【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】肉抜き箇所にパテ盛り!2種類のマテリアルを使い分けて大量のパーツに盛り付けていきました!


こんばんは

腕が2本じゃ足りない tomoshoo(@tomoshoo1) です。

作りたいものが多すぎて困ってます。

 

 

ということで虎龍攻神&オミコシフェニックスの改修やっていきましょう。

【ミニプラ・虎龍攻神&オミコシフェニックス】出来るなら絶対やって!虎龍攻神が100倍かっこよくなる頭部の可動化改修をわかりやすく解説します!

前回は超重要な頭部の可動化改修をやっていきました。

 

 

今回は序盤恒例の穴埋めです。

 

 

まずは瞬間カラーパテを使って穴埋め。

大半の穴埋めはこれ一本で済ませることが多いです。

小さな穴や、シンプルな形状の穴を中心にパテを盛りつけていきました。

硬化促進剤を使うことで即硬化し、削り出し作業に移れるのもメリットの1つです。

 

 

 

 

瞬間カラーパテでは埋めきれなかった箇所にはエポキシパテ木部用を使います。

木部用とありますが、プラモで使っても全く問題ありません。

 

 

しっかりとした盛り付けが必要な箇所、ある程度形作る必要がある箇所については

エポキシパテを盛りつけていきました。

例えば肩の接続部分。

一部干渉しないように仕切りを作りながら穴を埋めていく必要がありました。

 

 

足首関節裏側はがっつり肉抜きされていたので、

ここはスジ彫りなどしてディテールアップする必要があります。

こういう箇所は中までぎっしりパテを敷き詰めていきました。

 

 

1日程度経てば完全硬化するので、そこから削り出し作業ですね。

並行してその他の改修も進めていきたいと思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category