【ミニプラEX・キュウレンオー】素組みレビュー!!


こんばんは

そろそろ本気でカメラ変えようと思っているtomoshooです。

古すぎます。

 

 

ということで今回はこの素組みレビューをしていきます!


ミニプラEX マイクロ合体シリーズ

キュウレンオー


久しぶりのマイクロ合体シリーズです。

 

 

ラインナップは300円の全3種。

1個300円ってもはや懐かしく感じてしまいます。

 

 

正面のデザインはこちら。

ミニプラのパッケージとは異なり、劇中写真が使われていますね。

 

 

反対側から。

このキュウレンオー、ほぼ原寸大らしいです。

 

 

ミニプラの箱と並べて。

高さも横幅も一回り小さいですね。

 

 

 

 

ということで早速組み立て。

3箱で5体のキュウボイジャーが揃います。

 

 

シールはこの3枚。

大きさの割には多めですかね。

 

 

1つずつ見ていきます。

シシボイジャー。

顔とかめっちゃ小さいのですが、造形はかなりリアル。

 

 

反対側から。

脚部のミサイル部分は固定ですね。

 

 

ミニプラ版と並べて。

ちいさっ。

 

 

オオカミボイジャー。

単体で見ると小ささを感じさせません。

 

 

反対側から。

毛並み表現も再現されているんですよねー。

是非実物を見て欲しい。

 

 

ミニプラ版と並べて。

そのまんま小さくなったって感じですね。

 

 

オウシボイジャー。

キャタピラのディテールとかすごいです。

 

 

反対側から。

後ろ足の変形ギミックは、差し替え変形になっています。

 

 

 

ミニプラ版と並べて。

塗ったらかなりそれっぽくなりそう。

 

 

カメレオンボイジャー。

頭部は1パーツなので合わせ目がありません。

 

 

反対側から。

キュータマは全て、裏側はスカスカです。

 

 

ミニプラ版と並べて。

後ろ足の形状が結構違いますね。

 

 

カジキボイジャー。

自立できないので、前かがみになってます。

 

 

反対側から。

キュータマがスカスカなのはしょうがないですねー。

 

 

ミニプラ版と並べて。

体は小さいのに、ツノの長さはそこまで変わらないんですよね笑

 

 

 

 

5体のキュウボイジャーが合体して、

キュウレンオーに!

プロポーション、全然いいですね!

そしてシールなしでこの色分けですよ。

部分塗装するだけでもかなりそれっぽく仕上がりそうですよね。

 

 

反対側から。

足は肉抜きだらけですね笑

 

 

両サイドから。

肩関節がボールジョイントなので、横から見ても素立ち決まってます。

 

 

頭部はミニプラに比べるとシュッとした形状に。

 

 

上半身のアップ。

肩がかなり怒り肩になってます。

 

 

可動域はこんな感じ。

頭部は軸回転、肩はボールジョイント、肘はボールジョイントで若干曲がります。

そしてカジキボイジャーが長くていいバランスです。

 

 

下半身のアップ。

足首は回転するため、ちゃんと接地します。

膝関節はありません。

股関節はボールジョイントで開くことが可能です。

 

 

下半身の可動域はこんな感じ。

膝がないのでかなり狭いですが、接地性は良いので安定はしますね。

 

 

 

ミニプラ版と並べて。

 

 

スタッフブログでも紹介されていたWキュウレンオーで肩車も再現可能。

かわいい。。。

 

 

キュウレンオーのギミックである、手足の換装ももちろん可能。

マッシブスタイルですね。

 

 

ボリュームのある二体が上腕になり、さらに迫力のあるフォルムに。

ボールジョイントのおかげで、ちゃんと肘関節もあります。

 

 

下半身はスマートに。

こちらも接地安定してますね。

 

 

上下左右どのパターンでも換装可能です。

ちゃんとキュウレンオーとしてのギミックは備わってるのいいですよね。

 

 

去年の同じシリーズの1号ロボであるジュウオウキングと並べて。

1種類で完成するジュウオウキングと、3種類で完成するキュウレンオー。

単純な比較はできませんが、同じシリーズとは思えないですね笑

 

 

ということで素組みレビューは以上です。

キュウレンジャー初のマイクロ合体シリーズ。

ただの縮小版かと思いきや、細かいところが劇中に近いフォルムになっており

クオリティの高い仕上がりになっていましたね。

 

特にカジキボイジャーの先端の造形は、ミニプラ版で欲しいくらいです。

 

 

要所要所の接続部分がボールジョイントで素組みも決まる上に、

キュータマの交換ギミックや、手足の換装ギミック等ちゃんとキュウレンオーとしてのプレイバリューもあり、

マイクロ合体も進化していると感じさせてくれるキットでしたね。

お手軽にお手頃に、キュウレンオーを作ってみませんか?

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category