【ムゲンバイン】ムゲンヤマト レビュー!【ムゲンサーガクロス】


こんにちは

新シリーズにワクワクしているtomoshooです。

ついに完全新規造形です!!

 

 

ということで今回はレビューです。

紹介していくのはこれ!!!!

 


ムゲンサーガクロス

ムゲンヤマト


ムゲンサーガの新シリーズ「ムゲンサーガクロス」より、

完全新規造形の第1弾「ムゲンヤマト」です!!!

ムゲンサーガシリーズは全種購入前提なので、12個入りのBOXを購入しました。

 

 

側面は大理石調の高級感あるデザイン。

大理石調いいですね。

 

 

中には全12種類がぎっしりと。

1BOXで、だぶりなく全種類揃います。

 

 

ラインナップは、通常カラーが6種類とアナザーカラーが6種類。

 

パッケージデザインは微妙に異なっています。

 

表面以外は共通デザインでした。

早速組み立てたものを紹介していきます。

 

 

まずは通常カラーの6体。

今回は古代の日本がモチーフになっています。

成型色は、白・赤・黄色・ライトグレーの4色構成です。

 

 

アナザーカラーの6体。

通常カラーの白い成型色が、濃紺に変わっています。

加えて、シールの色も一部変わっています。

それ以外は通常版と同じですね。

 

 

ムゲンヤタ、シャドウムゲンヤタ

カラスモチーフのムゲンバイン。

 

 

反対側から。

尻尾が和って感じ。

 

 

羽は結構ディテール細かく入っています。

可動については、足が若干動く程度です。

 

 

ムゲンイザナギ、シャドウムゲンイザナギ

毎回恒例の人型モチーフ。

頭部は塗装済みです。

 

 

反対側から。

けっこう肉抜き多めです笑

 

 

可動域はこんな感じ。

ひざ関節は曲がりますが、股関節が固定なのでほぼ意味ないです。

 

 

ムゲンカヅノ、シャドウムゲンカヅノ

鹿モチーフのムゲンバイン。

角が特徴的です。

 

 

反対側から。

シールは目のみです。

 

 

前足は固定、後ろ足は若干動きます。

頭部も若干動きます。

 

 

 

 

ムゲンガロウ、シャドウムゲンガロウ

狼モチーフのムゲンバイン。

口は開きそうですが、固定です。

 

 

反対側から。

ちゃんと尻尾が生えてるの可愛いです。

 

 

可動については、頭部と足が若干動きます。

今回は全体的に単体ではあまり動きませんね。

 

 

ムゲンダイジャ、シャドウムゲンダイジャ

蛇モチーフのムゲンバイン。

6体の中で、圧倒的な可動域を誇ります。

 

 

これでもかというくらいに関節だらけ。

腹のゴールドは塗装済みです。

 

 

白蛇っぽくて好きです。

 

 

ムゲンイナバ、シャドウムゲンイナバ

うさぎモチーフのムゲンバイン。

うさぎって初めてですよね。

ムゲンヤマトのアイドル的存在です。

 

 

反対側から。

可動箇所は頭部が左右に振れるくらいです。

 

 

目と耳はシールでの色分け。

可愛いながらもメカめかしさもあって面白いデザインしてます。

 

 

ムゲンイナバ、シャドウムゲンイナバには、それぞれ「ムゲンヒーローズ」にセットできるカードが付属します。

2枚で違いは無く、同じカードでした。

 

 

ムゲンスサノオ

ムゲンヤタ、ムゲンイザナギ、ムゲンカヅノ、ムゲンガロウ、ムゲンダイジャ、ムゲンイナバの6体が合体した姿。

今までのムゲンバインを踏襲したような構造です。

 

ちなみにムゲンスサノオの組み立て方の説明書はないので、公式ページを参考に組み立てました。

もしかしたら間違ってるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

 

反対側から。

プロポーションも悪くないですね。

腰回りのアーマーとか、よくできてます。

 

 

上半身のアップ。

頭部、肩、肘、手首、腰と一通り動きます。

ところどころ和風っぽいデザインがあります。

 

 

下半身のアップ。

接地性も良好で、可動域も問題なしです。

 

 

武器は、小刀と盾。

盾のあり合わせ感がムゲンバインっぽいです笑

 

 

ポージングも問題なくとらせることができます。

派手な特徴や武器などはありませんが、基本に忠実なムゲンバインです。

 

 

ムゲンシンリュウ

シャドウムゲンヤタ、シャドウムゲンイザナギ、シャドウムゲンカヅノ、シャドウムゲンガロウ、シャドウムゲンダイジャ、シャドウムゲンイナバの6体が合体した姿。

 

日本古来の龍って感じのフォルムです。

 

 

反対側から。

とにかく長いです。

こちらもネットを参考に組みました。

 

 

頭部はムゲンガロウに角がついた形。

龍です。これぞ龍です。

 

 

左手には何かを掴んでます。

宝玉的な感じでしょうか。

 

 

ムゲンスサノオと同じパーツ構成とは思えないくらい全然フォルム違いますね笑

こちらの方がボリュームがあるように感じます。

 

 

龍らしく全身くねくねとよく動きます。

組むの大変でしたけど、これかなり好みです。

 

 

ムゲンスサノオとムゲンシンリュウ、2体のムゲンバインがさらに合体します。

ムゲンスサノオがムゲンシンリュウーの力を借りてパワーアップするという脳内設定でいきたいと思います笑

 

 

 

 

ムゲンヤマト

公式の12体全合体です。もちろん余剰は無し。

ムゲンスサノオに比べ身長も1.5倍くらいになっていますし、全身のゴテゴテ感もすごいです。

 

 

反対側から。

全体的に色々くっついているので、背負いもの感はあまりないですね。

 

 

上半身のアップ。

ごちゃごちゃしててわかりにくいですが、頭部、肩、肘、手首、腰と各部は一通り動きます。

手は珍しく平手になっています。

 

 

下半身のアップ。

足首はムゲンスサノオと同じです。

接地面積が増えているので、安定性は十分にあります。

 

股関節、ひざ関節と下半身も一通り動きます。

 

 

武器は長槍のような形状。

とりあえず余ったパーツ細長くくっつけました感がすごいです笑

 

 

干渉箇所多かったり、パーツのポロリとかあってポーズ取らせるの大変ですが

ポージングもちゃんと決まります。

とはいえ、そこまで大胆なポージングはできないです。

でもいいんです。存在感だけでお腹いっぱいなくらい凄い迫力なので笑

 

 

最後はサムネで。

12体合体ともなると、名前入れるだけで一苦労でした。

 

 

レビューは以上です。

待望の完全新規造形「ムゲンサーガクロス」の記念すべき第1弾、「ムゲンヤマト」。

古代の日本がモチーフとなっており、所々に和の意匠が感じられる造形でした。

 

オリジナル合体の「ムゲンスサノオ」「ムゲンシンリュウ」はどちらも完成度が高く、よくまとまっていました。

 

ですがムゲンスサノオは無難にまとまりすぎていて、

もう少し「和」って感じ強めでもよかったかなとは思いました。

 

あとせっかくだからムゲンスサノオとムゲンシンリュウも組み立て方ちゃんと紹介すれば良いのになーって思いました。

自分で組み立てる面白さを伝えたかったんですかね。

 

ムゲンヤマトは、とにかくでかくてゴテゴテ感がすごかった。

とはいえ基本構造はしっかりしていてポージングも問題なく取らせられるのは良かったです。

 

久しぶりの完全新規ムゲンバイン楽しませてもらったので、次弾も期待してます!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category