【スーパーミニプラ・パワーダグオン】筋彫り&段落ちの2種類のアプローチで、スネのパーツ分割線を生かしながらディテールアップしていく!


こんばんは

毎日チーズケーキ食えて幸せな tomoshoo(@tomoshoo1) です。

ささやかな贅沢です。

 

 

ということでパワーダグオンの改修進めていきます。

今回は気になったのは脚部のスネ部分。

表面処理はある程度終わらせてます。

 

 

このスネの部分をよくみてみると、パーツ分割線が左右非対称になっておりちょっと不自然なんです。

合わせ目を消すという方法も選択肢としてはあるのですが、

組み立て後は複数のパーツが組み合わさることになるため、できるならそれぞれバラして塗装したいのです。

 

 

ということで今回は合わせ目消しをせず、ディテールアップすることで

不自然な分割線を違和感の少ないディテールに変えていくことにしました。

 

 

まず使うのはHGマイクロチゼル。

比較的安価で買うことができ、幅のバリエーションもそこそこある筋彫りツールです。

 

 

筋彫りを入れたいところにガイドとなるテープを貼って。。。

 

マイクロチゼルで筋彫り。

筋彫りうまくいきました。溝の幅は0.3mm。

 

 

これで片側に筋彫りのディテールが加わったのですが、

反対側も同じ溝の形状にすることでしっくりくる構造になるはず!

 

ってことで元の分割線にも手を加えます。

 

 

 

 

使うのはBCMダンモ。

先ほどの筋彫りと同様に、0.3mmで段落ちモールドを彫ります。

 

 

右側に段落ちモールドを加えたものがこちら。

2本とも同じ形状に見えますが、全く異なるアプローチでディテールを作り出しました。

 

 

正面から見るとこんな感じ。

2本の溝の幅は揃えたので、いかにもここが装甲パーツの分かれ目のような造形になりました。

 

 

両腕分手を加えれば完成。

左右非対称でなんかしっくりこないパーツ分割線でしたが、これなら満足!

 

 

アプローチ方法を変えることで元の構造を出来るだけ生かしたディテールアップ、

支えこなせるようになると色々支えそうですね!

私自身いい練習になりました。

 

是非お試しあれ!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category