【ミニプラ・キラメイジン】クリアレジンでジェッタの肉抜き穴埋め&製造番号消し&仮組み!


こんにちは

生配信が楽しいtomoshooです。

どんどん改善していきたい。

 

 

ということでミニプラ・キラメイジンの改修進めていきます。

前回に引き続きジェッタの改修です。

ジェッタのクリアパーツ、突起部分が多くて目立つにもかかわらず

わりとガッツリ肉抜きされてるんです。

しかも肉抜き内部には製造番号が!!!

 

劇中だとここはまっさらなので、

1.クリア感を残しつつ

2.製造番号を消しつつ

3.肉抜き処理

までやっていきましょう!!!

 

 

使うのは前回同様にクリアレジン。

そのままだと色が明るすぎたので、少しだけ青味を強くしてみます。

 

 

クリアレジンの色味調整で使うのはこれ。

ガイアカラーのクリアーブルーです。

 

レジンにクリアカラーを少量混ぜることで、

透明度をできるだけ落とさずに色味を変えることができるんですねー!

 

 

調色に使うのはこれ。

注ぎ口付きの軽量カップですね。

容器が透明なので、色味も確認しやすいです。

 

 

クリアレジンに、少しずつクリアーブルーを加えて色味を濃くしていきます。

 

 

あとは肉抜き箇所に盛り付けて、UVライトで硬化させるだけです。

今回このスタンド型UVライト大活躍してます。

 

 

 

 

硬化後削り出して形を整え終わったら、一旦仮組みです。

クリア感を損ねることなく、肉抜き穴を隠すことができました。

さらに、製造番号まで消すことができるんです!!!

 

水の中にビー玉入れると消えちゃう原理と同じですね。

 

 

まだ表面が粗いので曇ってますが、

塗装フェーズでクリアを何度も吹き付ければ透明感は回復します。

 

 

前回作り込んだ先頭部分もいい感じに収まってます。

無改修より確実にフォルムが劇中に近づきました。

 

 

大剣モード。

変形もちゃんとできますし、サイズ感やシルエットもいい感じ。

 

 

キラメイストーンモードも再現可能。

これができるギリギリまで先端を大型化させてます。

 

 

2回に渡って行なってきたジェッタの改修は以上です!!

かなり手間がかかりましたが、変形・ギミックを損ねることなく不満点を解消できて満足満足!!

 

スタンド型のUVレジンにはかなりお世話になりました。

かなり便利ですし、安くてコンパクトなのでお勧めです!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category