【MODEROID】シンカリオン 500 こだま 素組みレビュー!!


こんばんは

やっと紹介できるtomoshooです。

お待たせしました。

 

 

ということで今回は素組みレビューです。

紹介していくのはこちら!!!!!

 


MODEROID

シンカリオン 500 こだま


MODEROID シンカリオンシリーズ第7弾、500 こだまです!!

西日本出身の私にはなじみの深い新幹線です。

 

 

背面。

 

側面。

共通なデザインです。

 

 

今回の塗装済みパーツはこんな感じ。

TYPE EVAに比べると、塗装箇所もシールも少なめでした。

 

 

ってことでシールは使わず、組み立てたものを紹介していきます。

 

 

シンカリオン 500 こだま

山陽新幹線こだまが変形したシンカリオン 。

500先日発売されたTYPE EVAと同じモチーフです。

 

 

MODEROIDシンカリオンシリーズ共通で、新幹線モードへの変形はオミットです。

 

 

武器を持っていない状態で紹介していきます。

メインカラーは水色。成型色は3種類です。

 

 

反対側から。

ディテールびっしりな背面。

目立つ合わせ目箇所、肉抜き個所もなさそうです。

 

 

両サイドから。

ヒザ部分はポロリの無い構造になっていますし、足首の接地性や強度もかなり向上しています。

立ち姿もきれいですね。

 

 

頭部のアップ。

額の黒、目、アゴ、頬は塗装での色分けです。

可動箇所は2箇所あります。

 

 

上半身のアップ。

胸部の黒、肩のラインや窓は塗装です。

横に広がる大きな肩が特徴的ですね。

 

腕部の造形はTYPE EVAとは異なります。

 

 

下半身のアップ。

股関節部分はTYPE EVAとは異なる造形。

腰もTYPE EVAに比べると短くなっています。

 

腰の装甲水色部分は塗装での色分け。

 

 

同じ新幹線モチーフである500 TYPE EVAと並べて。

大半が同じパーツなのですが、カラーリングや模様、プロポーションの違いで

別物に見えます。

【MODEROID】シンカリオン 500 TYPE EVA 素組みレビュー!!

 

造形で異なる箇所は、頭部、腕部、腰、股関節です。

それ以外は色違いという仕様です。

 

 

 

 

お次は2つの武器紹介。

1つ目の武器、カイサツトライデント。

グレー1色で、先端は開閉します。

 

 

2つ目の武器、ミサイルシールド 。

TYPE EVAと共通の造形です。

 

 

ミサイルのモールドもしっかりとあります。

どちらの武器も、持ち手は手首と一体型となっており、安定しています。

 

 

ということでポージングをたくさん。

 

TYPE EVAと並べた時の統一感というか満足感がすごい。

かなりの重装備にもかかわらず、躍動感のあるポージングが次々と決まっちゃいました。

 

 

レビューは以上です。

マイナーチェンジ的な存在な500 TYPE EVAの後に発売された

本家の500こだま。

 

TYPE EVAとほとんど造形は共通なのですが、

カラーリングや細かな造形の違いでここまで印象が変わるのかと驚きながら遊んでました。

 

TYPE EVA同様フレームが改良されており、かなり遊びやすくなっています。

 

玩具版のクロス合体のギミックが再現できないのは残念ですねー。

劇中だとかなりかっこよかったので。

とはいえシンカリオンシリーズ共通の、

塗装なしでの驚異的な色分けや可動域の広さは健在ですので

いろんなポージングさせられるのはやっぱり良いです!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category