【スーパーミニプラ・ライアン&ガンキッド】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんばんは

これは本当に揃えて欲しいtomsohooです。

とんでもないですこれ。

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのは、こちらです!!!!

 

 


スーパーミニプラ 勇者指令ダグオン

ライアン&ガンキッド


スーパーミニプラ・勇者指令ダグオンシリーズ第3作目となるライアン&ガンキッドのセットです!

今回はプレミアムバンダイ限定での発売となりました。

 

 

今回はイラスト風のデザインではなく、全てCGのパッケージデザインです。

 

 

今回の箱は上から被せる方式。

なので底面はデザインなしです。

 

 

側面。

合体相関図などは無しでした。

 

 

先にシールの紹介。

ライアンの黒いアクセントや、ガンキッドの赤いラインを中心に、色を補う形ですね。

 

 

今回はこの2体。

プレバン限定ですが、今回もプレイバリュー凄まじいです。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ライアン

サポートメカ的な立ち位置のロボ。

差し替えなしで変形もこなすのですが、非常によくまとまっておりプロポーションも良いです。

 

 

反対側から。

肩や背中の色分けも塗装で再現されており、目立つ肉抜き箇所もほとんどないです。

 

 

両サイドから。

綺麗なS字立ち。

足先の内側には肉抜き箇所ありですね。

 

 

頭部のアップ。

成形色は白1色で、色分けは全て塗装。

2パーツ構成になっており、合わせ目が目立ちにくい構造になっています。

 

 

上半身のアップ。

胸部ライオンのたてがみ、肩&胸のゴールドと黒は塗装での色分け。

腕などはパーツ分割での再現です。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なし。

ヒザ部分はパーツ分割での色分け再現です。

 

太ももは段落ちモールドになっており、ここは手を加える必要がなさそうです!!

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント接続。

腕は水平程度まで上がります。

ヒジは90度以上曲がります。

手首はボールジョイント接続ですが、干渉して回転はさせづらいですね。

腰も回転します。

 

 

肩関節は後方にスイングさせることも可能。

胸を張ったポージングが可能です。

 

 

お次は下半身の可動域について。

腰アーマーは前方と左右でそれぞれ独立して展開。

股関節はボールジョイント接続です。

 

 

開脚はこんな感じ。

かなり優秀で、接地性も良いです。

 

 

ヒザ関節部分は、ゴールドの装甲を下にスライドさせることが可能。

これでかなり深くヒザを曲げられるようになります。

 

 

ヒザは二重関節で、90度以上曲がります。

 

 

ポージングを何枚か。

可動域、めちゃめちゃ広いというわけではないのですが

一通り可動箇所が備わっており自然なポージングが可能です。

 

変形しっかりこなしてこのポージングができたら大満足です。

 

 

ライオソード

単体で変形して武器のライオソードに。

余剰パーツ、差し替えなしの完全変形です。

 

 

反対側から。

紋章のような造形よく出来てていいですねー。

 

 

両サイドから。

刃先の造形もシャープです。

 

 

手に持ってみるとこんな感じ。

子供だと結構ちょうどいいサイズ感かも。

 

 

専用の持ち手パーツを使うことで、ダグファイヤーに持たせることができます。

剣というか、ダガーっぽいですよね。

かなり大きいですが、しっかり保持できてます。

 

 

変形するライオソードの他に、変形しないライオソードも付属します。

こちらはフォルム重視の見栄え版ですね。

 

 

刃、持ち手とほぼ塗装されています。

ネイビー部分のみ成形色ですね。

 

 

2種類のライオソードを並べて。

長さはほぼ変わりませんが、形状は全然違います。

 

 

見栄え用のライオソードはそのまま持たせることが可能。

専用の武器持ち手は角度が付いており、構えた時にポージングが決まりやすくなってます。

 

パワーダグオン用の武器持ち手も付属し、持たせることもできます。

 

 

さらに、刃先は

まっすぐなものと、パースの効いたものの2種類を選択可能。

かなりアニメちっくな形状になりました。

 

 

決めポーズの際の、ケレン味のあるポージングが再現可能です。

両手持ちもいけました。

 

 

 

 

ガンキッド

機械植物メカージュ星人製作のアンドロイド。

西部劇のガンマンのような風貌が印象的ですね。

 

 

反対側から。

背中には巨大な背負いもの。

肉抜きや製造番号が少し目立ちますかね。

 

 

両サイドから。

背面のボリュームがかなりあります。

若干の制限はありますが、立ち姿かっこいいですね。

 

 

頭部のアップ。

テンガロンハットをかぶっているような造形の頭部。

ゴールド、目の黒&赤は塗装での色分けです。

 

 

パーツを差し替えることで、エンブレムなしバージョンの頭部も再現可能。

 

さらに登場シーンのマスク姿まで再現可能なんです。

ここ、芸が細かすぎる!!

