【ミニプラ・アバレンオー】トリケラ顎の別パーツ・可動化改修


こんにちは

コンドルワイルドの発売が楽しみなtomoshooです。

早くほしいですねー^^

 

ということでアバレンオーの改修やっていきます!!

今回はこのパーツです!!!

IMG_0637(2)

トリケラの頭部パーツです。

頭部の何を改修していくのかといいますと、、、、

 

 

 

タイトルの通り顎の部分です。

IMG_0638(2)

無改修のままだと、上顎と下顎は一体成形となっており、

1つのパーツになっている為に全く可動しないんですよね。

そのままでも良いのですが、

ある目的を果たす為に顎を可動化させたいと思います。

 

 

ということでまずは上顎と下顎を別パーツ化していきます。

IMG_0639(2)

使用した道具は、もちろんタガネです。

 

反対側も同様にパーツ分割します。

IMG_0640(2)

 

次に、先に下顎の部分を接着し、合わせ目を消しながら綺麗に成形しておきます。

IMG_0641(2)

合わせ目消しには、瞬間接着剤を使って素早く仕上げました。

これで下顎の完成です。

 

次に、顎間接について考えていきます。

 

頭部を分割してみるとこんな感じになっているのですが、

IMG_0643(2)

接続用のピンが数本立っています。

その中の1本を、接続軸兼顎間接として使用していきたいのです。

文章だとわかりにくいですよね・・・。

 

 

とりあえずやっていきます!!

まずはプラ板をこんな感じに切り出して、ピンバイスで穴を開けていきます。

IMG_0644(2)

 

それを、顎間接として用いたい箇所に差し込んでみます。

IMG_0645(2)

今取り付けたプラ板に下顎を接着させることで、

もともとあった軸を顎間接としても利用していけるというものなのです。

 

 

ということで、パテを盛りながらプラ板と下顎を接着していきます。

IMG_0646(2)

 

あとは、こんな感じに頭部に取り付けるだけです。

IMG_0647(2)

 

組み立ててみました。

IMG_0648(2)

顎を閉じた状態ですが、違和感なく仕上がったのではないでしょうか。

 

 

そしてお待ちかね、顎を開くとこんな感じです。

IMG_0649(2)

ここまで顎を開けるようになりました!

口が動くだけで一気に迫力が増した気がします。

 

 

そしてわざわざトリケラに顎間接を増やした理由なのですが。。。

 

 

 

 

これがやりたかった為なのです!!!!!

IMG_0813(2)

プテラをブーメランとして用いる際に、しっかりと手に持たせたかったのです。

これで劇中の姿を再現できました。

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category