【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!


こんにちは

久々の超大型アイテムにテンション上がっているtomoshooです。

でかいは正義!!!

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのは、ついに発売されたこちらです!!!

 

 


スーパーミニプラ ビッグスケール ジャガーバルカン


サンバルカン祭り最後となるのは、超大型アイテムのジャガーバルカンです!

スーパーミニプラ初となる母艦ロボで、プレミアムバンダイ限定で発売されました。

 

恒例の玩具版リスペクトのレトロなパッケージ。

そして箱がでかいです。

 

 

反対側。

コントラストや色味まで当時版に合わせたデザインになってるの芸が細かすぎます。

 

 

側面をぐるっと一周。

ロゴの感じとかいいですねー。

 

 

大きな箱には、ランナーがぎっしり。

1つ1つのパーツも大きいですし、ランナーもぶっとかったです。

 

 

ジャガーバルカンにはスプリングが2つ付属していました。

このほかにもスプリングが内蔵されたパーツも2つ。

このスプリングが、ギミック再現に活きてきます。

 

 

早速、組み立てたものを紹介していきます。

 

 

ジャガーバルカン

超大型キットですが、意外とサクサク組み立てられました。

付属品などはなくこれのみです。

 

 

反対側から。

塗り分けこそ必要ですが、全体のディテールも文句なしですし

気になる肉抜き箇所やパーツ分割線も見当たりませんね。

 

 

背面には2つのスイッチがあります。

ギミックについては後ほど改めて紹介します。

 

 

両サイドから。

側面の色分けは割とざっくりです。

ディテール自体はあるので、再現は楽そう。

 

 

上部。

顔まわりの赤や黒の色分けは全て塗装。

それ以外の赤、黄色はパーツ分割での再現となっています。

 

 

後方のミサイル。

先端の黄色は塗装での色分けです。

赤いミサイルは着脱可能になっています。

 

 

底面にも造形あり。

6箇所にタイヤがあり、コロ走行も可能になっています。

 

 

 

 

お次は数々のギミック紹介です。

今回は動画でも紹介していますので、こちらも是非ご覧ください!!

写真でも紹介していきますね。

 

 

まずは目の点灯ギミック再現。

こめかみ部分のレバーを前後させることで、目の色が黒から黄色へと変わります。

左右の目は連動しておらず、独立しています。

 

 

口も開閉可能。

ちなみに牙は全て別パーツとなっています!!

 

 

ハッチ展開状態。

上あごの展開は手動ですが、

左右の展開はスプリングで自動で開きます。

 

 

かなりの大きさで、私の撮影ブースギリギリでした笑

 

 

背面のスイッチを押すことで、カタパルトが勢いよく飛び出します。

スプリングの1つはここで使われているんですねー。

 

 

ジャガーバルカン内部には、コズモバルカンとブルバルカンを格納可能。

固定はされていないのですが、ぴったり収まります。

 

 

背面のもう1つのスイッチを押すことで、スプリングの力でレバーが勢いよく飛び出します。

ここにコズモバルカンをセットすることで。。。

 

 

コズモバルカンの発進ギミックを再現することができるんです!!!

かなり勢いよく飛び出すので、全塗装した後は遊べないかも。。。笑

 

 

付属のシールはこちら。

側面の色分けや黒のラインを補うものが多いです。

 

 

最後はサンバルカンロボと並べて。

まさか令和の時代に、この2体の並び立ちを見れるとは。。。

 

 

紹介は以上です。

サンバルカン祭り最後を締め括ったジャガーバルカン。

 

 

久しぶりの超大型アイテムでしたが作り込みはやはり素晴らしく、

細かなディテールが底面も含む全体で表現されており、再現度はなかなかのものでした。

 

キングブラキオンは電動ギミックが内蔵されていましたが、

ジャガーバルカンはスプリングを使って数々のギミックが再現されているのもかなり良いです。

是非サンバルカンロボ、ジャガーバルカン、サンバルカンの3人を勢揃いさせて

サンバルカン祭りを実現して頂きたいです!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category