【スーパーミニプラ・ザブングル】ウェザリングによる汚し表現【TIPS】


こんばんは

最近の音楽に疎くなってきたtomoshooです。

ひと昔の曲ばかり聴いています。

 

 

ということでザブングルの制作を進めていきます。

前回の記事では、

ドライブラシをすることで、金属の重厚感やエッジの擦れた感じを表現しました。

【スーパーミニプラ・ザブングル】ドライブラシによる金属感・重厚感の再現

全体的に重厚感はでたのですが、

これだけではちょっとリアルっぽさが足りません。

 

ということで今回は砂や泥汚れの表現をしていきます。

 

 

 

 

使うのはこれ。

化粧品じゃありませんよ。

 

 

タミヤのウェザリングマスター Aセットです。

砂汚れの再現に使いやすい色と

塗料を塗る為のスティックがセットになっている、

お手軽ウェザリングツールです。

これを使って、砂や泥汚れを再現していきます。

汚す箇所は、足元や、乗組員が踏んでそうなところ、アームの先とかです。

 

 

こんな感じに汚してみました。

足元や、アームの先は特に汚しました。

 

少しは泥臭い感じが表現できたのではないでしょうか。

 

あとは、トップコートを吹いて粒子を固定させれば完成です。

ということで以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category