【装動】仮面ライダージオウ RIDE8 Feat.創動 レビュー!


こんにちは

どんどん消化していくtomoshooです。

撮りまくりますよー!!

 

 

ということで今回はレビューです。

紹介していくのはこちら!!!

 


装動 仮面ライダージオウ RIDE8 Feat.創動


装動第8弾RIDE8です。

今回のセット箱は青いカラーリング。

 

 

反対側。

 

上部。

 

側面。

 

 

今回は全7種なので、一列に詰められていました。

 

今回の内箱一覧。

 

反対側から。

 

上部。

この辺りはいつもの。

 

 

今回のライダーはこの3体。

素体は3体ですが、4種類のライダーを再現できます。

 

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

仮面ライダーゲイツリバイブ剛烈

ゲイツがパワーアップした姿。

攻撃力と防御力に特化したフォルムで、分厚いオレンジの装甲が特徴的です。

 

 

反対側から。

肩のブルーの箇所はシールです。

 

 

頭部のアップ。

「らいだー」の複眼。

色分けはシールです。

 

 

上半身のアップ。

胸には砂時計の意匠が。こちらは全てシールでの再現。

胸部のオレンジは塗装。肩のオレンジはシールです。

腕のシルバーは塗装、ライドウォッチ、ベルト、手の甲の色分けはシールです。

 

 

下半身のアップ。

下半身はすっきりしたシルエット。

ヒザのガンメタは塗装、それ以外の色分けはシールです。

 

 

武器のジカンジャックロー(のこモード)。

色分けはシールです。

 

 

ということでポージングを何枚か。

マッシブなゲイツもいいですねー!!

 

 

仮面ライダーゲイツリバイブ疾風

装甲が展開しスピードに特化したフォルム。

展開ギミックは省略で、完全に別パーツでの再現となっています。

 

 

反対側から。

後ろは真っ黒。

翼は肩で接続されています。

 

 

頭部のアップ。

剛烈とはことなり青っぽくなっています。

 

 

上半身のアップ。

塗装のメタリックブルーが綺麗です。

胸部の色分け、腕のライドウォッチ、ベルトはシールでの色分けです。

 

 

下半身のアップ。

下半身は共通です。

 

 

武器のジカンジャックロー(つめモード)。

「つめ」文字の部分と爪の色分けはシールです。

 

 

ということでアクションを何枚か。

スタンド使ったポージングさせたくなりますね。

 

 

 

 

仮面ライダージオウ ディケイドアーマービルドフォーム

ジオウとかディケイドとかビルドとかカオスすぎる名前のライダー。

 

仮面ライダージオウがジクウドライバーに『ディケイドライドウォッチ』を装填して、

ディケイドアーマーに変身した上で、

『ディケイドライドウォッチ』『ビルドライドウォッチ』を装填してフォームチェンジした姿です。

 

 

反対側から。

背面も色分けけっこうされています。

肩、腕の白いライン、ふくらはぎはシール、

前腕と足先は塗装です。

 

 

頭部のアップ。

顔の縁のシルバー、耳は塗装。

カードっぽい顔、触覚、口元はシールでの色分けです。

 

 

上半身のアップ。

「ビルド スパークリング」と書かれた胸部。

かなりマッシブな上半身です。

 

肩のピンク、前腕は塗装。

それ以外はシールでの色分けです。

 

ベルトにはちゃんとディケイドライドウォッチが差さってます。

 

 

下半身のアップ。

脚部の造形は、創動のスパークリングと同じですね。

 

足先、左の白いラインは塗装、

それ以外はシールでの色分けです。

 

 

武器はドリルクラッシャークラッシャーが付属します。

シルバーは塗装、黄色はシールです。

 

 

ということでポージングを何枚か。

腕があまり上がらないので、ポージングは若干制限されますね。

 

 

仮面ライダークローズエボル

映画「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」に登場する、

仮面ライダークローズの新たな姿。

 

その名の通り、クローズとエボルが交わったようなデザインのライダーです。

造形・可動箇所は創動準拠ですね。

 

 

反対側から。

白い箇所は塗装です。

青のグラーデーションの箇所は全てシール。

 

 

頭部のアップ。

額、複眼、口元はシールでの色分け。

ツノや頬は塗装での色分けです。

 

 

上半身のアップ。

かなり複雑な形状でボリュームのある胸部。

 

胸飾りの両端の白は塗装、首回りはシール。

肩の白はシール、メタリックブルーは塗装。

腕の白は塗装、それ以外はシールです。

ベルトももちろんシールでの色分け。

 

 

下半身のアップ。

マントはエボルと同じもので、接続はボールジョイントです。

太もも、スネの青のグラデーション部分はシールでの色分けです。

 

 

ボーナスパーツとして、三都のパネルが融合したデザインのパンドラボックスが付属します。

カラフルな色分けは全てシール。

 

 

さらに支柱延長パーツ付きスタンドも付属します。

 

 

根元部分にパーツが追加され、長くなった上にくの字にすることも可能になりました。

関節が増えたことで、スタンドを使ってポージングさせる際に干渉しにくくなりました。

これいいですねー。

 

 

ということでポージングを何枚か。

可動域が史上最強レベルに狭いので、あまりダイナミックなポージングはできないです。

 

 

最後はサムネで。

ゲイツリバイブの素体は1体しかないので、合成して並べてます。


RIDE8の紹介は以上です。

ゲイツのパワーアップ形態であるゲイツリバイブが目玉の今回のラインナップ。

 

変形ギミックをオミットして、

各形態の再現度を重視されているのは良いと思いましたねー。

 

今回はゴツめフォルムのライダーが多いラインナップでした。

クローズエボルの可動域の狭さには驚きましたよ!笑

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category