【機界戦隊ゼンカイジャー】勇動 レビュー!!


こんにちは

勇動過去最高のボリュームだったtomoshooです。

記事書くの大変だった。。。

 

 

ということで今回はレビュー!

紹介していくのはこちらです!!!

 


機界戦隊ゼンカイジャー

勇動


ゼンカイジャーのアクションフィギュア食玩、「勇動」です!!

前作のキラメイジャーでは「勇動X」でしたが、今作は再び勇動に戻りましたね。

 

 

公式でのセット販売はないため、今回はBOXで購入。

 

アソートはこんな感じでした。

ゼンカイザーが3、アイテムパーツセットが2でそれ以外は1箱ずつでした。

 

 

今回は全9種類。

勇動としては最も多いラインナップですかね。

 

 

上部。

 

反対側は共通です。

 

 

5人のゼンカイジャーが全て揃います。

今回はシール貼りなしでのレビュー。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ゼンカイザー

ゼンカイジャーのリーダー。

リーダーにしては珍しく、白を基調としたカラーリングです。

 

 

反対側から。

脚部には肉抜き箇所あり。

背面は塗装箇所なしで、マントは根本部分で上下に動きます。

 

 

両サイドから。

キラメイジャーの勇動に比べて、ヒジやヒザ関節がより自然な造形になっています。

 

 

頭部のアップ。

額のゴールドは全て塗装での再現。

額のモールドは再現されていますが、目の模様はモールドなしです。

 

 

上半身のアップ。

胸部、肩のゴールドは塗装での再現。

マント内側の赤も塗装です。

胴体の5色のカラーリングはシールでの再現で、両端にのみモールドがあります。

 

 

肩関節は引き出して可動域を広げることが可能。

肩アーマーが分離されるので、見た目はかなり違和感が出てしまいますね。

 

 

下半身のアップ。

太ももの赤は塗装。

下半身も5色のカラーリングはシールです。

 

 

上半身の可動域について。

頭部は前後左右の軸可動。

肩関節は水平以上まで上がります。

ヒジは90度以上曲がり、手首はボールジョイント接続となっています。

腰は軸回転です。

 

 

下半身の可動域について。

股関節はボールジョイント接続で、開脚はかなり優秀。

足首もボールジョイント接続で、接地性も優秀です。

 

 

ヒザも90度以上曲がります。

背中にはスタンド用の穴もあります。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

どちらもボールジョイント接続です。

 

 

武器のギアトリンガーも付属。

細かな造形まで再現されています。

反対側は肉抜きありですね。

 

今回は5人それぞれギアトリンガーが付属します。

 

 

ポージングを何枚か。

前作と同様の可動域で、劇中っぽいポージングは一通り再現できる感じです。

 

 

ゼンカイジュラン

ジュランが恐竜パワーで変身した姿。

赤を基調としたカラーリングです。

 

 

反対側から。

脚部は肉抜きされていますが、背中や腰部分も造形が再現されています。

 

 

両サイドから。

全体的にボリュームがありますが、立ち姿も自然で綺麗に決まっています。

左肩のモールドはシールでの再現です。

 

 

頭部のアップ。

赤、シルバーは塗装での再現。

頭頂部の細かなモールドも作り込まれています。

 

 

上半身のアップ。

バランスの良いシルエットの上半身。

 

ティラノの目、歯、前足部分は塗装されています。

前腕内側は肉抜き箇所ありですね。

 

 

肩関節の引き出し機構は無しです。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なし。

シルエットや造形、劇中のものにすごく近いですね。

 

 

上半身の可動域について。

頭部は2箇所のボールジョイント。

肩関節は水平以上まで上がります。

ヒジは90度程度まで、手首はボールジョイント接続となっています。

腰は軸回転です。

 

 

下半身の可動域について。

股関節はボールジョイント接続で開脚はこの程度。

足首もボールジョイント接続で、接地性優秀です。

 

 

ヒザは90度以上曲がります。

背中にはスタンド用の穴もあります。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

どちらもボールジョイント接続です。

 

 

武器はギアトリンガーと。。。

 

ジュランソード&ジュランシールド。

ジュランソードの反対側は肉抜きあり。

 

 

ミニプラ版と比べて、ジュランソードは一回り小さく、ジュランシールドはひとまわり大きいです。

ジュランシールド、ミニプラ版より大きいですし非変形タイプで中央の分割線がないので

持たせるならこちらの方がいいかもしれません。

 

 

ゼンカイジュラン、ミニプラ版と並べてみるとこんな感じ。

身長や頭部の大きさはほぼ同じ。

胴体の長さや足の大きさはかなり違いますね。

 

 

上半身と下半身の接続径が同じなので、上半身ミニプラ、下半身勇動みたいな構成も可能。

スタッフブログでも紹介されていましたね。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

2箱で完成するだけあり、ボリュームもかなりあり構造もしっかりしてます。

武器のサイズ感も劇中に準拠していてかなりいい感じですね。

 

 

ゼンカイガオーン

ジュランが百獣パワーで変身した姿。

黄を基調としたカラーリングです。

 

 

