちゃめちゃ塗装映えします。

 

 

反対側から。

上面の造形すごくいいですよねー。

ゴールドの色味もめっちゃいい感じに仕上がりました。

 

 

両サイドから。

複雑な造形ですが、塗り分け箇所はかなり少なめ。

細かい箇所の肉抜き穴埋めでより完成度が上がりました。

 

 

目の塗装は初めて使ったガンダムマーカーEXのルミナスメタグリーン。

めちゃめちゃ発色良くて最高。

側面の肉抜きも綺麗に処理できました。

 

 

上部の細かな箇所もしっかり塗り分け。

ヒンジ部分の肉抜きは丁寧に処理してます。

 

 

スタンドを使って飛んでいるイメージで。

接続穴はないので無理やり固定させています。

 

 

キラメイストーンモード

変形してキラメイストーンモードに。

面白い変形方法です。

唯一のクリアパーツが全く見えないキラメイストーンモードですが、

ゴールドの主張はかなりあり塗装映えします。

 

 

反対側から。

素組みだとヒンジ部分の肉抜きが目立っちゃうんですよねー。

下部の肉抜き箇所も綺麗に埋められました。

 

 

両サイドから。

影の入り方が非常に綺麗。

 

 

かなり大きいので、迫力があります。

 

 

さらに変形して、カーゴモードに。

ひっくり返すと急に赤の割合が増えます。

翼先端の肉抜きは丁寧に処理済みです。

 

 

キラメイジンを構成する5体のキラメイ魔進が搭乗した状態。

今作最大の合体になるんですかね笑

 

 

各マシン、しっかりと固定されています。

 

 

 

反対側から。

クリアパーツ、メタリック感満載でかなりのゴージャスさがあります。

 

 

両サイドから。

全長、奥行きとかなりのものです。

 

 

いろんな角度で。

重量もかなりあったので、スタンドに載せるの大変でした。

 

 

魔進オラディン

不死鳥型のキラメイ魔進。

100%クリアパーツだったので、改修でキラキラにしました。

素組みと比べるとキラメキが段違いですね。

 

 

反対側から。

製造番号消しはしていませんが、それ以上に輝かせたので全然気になりません。

 

 

頭部。

しっかりとホログラムフィルムを仕込んで、目は塗装で塗り分けました。

 

 

スタンドを使って飛んでいるイメージで。

クリアパーツの滑らかさ、過去最高の仕上がりです。

 

 

キラメイストーンモード

変形してキラメイストーンモードに。

こちらも抜群の輝き。

 

 

反対側から。

 

両サイドから。

大きさは共通サイズです。

 

 

他のホログラムフィルムとは色味を変えて、クリアパーツの色に合わせています。

クリアパーツの磨き込みも効果でかかったですねー。

 

 

 

 

グレイトフルフェニックス

魔進オラディンと魔進ハコブーが合体してグレイトフルフェニックスに。

今年の経験全てを盛り込んだ最高傑作です。

 

 

かなり塗装映えするカラーリングなので、素組みと比べると別物です。

細かな肉抜き処理もかなり効いてます。

 

 

反対側から。

ハコブーの先頭部分は取り外しています。

 

 

背面の大半を占めるゴールド、かなりいい色味に仕上がりました。

ヒンジ部分の肉抜き箇所は丁寧に肉抜き処理済み。

 

 

両サイドから。

横からだと目立つ太ももの内側は、プラ板で蓋をしています。

違和感なく仕上がってるかな?

 

 

頭部のアップ。

クリアパーツ内部はホログラムフィルムを仕込んでます。

赤いパーツはエッジ出しもしてます。

 

 

頬の部分は接続用の軸穴のせいでクリアパーツが見えていたので、パテ盛って消しました。

ここ実は結構お気に入り。

 

 

上半身のアップ。

胸部のクリアパーツは過去最高の仕上がり。

表面の滑らかさ、内部のきらめきかたが一番上手くできました。

翼の両端はプラ板で蓋をして塗り分け。

接続用ピンも塗り分けてます。

 

 

下半身のアップ。

スミ入れ映えした脚部。

太ももは前面、側面と肉抜き穴埋めしています。

ヒザのクリアパーツにももちろんホログラムフィルムを仕込んでます。

 

 

武器のゴールデンアックス。

持ち手周りの造形は丸々作り替えています。

 

 

ガッツリ肉抜きされた反対側は、おゆまる&UVレジンでパーツを複製し、パーツを切り貼りして穴埋め処理。

めちゃくちゃ大変でしたが、表側と比べても違和感なく仕上がったかなと思います。

2度とやりたくない改修です笑

 

 

連結させてゴールデンハルバードに。

素組みだとどうしても片側の肉抜きが目立ってしまうので、これは本当にやってよかった。

おすすめ改修ですよ。。。(悪い目)

 

 

ってことでポージング山盛り!!!

割と肉抜き箇所の多いイメージでしたが、

細かいところまで丁寧に作り込んだおかげでどのアングルからも気にならなくなりました。

 

 

肉抜きのこと一切気にせずポージングできるのほんと幸せ。。。

頑張った甲斐があるってもんです。

 

 

全身メタリックかつスミ入れ映えしまくるデザインなので、写真映えもかなりのもので

いろんなポージングさせたくなってしまいますね。

いいロボだ。

 

 

最後はキラメイジャーの4体のロボを並べて。

ロボ同士の合体こそありませんでしたが、

どのロボも非常に完成度が高く、ギミックも豊富で作り甲斐があったので

一年を通して製作活動を楽しむことができました。

 

 

完成版レビューは以上です。

キラメイジャーシリーズを締め括る最終ロボとなったグレイトフルフェニックス。

これまでのクリアパーツ改修の集大成となる今回はクリアパーツの仕上がり過去最高、

手こずったゴールデンアックスの改修もうまく仕上がりました。

 

意外と多かった肉抜き処理も違和感なく仕上がり自分的には文句なしの完成度です。

全塗装のカーゴモード5体乗せはかなりの迫力でしたよ。

 

 

最後まで作りきれて本当によかった。

安心して年を越せそうです。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category