【ミニプラ・パラサガン】尻尾銃口の新造・後ハメ加工


こんばんは

行きつけのコーヒー屋が無くなってしまい困っているtomoshooです。

新しいとこ探さないとな。。。

 

 

ということでカミツキ合体集電竜の制作紹介していきます!

今日改修するのはこれ!!

パラサガンです。

 

 

 

尻尾の銃の部分なんですが。。。

接続用のピンがあったり、

肉抜き穴やパーティングラインが目立ったり、

造形が甘かったりと、いろいろツッコミどころが多いのです。

 

 

何より。。。

 

銃が見えにくく、何が何だか分かりにくい!!

ということで、この銃口を何とかしていきます。

 

 

 

 

いきなりですが、

2種類の太さの違うプラ棒を切ったり削ったり貼ったりして

銃口をスクラッチしました。

こういう円柱型の造形をする際は、リューターが大活躍します。

精度を出すためには必須アイテムだと思います。

 

 

銃口もバッチリ再現。

開口に使ったのはピンバイスです。

径が小さいので、慎重に穴あけしました。

 

 

あとは元あった個所をごそっとくり抜いて。。。

 

 

取り付けます。

もちろん取り外し可能なので、塗装後に接着します。

銃口だけ赤いので、このパーツの後ハメ加工は結構重要です。

 

 

組み立ててみるとこんな感じ。

より分かりやすいディティールになったのではないでしょうか。

尻尾が開く幅もより広がるように調整しています。

 

ちょっと手間はかかりましたが、

銃口はビシッと決まったほうがかっこいいですからね。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category