【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】GPパネルライナーで拳の筋彫り!


こんばんは

朝が辛いtomoshooです。

私は夜型人間です多分。

 

 

ということで、スーパーミニプラ・サンバルカンロボの改修やっていきます。

今回はこれ。

サンバルカンロボの拳パーツです。

開き手と同様に2パーツ構成で、肉抜きの目立たない構造になっているのですが。。。

 

 

手のひらと指の境界がぼやけてるんです。

 

人差し指と親指の間も同様。

ほとんど目立たないっちゃ目立たないんですが、

より説得力のある手首にするため(そして筋彫りの練習のため)

滅多にやらない筋彫りをしていきたいと思います。

 

 

 

 

今回使うのはこれ。

実は手に入れていたGUNPRIMERのGPパネルライナーです。

 

ペン感覚で線を引くように筋彫りができるツールで、

2200円と決して安くはありませんが、未だに入手困難なアイテムです。

 

実はペン先の超細いニードルが本体で、ペンホルダーはあくまで付属品なんです笑

 

 

GPパネルライナーを使って、境界をなぞるようにして筋彫りをしていきました。

GPパネルライナーを使って筋彫りをしたのはこれが初めてだったのですが、

刃の向きが重要で、結構使うの難しかったです。

 

今回の筋彫りが曲線だったということもあり、何度かはみ出してしまいました笑

普段やらない工作なので、もっと数こなして上手くなりたいですねー。

 

 

試行錯誤しながらも、両手分筋彫りすれば改修は完了。

スミ入れした時にくっきりしてくれれば成功なのですが、

それがわかるのはまだまだ先の話ですね笑

 

 

今回の改修って、他のロボでも使えそうなので

積極的に取り入れていきたいですねー。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category