反対側から。

造形はゼンカイジュランと似ていて、

脚部は肉抜きされていますが、背中や腰部分も造形が再現されています。

 

 

両サイドから。

こちらも右肩のモールドはシールでの再現です。

 

 

頭部のアップ。

黒のライン、口元のシルバーは塗装。

モールドは細かく入っていますねー。

 

 

上半身のアップ。

ライオンの目、歯は塗装されています。

前腕内側は肉抜き箇所ありです。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なし。

構造はジュランとほぼ同じですが、造形は異なります。

 

 

可動域についてはゼンカイジュランと同じなので割愛。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

造形はゼンカイジュランのものと同じです。

 

 

武器はギアトリンガーと。。。

 

ガオーンクロー。

シルバーは塗装されています。

ミニプラ版よりも爪が長いフォルムになっています。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

ガオーンは開き手を使ったポージングがよく似合います。

 

 

 

 

ゼンカイマジーヌ

マジーヌが魔法パワーで変身した姿。

ゼンカイジャー唯一の女性型で、ピンクを基調としたカラーリングです。

 

 

反対側から。

後頭部、脚部は肉抜きされていますが、背中や腰部分も造形が再現されています。

1箱で完成するタイプですが、造形の作り込み結構しっかりしてます。

 

 

両サイドから。

他とは対照的に、女性らしいスッキリとしたシルエット。

綺麗な立ち姿です。

 

 

頭部のアップ。

シルバーは塗装での再現。

モールドは一通りありますね。

 

 

上半身のアップ。

胸部のゴールドは塗装。

ディテールの密度一番高い気がします。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なし。

フロントアーマーは前方に展開可能。

足先内側は肉抜き箇所ありますね。

 

 

上半身の可動域について。

頭部は2箇所のボールジョイント。

肩関節は水平以上まで上がります。

両肩の翼はそれぞれ独立で動き、さらに上まであげることができます。

ヒジは90度程度まで、手首はボールジョイント接続となっています。

腰は軸回転です。

 

 

下半身の可動域について。

股関節はボールジョイント接続で開脚はこの程度。

足首はボールジョイント接続で、接地性良いです。

 

 

ヒザは90度までは曲がらない程度です。

背中にはスタンド用の穴もあります。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

女性らしい造形、形状になっています。

 

 

武器はギアトリンガーと。。。

 

マジーヌスティック。

ミニプラ版より一回り小さく、反対側は肉抜きありです。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

スッキリとしたシルエット、開き手の造形の良さなどもあり

ポージングさせていてすごく楽しかったですね。

 

女性のポージングって奥が深いです。

 

 

 

ゼンカイブルーン

ブルーンが轟轟パワーで変身した姿。

青を基調としたカラーリングです。

 

 

反対側から。

背中の造形もあり。

ボリュームは5体の中で一番あります。

 

 

両サイドから。

タイヤの造形もあり、奥行きも一番あります。

肩のタイヤは一体型なので固定ですが、腕のタイヤは回転します。

 

 

頭部のアップ。

シルバー部分は全て塗装。

耳付近が抜かれていて貫通しているのすごい。

 

 

上半身のアップ。

かなりゴツめな上半身。

前腕内側の肉抜きなどはありません。

 

胸部のシルバー、肩のブラックは塗装されています。

 

 

下半身のアップ。

ブルーンはフロントアーマー的なものはなし。

ヒザのシルバーは塗装されています。

 

 

上半身の可動域について。

頭部は2箇所のボールジョイント。

肩関節は水平程度まで上がります。

ヒジは90度までは曲がらない程度、手首はボールジョイント接続となっています。

腰は軸回転です。

 

 

下半身の可動域について。

股関節はボールジョイント接続で開脚はかなり優秀。

足首もボールジョイント接続で、接地性も良いです。

 

 

ヒザは90度までは曲がりません。

背中にはスタンド用の穴もあり。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

ジュラン、ガオーンと同じ形状です。

 

 

武器はギアトリンガーと。。。

 

ブルーンピッカー。

ミニプラ版よりも数mm大きい程度で、ほぼ同じ大きさです。

反対側はガッツリ肉抜き。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

肩周りの可動域が若干狭いですが、躍動感のあるポージングが可能。

脚部優秀なのでポージングがしっかりと取れます。

 

 

付属のシール一覧。

ゼンカイザーのシールが一番多いですかねー。

マジーヌもそこそこの多さです。

 

 

最後は全員揃えて。

レビューは以上です。

 

全9種なだけあり全体的にボリューム不足感はなく、肉抜きも最小限って感じでいいですね。

造形もかなり細かく作り込まれており、ギアトリンガーと開き手も全員分付属するのも良き!!

 

シールでの色分け箇所かなり多いので、全塗装するとなると結構大変そう。

 

 

今回は塗装しようかなーとは思ったりもしていますが、

造形には手を加えずに部分塗装につや消しトップコート仕上げとかで

たまにはお手軽仕上げってのもやってみようかなーなんて。

既に第2弾の予約も始まっており、ラインナップが気になるところ。

 

今回は1BOXに1箱しかないものが大半で

店頭だと全種揃えるのかなり厳しいと思われますので、

ネットでBOX買いをお勧めしますー!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category