【ミニプラ・パラサガン ザクトル アンキドン】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!


こんばんは

思いの外涼しくて快適だったtomsohooです。

このくらいがちょうどいいなー。

 

ということで今回は、

ミニプラ カミツキ合体獣電竜

パラサガン・ザクトル・アンキドン

の素組みレビューをしていきたいと思います。

 


完成しました!!

【ミニプラ・パラサガン ザクトル アンキドン】完成版レビュー!


 

 

パッケージ写真はこちら。

300円×3種類で発売されました。

せっかく3種類揃えても合体できないという、

今では考えられないラインナップです笑

 

 

組み立てると3体の獣電竜に。

彼らは全て、腕になります。

 

 

まずはパラサガン。

パラサウロロフスという恐竜がモチーフです。

頭部は固定ですが、変形の恩恵で四肢はよく動きます。

 

成型色はまっくろ!!!

 

反対側から。

銃口をどうするかがポイントですかねー。

 

 

お次はザクトル。

ヴェロキラプトルという恐竜がモチーフです。

構造はパラサガンとほとんど変わりません。

 

 

反対側から。

ディテールは細かく再現できています。

改修箇所は尻尾の先端の鋭角化くらいでしょうか。

 

 

最後はアンキドン。

アンキロサウルスモチーフの獣電竜。

構造は、ドリケラやステゴッチとほとんど同じです。

 

 

反対側から。

こいつは鋭角化が改修のキモになりそうです。

 

 

 

 

お次は合体バリエーションです。

まずはキョウリュウジンマッチョ。

右腕が変わっただけですね。

どこがマッチョなのかはよく分かりません笑

 

 

お次はキョウリュウジンウエスタン。

両腕を換装した形態です。

ウエスタン要素は。。。よく分かりません笑

 

テンガロンハットでもかぶっていれば分かりやすいんですけどね。

 

どちらもロボモードでの可動はほぼありません。

ガブティラに可動ギミックはたっぷり仕込んであるので、

この3体は特に可動改修をする必要はなさそうです。

 

そのぶん、細かなディテールアップ改修が中心になりましたね。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category