【ミニプラ・プレズオー】製作過程まとめ!!


こんばんは

ひっさしぶりの過去作品紹介シリーズのtomoshooです。

実はこれ紹介してなかったんですね。

 

 

ということで今回はミニプラ・プレズオーについて。

 

かなり間が空いてしまいましたが、製作過程をすべて紹介し終えたということで、

これまでの製作過程を一気に紹介していきたいと思います!!

 

 

まずは頭部の接続をボールジョイント化させました。

顎が引けると引けないでは大違いです。

 

 

肉貫が目立つパーツを、複数種類のプラ板を組み合わせてディテールアップしました。

試行錯誤でこのディテールに落ち着きました。

 

 

ひじに関節を仕込みました。

手間はかかりましたが、超重要改修です。

 

 

肩関節をボールジョイントにしました。

これで胸を張ったポージングが可能になりました。

 

 

脚部の肉抜き穴を、プラ板を使ってお手軽処理しました。

手を抜けるところはとことん抜く主義です。

 

 

バーニアのディテールを作りこみました。

ここは気合を入れて改修しましたね。

 

 

 

 

腕部分のバーニアの箇所をディテールアップさせました。

ほとんど目立ちませんが、ディテールの説得力が増したかな。

 

 

股関節の省略されているディテールを追加しました。

このころのミニプラの定番改修でしたね。

 

 

パテで肉貫穴埋めを行いました。

比較的難易度の低い穴埋め処理ばかりでしたね。

 

 

メインカラーのバイオレットを調色しました。

独特な色味を再現すべくこだわっています。

 

製作過程は以上です。

 

キョウリュウジンやプテライデンオーに比べると

下半身の可動域は十分にありましたし、プロポーションもなかなか良かったので

改修量はやや少なめといったところでしょうか。

 

 

あとは撮影しなおして完成版レビューです!!

まだ撮影はしてません!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category