 

 

上半身のアップ。

胸部の黄土色、牛のゴールド、ベルトのバックルは塗装。

肩や腰のひらひら部分はシールでの色分け再現となっています。

 

 

腕の合わせ目がちょっと気になりますねー。

 

 

下半身のアップ。

赤いラインは塗装での再現。

 

太もものパーツ分割線が目立ちますが、

ライアンに合わせて段落ちモールドにするとかがいいかもしれないです。

 

 

上半身の可動域について。

頭部はボールジョイント接続で若干角度を付けられます。

腕は水平程度まで上がります。

ヒジは90度以上曲がります。

手首は固定です。

腰は回転します。

 

 

お次は下半身の可動域。

股関節のアーマーは、ライアンと同じく前方と左右に展開可能。

股関節は軸可動です。

 

 

開脚はこんな感じ。

よく開き、足先も回転しますが、接地性はあまり良くないです。

 

 

ヒザは90度程度まで曲がります。

 

 

ポージングを何枚か。

背負いものが支えになるので、ポージングは安定して取らせることができます。

 

 

キッドファイター

単体で変形して飛行形態に。

ライアン同様余剰パーツなし、差し替えなしの完全変形です。

 

 

反対側から。

後方のブースターっぽい造形もあります。

 

 

両サイドから。

再現度も高く良くできていて、

手を加えるとしたら合わせ目消しくらいですかねー。

 

 

先端のゴールド、赤いラインは塗装です。

パタパタと翼を展開させる構造、すごく好きです。

 

 

キッドタンク

さらに変形して戦車形態に。

こちらも完全変形です。

 

 

ちゃんとキャタピラの造形もあります。

 

 

反対側から。

 

両サイドから。

ヒンジ部分の肉抜きが多いので、ここは丁寧に埋めるとさらに見栄えが良くなりそうですね。

 

 

無限砲

ガンキッドが変形したエネルギー砲。

必殺部武器です。

 

 

反対側から。

スコープ部分もしっかりと再現されています。

 

 

両サイドから。

単体では自立できないので、スタンド必須ですね。

 

 

砲身にはスライドギミックあり。

 

塗装の際はクリアランス調整必須ですね。

 

 

さらにこの部分が展開します。

中には空間があり、頭部のバリエーション用パーツを収納しておくことができます。

 

 

専用の接続用パーツを使って、ファイヤーダグオンに装備!

接続用パーツがかなりかっちりしてるので、しっかりと保持できます。

ポージングも問題なし!!

 

 

パワーダグオンにも装備可能。

ただでさえゴツいパワーダグオンが、さらにゴツくなりました。

 

 

フィアヤーダグオンは接続パーツを使いますが、パワーダグオンは専用パーツ無しで実現可能!!

 

負荷のかかる場所なので、破損には注意ですね。

 

 

ポージングもしっかりと決まります。

男気があふれますね。

 

 

オールクリアパーツ製のスタンドが2つ付属します。

根本はボールジョイント接続。

接続位置を変えることで、高さを調節できるようになっています。

 

 

土台は星型の造形。

パワーダグオンのものと同じですね。

 

 

 

 

さらに、スーパーファイヤーダグオンに全装備!!!

トライアングルクリスマスビーム発射形態完全再現です。

 

 

ファイヤーダグオンとパワーダグオンも含めた4体が合体した最強形態です。

 

 

なんかもう、男児の夢が全て詰まったようなロボです。

ぎっしり詰まっているのですが全体としてのフォルムにまとまりがあり、迫力で圧倒されます。

 

 

ケレン味形状のライオソードだとさらに躍動感が増します。

マジで強そう。

 

 

変形用のライオソードを取り付けることで、玩具版も再現も可能。

これはこれで良すぎる。

 

 

素組みレビューは以上です。

スーパーミニプラ・勇者指令ダグオンシリーズ、第3作目となったライアン&ガンキッド。

 

 

どちらも余剰なし、差し替えなしの完全変形が可能でロボとしての完成度も文句なし。

太ももの段落ちモールドなど、合わせ目の目立ちにくい構造になっているの良いです。

 

 

さらに変形し、武器としてファイアーダグオンパワーダグオンどちらに持たせることも可能。

ライオソードは2種類付属する上に、刃先の形状でもバリエーションがあり

さまざまなシーン再現が可能になっていました。

 

 

そして極め付けはなんといってもトライアングルクリスマスビーム形態。

なんですかあのかっこよさは!!!

ずっとこれで飾っておきたいレベルで大迫力&満足度MAXです。

 

プレミアムバンダイ限定で今からの入手は困難ですが、

是非とも揃えて欲しいですねー!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category