【MODEROID】ブラックシンカリオン 素組みレビュー!!


こんばんは

撮影ボリュームがすごかったtomoshooです。

組み立てから撮影まで相当なボリュームでした笑

 

 

ということで今回はレビュー!!

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


MODEROID ブラックシンカリオン


MODEROIDより、序盤の強敵ブラックシンカリオンです!!

禍々しいパッケージデザインになっていますね。

 

 

反対側。

 

側面。

3つのモードを再現できる今回のブラックシンカリオン、

ボリュームがとんでもないことになってました。

 

 

組み立て前のパーツ仕分けの時点でこの量。

仕分けトレイを使って、ランナー毎にパーツを分けていたのですが、

トレイ2つほぼ使い切ってます。

 

 

撮影ボリュームも半端なくて、連日連夜ずっと撮影してました。

ただでさえ形態が多いのに、ポージングが決まっちゃうから

いつになっても撮影が終わらないんですよね笑

 

 

先に付属のシール紹介。

ピンクのラインを中心に細かな色分けを補う形となっています。

 

 

早速組み立てたものを紹介していきます。

 

 

ブラックシンカリオン

メインカラーは濃紺。

フレームは黒ではなく、かなり暗めなグレーですね。

 

 

反対側から。

相変わらずスミ入れ映えしそうな背面です。

 

 

両サイドから。

プロポーションはシンカリオンシリーズ共通って感じ。

ピンクとゴールドがバランスよく配色されています。

 

 

頭部のアップ。

細かく塗装で色分けされた頭部。

額の模様が顔に見えるのは私だけ?

 

 

上半身のアップ。

割とすっきりとしたシルエット。

ピンクのラインは全て塗装されています。

 

 

下半身もピンクのラインは塗装。

下半身も割と標準的な装備って感じです。

 

 

可動域もシリーズ共通程度です。

 

 

手は握り手と開き手。

手の内側には肉抜きありますね。

 

 

お次は豊富な武器紹介。

 

 

まずは二刀流のダークカイサツソード。

ゴールド成形色で、ピンクは塗装です。

刃先はシャープな造形。

 

 

ダークフミキリガン。

砲身の造形も立体的でしっかりしてます。

 

 

ダークフミキリシュリケン。

武器持ち手は専用のものです。

 

 

ダークシャリンドリル

かなりシャープな造形で、一番大きな武器です。

 

 

オールクリアパーツ製の、専用スタンドも付属します。

接続部分を交換することで、後で紹介するドラゴンにも取り付けることができます。

 

 

とりあえず、シンカリオンモードでポージングをたくさん撮ってみました。

このポージングの写真の枚数を見て、

すでに膨大な時間を撮影に費やしたのがわかると思います。

 

フォルムがシンプルな分、派手なポージングさやすいですし

武器も豊富なのでいろんなことさせたくなっちゃうんですよね。

 

 

かなりの枚数撮りましたが、これでやっと折り返し地点。

 

 

後半戦いきます。

 

 

 

 

ドラゴン

ブラックシンカリオンの相棒的な存在。

特別な名前はなく「ドラゴン」なんですね。

 

 

反対側から。

全長も横幅もかなりの大きさです。

そして造形にも抜かりがありません。

 

 

両サイドから。

先ほど紹介した武器が全て装備されています。

専用スタンドを使って、安定してディスプレイが可能です。

 

 

頭部のアップ。

めちゃめちゃシャープな造形で、ツンツンしてます。

口の開閉などは無しです。

 

頭頂部のパーツ、いかにもバーサーカーモードのカブトっぽいですが、

このパーツは使いません。

 

 

首は各関節動くようになっており、かなり柔軟に動きます。

横をむかせたりもできます。

 

 

翼や背面のディテールもしっかり再現。

翼は上下に動かすこともできます。

 

 

ブラックシンカリオンと並べるとこんな感じ。

シンカリオン2体分以上のボリュームがあります。

 

 

スタンドの腕部分を使うことで、ドラゴンに乗るシーンも再現可能。

かなり安定してディスプレイすることが可能です。

私もドラゴンに乗って大空を駆け巡りたいです。

 

 

ドラグーンモード

ブラックシンカリオンの上半身とドラゴンが合体した姿。

ケンタウロスみたいな姿です。

 

 

この状態でもかなり躍動感のあるポージングが可能。

 

個人的にこの形態かなり気に入っています。

いったるでええ感がすごい。

 

 

バーサーカーモード

金色に輝く7種の武器の全てを身につけた、最強のモード。

 

全身の重装備、両手武器、翼という

どう考えても強いだろっていうフォルムです。

 

このてんこもりフォルムまで完全再現してくるなんてMODEROIDどうにかしてます。

 

 

反対側から。

合体後も、スタンド用接続穴ちゃんと設けられてます。

 

 

両サイドから。

背負いものがかなり大きいので、なんとか自立できてるって感じです。

 

 

頭部のアップ。

額の金色パーツが新しくなってます。

めちゃめちゃシャープな造形で、刺さると痛いレベル。

 

 

上半身のアップ。

なにこの圧倒的な情報量。

すさまじくかっこいいです。これ優勝でしょう。

 

羽、両肩、両腕に追加武装されています。

 

 

下半身のアップ。

ミサイルランチャーが追加装備され、股関節の造形と足先の造形が新しくなっています。

 

 

胸部は差し替えなしで開閉可能です。

たまに半開きになってますがご了承ください。

 

 

一通り紹介終わったので。。。

 

 

気合のバーサーカーモード、ポージング祭りいきます。

細かいことは言いません。

写真が全てを語ってくれてます。

 

 

しびれるほどかっこいいです。

 

 

とにかく全身重装備なので、ポージングさせるのは大変です。

ですが、それに勝る圧倒的すぎるかっこよさ、迫力、躍動感。

 

 

かなりの大型キットですが、全ての造形がしっかりと作り込まれており

各モードの再現度に一切の隙がありません。

各形態の変形ギミックも最小限、ディテール最優先だからこそ実現できるこのかっこ良さ。

 

 

ブラックシンカリオン、遊びごたえの塊でした。

丸3日くらい遊べます。というか実際3日くらい遊んでました。

 

是非!!!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category