【Anker】衝撃の薄さでハイスピード充電。PowerPort Atom Ⅲ Slimがすごく便利です。


こんばんは

相変わらずガジェットは大好きなtomoshooです。

毎日をワクワクさせてくれます。

 

 

ということで今回は久々のガジェット紹介。

先日開催した九州ミニプラオフ会での遠征でも持っていき、大活躍したアイテムを紹介していきたいと思います。

 

 

それがこちらです。

 

 


Anker

PowerPort Atom Ⅲ Slim


世界最薄デザインのPower IQ 3.0搭載USB急速充電器です!!

 

 

シリコン半導体に代わり次世代パワー半導体素材「GaN」素材を世界に先駆けてUSB急速充電器に採用し、

これまでにない小さなサイズにもかかわらず高効率充電が可能となっている夢のような充電器です。

 

これ超人気商品で、Amazonでも品薄状態が続いていました。

実は発売直後に速攻ゲットし数か月間実際に使っていましたので、使用感も含めて紹介していきます。

 

 

こちらがパッケージ。

柄が立体的になっていて、ぼこぼこしてます。

 

 

中身は充電器本体と説明書のみ。

ポーチやケーブルなどは付属しませんので注意です。

 

 


PowerPort Atom Ⅲ Slimの外観


こちらが充電器本体。

最近のAnker製品の共通デザインになりつつある、メッシュ状です。

 

 

少し前まで無地のフラットなデザインだったのですが、これ傷や汚れが目立ちやすかったんですよね。

【Anker Powercore Ⅱ 20000】備えあれば憂いなし。モバイルバッテリーを新調しました。

 

 

新デザインだと傷や汚れが目立ちにくくなってます。

見た目もお洒落だしいいですよね。

 

 

カラーバリエーションとして、今回紹介している黒の他に白も追加されました。

白好きにはオススメです!!!

 

 


PowerPort Atom Ⅲ Slimの基本スペック


お次は基本的なスペックについて。

PowerPort Atom Ⅲ Slimの各スペックは下記のとおりです。

 

サイズ:約76 × 45 × 16 mm

重量:約57g

入力:100 – 240V〜1.2A 50 – 60Hz

出力:5V=2.4A / 9V=3A / 15V=2A / 20V=1.5A

 

 

サイズは非常にコンパクト。

手のひらにもすっぽり収まるくらい小さいです。

 

 

身近なもので似た大きさだと、ちょうどフリスクくらい。

どれほどコンパクトかがわかると思います。

 

 

厚みもご覧の通り激薄。

持ち運んでいることを感じさせないレベルでコンパクトです。

こんな形状の充電器って、今まであまりなかったですよね。

 

 

こんなに薄くて、コンセントはどこに格納されてるの?っていう話なのですが

実は裏側に格納されています。

使わないときはコンパクトに折りたたまれています。

 

 

使う時は、先端を引き出します。

この展開ギミックがあるとないとでは、収納力が全然違いますからね。

よく考えられてます。

 

 

実際にコンセントに接続するとこんな感じに。

珍しい方向に取り付けるので、そこは注意ですね。

 

 

接続はUSB Type-Cが1口のみです。

充電器として最も重要な要素である出力についてですが、

規格についてはUSB Power DeliveryQualcomm Quick Chargeなどの充電規格と互換性があり、

スマートフォンやタブレット端末、ノートPCなどの接続機器を、

それぞれの機器に最適かつ最速のスピードで充電することが可能になっています。

 

 

私も愛用しているApple製品やタブレット端末、ノートPC等のUSB-C対応機器に対しても幅広く対応し、

最大30Wの高出力によるフルスピード充電が可能なんです!

 

 

 

 


PowerPort Atom Ⅲ Slimを使ってみる


説明はこのくらいにして、実際に使ってみましょう。

まずはiPad Pro 11インチ。

ちゃんと充電できました。

しかもハイスピードです。

 

 

そしてMacBook Pro 15インチ。

こちらもちゃんと充電できました。

このサイズでMacBook Proまで充電できちゃうとかもう夢が膨らみまくります。

 

 

私、以前は充電器とモバイルバッテリー一体のこれを使っていたんです。

【PowerCore Fusion 5000】モバイルバッテリー+充電器という最強の組み合わせ。

以前はスマホ、タブレット、PC自体のバッテリーも少なく

モバイルバッテリーを持ち運ぶってのがすごく重要だったので、これは当時最適なソリューションでした。

 

 

ですが最近は端末のバッテリー容量も増え、

丸一日充電しなくても全然バッテリー切れにならなくなりましたし、

電源が使えるお店も増えてきたため、

わざわざ大容量のモバイルバッテリーを持ち運ぶ必要性が薄まってきたんですよね。

 

 

それよりも、コンパクトかつ短時間で急速充電できることのほうが重要になってきた今、

PowerPort Atom Ⅲ Slimがいかに実用的で魅力的かという話なんです。

 

 

ぶっちゃけ、外出時はこの充電器と、両端がType-Cのケーブル一本あれば事足ります。

たったこれだけで、私の持っている端末のハイスピード充電ができちゃうんですよ!!!

 

 

ちなみにケーブルは、アマゾンで買ったこれを使ってます。

持ち運び用なんでできるだけ短いほうがいいし、

ナイロン製で耐久性も優れているので今のところ問題なく使えてます。

 

 

紹介は以上です。

先日の福岡遠征でも大活躍した「PowerPort Atom Ⅲ Slim」。

モバイル端末の容量がどんどん増え、かつ

新幹線、飛行機、飲食店、ロビー等、様々な場所で電源が使えるようになってきた今

 

「大容量で大きいモバイルバッテリーを持ち運ぶ」のも1つの解決方法ですが、

「コンパクトで急速に充電する充電器を持ち運ぶ」ってのが

これからの新しい形になるんじゃないでしょうか。

 

 

少なくとも私は最近、後者でより快適に便利に過ごしてます。

あなたも超コンパクトな充電器、導入してみてはいかがでしょうか。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ

 



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category