【ミニプラ・パラサガン ザクトル アンキドン】完成版レビュー!


こんばんは

ちょっと嬉しいことがあったtomoshooです。

頑張ります。

 

 

ということで今回は

ミニプラ カミツキ合体獣電竜

パラサガン・ザクトル・アンキドン

の完成版レビューをしていきます!!

 

 

素組みレビューはこちら、

【ミニプラ・パラサガン ザクトル アンキドン】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!

 

 

制作過程一覧はこちらをご覧ください。

【ミニプラ・パラサガン ザクトル アンキドン】制作過程まとめ!

 

 

3体の獣電竜。

それぞれ詳しく見ていきます。

 

 

まずはパラサガン。

パラサウロロフスがモチーフの獣電竜です。

 

 

反対側から。

長い尻尾が特徴的です。

 

 

頭部のアップ。

形状が複雑な上に、パーツ分割はほぼ無し、

加えて差し色が黄色なので塗装がなかなか手強かったです。

 

 

ディテールはかなり細かく入っています。

マスキングは大変でしたが、パイプのようなディテールがかっこいいです。

 

 

可動はこんな感じ。

変形の恩恵で動くくらいです。

頭部は固定。

 

 

お次はザクトル。

ヴェロキラプトルモチーフの獣電竜です。

 

 

反対側から。

尻尾の鋭角化は綺麗に仕上がりました。

 

 

頭部のアップ。

目のスミ入れとか大変だったなー。

 

 

尻尾のシルバーは綺麗に塗り分けできてお気に入りです。

黄色、ムラなく塗装できましたね。

 

 

可動域はパラサガンと同じです。

そんなにかっこいいポージングはできません。

 

 

パラサガンとザクトルは、ほとんど同じ構造になっています。

なんか兄弟みたい。

 

 

最後はアンキドン。

アンキロサウルスモチーフの獣電竜です。

ギラギラしてます。

 

 

反対側から。

背中の鋭角化は頑張りましたねー。

 

 

頭部のアップ。

マスクのような模様が入っています。

 

 

可動域はほぼ無いですね。

背中のとげは、とにかく丁寧に仕上げました。

 

 

 

 

お次は合体です。

ガブティラ、ザクトル、パラサガンの3体が合体して

キョウリュウジンウエスタンに。

銃があるからウエスタンということなのでしょうか。

左手のクローはウエスタン関係ない?

 

 

両サイドから。

どちらの腕も、長くて迫力があります。

 

 

パラサビームガンの銃口はスクラッチしたもの。

より劇中に近いディテールを再現しました。

 

 

左手はザクトルソード。

今更ですが、これって剣なんですね。

ウルヴァリン的なあれかと思ってました。

 

 

ポージングを何枚か。

無改修だと到底不可能なポージングです。

武器が大きくて派手なだけに、こういったポージングができると楽しいですねー。

 

 

ガブティラ、アンキドン、ドリケラの3体が合体して

キョウリュウジンマッチョに。

右手がアンキドンになりました。

体型がマッチョになったわけではありません。

 

 

横から。

ほとんどシルバーなので、撮影映えします。

 

 

こちらもポージングを何枚か。

無改修だとアンキドンハンマーは合わせ目が目立つので、

綺麗に消しています。

 

 

素組み状態との比較です。

イエローやシルバーは成型色では全く表現されていないので、

全塗装してやっと劇中っぽくなったなって感じです。

 

いやー、差し色が黄色ってのは塗装難易度ぐっと上がります。

 

 

最後はサムネで。

並んでるっぽく編集してみました。

 

レビューは以上です。

ガブティラに必要な可動は仕込んだので、

3体の獣電竜は簡単なディテールアップだけで仕上げることができました。

単体ではあまり遊べませんが、

それぞれ個性的な武器に変形して面白いですね。

 

合体後のネーミングはちょっとよく分かりません笑

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category