【機界戦隊ゼンカイジャー】勇動2 レビュー!


こんにちは

第2弾もかなりのボリュームだった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

シール貼りから超大変でした笑

 

 

ということで今回はレビュー!

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


機界戦隊ゼンカイジャー

勇動2


ゼンカイジャーのアクションフィギュア食玩第2弾、「勇動2」です!!

プレイバリューが高すぎて、やっと紹介できました。

 

 

今回もBOXで購入。

 

アソートはこんな感じでした。

ツーカイザーが3、クダックが2でそれ以外は1箱ずつでした。

 

ツーカイザーはアーマーのバリエーションがあるので3つあっても無駄になりませんし、

クダックは雑魚キャラなので何体あっても嬉しい。

 

かなり無駄の少ない構成なので、今回は間違いなくBOX買い推奨です!!

 

 

今回も全9種類。

全て異なるパッケージデザインです。

 

上部。

 

反対側は共通です。

 

 

こちらが今回のラインナップ。

1BOX全て開封すると、この並びになりました。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

スーパーゼンカイザー

ゼンカイザーがゼンカイジュウギアでパワーアップした姿。

メインカラーは銀です。

上下の2分割で、2箱で完成します。

 

 

反対側から。

ブラスター内泡には肉抜きありますが

それ以外は目立つ肉抜きもなく、かなり細かく造形再現されています。

 

腕の赤いミサイルは塗装です。

 

 

両サイドから。

どっしりとした立ち姿も自然に決まってます。

ゼンカイテンランスは片側ガッツリ肉抜きされてますね。

 

 

頭部のアップ。

輪郭の黒、顔周りのシルバー、耳元のゴールドは塗装。

それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

頭頂部の形状はミニプラよりもよくできてます。

 

 

上半身のアップ。

胸部の赤、ゴールドは塗装での再現。

胴体の黒も大半が塗装での色分け。

肩やヒジはシールでの色分けとなっています。

 

 

肩関節は引き出して可動域を広げることが可能です。

ブラスターは取り外し可能なので、ポージングの際は取り外しています。

 

 

下半身のアップ。

太ももの黒は塗装とシールの組み合わせ。

ヒザ、足首はシールでの色分けとなっています。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

接続はボールジョイント接続です。

 

 

ゼンカイジュウギアがセットされたギアトリンガーも付属。

第1弾は白成形色でしたが、今回は赤成形色でより再現度が上がりました。

 

 

ゼンカイザーと並べて。

並べてみると、全体のボリュームはスーパーゼンカイザーのほうがありますが、

スーパーゼンカイザーの方が小顔に見えます。

複眼の大きさとか結構違いますね。

 

 

ポージングを何枚か。

両手持ちっぽく構えることもでき、劇中での印象的なポージングは一通り再現できました。

 

 

ツーカイザー

ゾックス・ゴールドツイカーがギアダリンガーを使って変身した姿。

メインカラーは金です。

 

 

反対側から。

襟、肩周りなど、背面もシールで色分けが再現されています。

脚部には肉抜きありです。

 

 

両サイドから。

勇動シリーズ標準的な体型で立ち姿も文句なし。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全てシール。

目のシール貼りは難しかったです。

 

 

上半身のアップ。

襟の内側、手の赤は塗装。

それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

シール貼る箇所なかなか多いです。

 

 

肩関節の引き出し機構もあります。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なしで全てシールでの色分け。

太もものギザギザ模様も再現されています。

 

 

手首は握り手と開き手の2種類。

どちらもボールジョイント接続、塗装済みです。

 

 

武器のギアダリンガーと。。。

赤成形色で、色分けは全てシールです。

ツーカイザーの箱には付属せず、オーレンアーマーの箱に付属します。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

ツーカイザーは開き手との相性が非常に良いですね。

武器を持たせたポージングもしっかりと決まります。

 

 

 

 

ツーカイザー シンケンフォーム

ツーカイザーがカッタナーと一体化した姿。

袴のようなフォルムが印象的です。

 

ツーカイザーを換装することで完成するフォルムです。

 

 

反対側から。

肩の白、背中のシンケンジャーのエンブレムはシールでの色分けとなっています。

 

 

両サイドから。

袴のおかげで凛とした印象の立ち姿です。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全てシール。

額の形状が「火」っぽくなってるのいいですよね。

 

 

上半身のアップ。

胸元の黒は塗装、それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

 

下半身のアップ。

下半身は塗装箇所なし。

縁の黒はシールです。

 

袴は左右後ろの3つに分割されており、ボールジョイント接続で干渉しにくくなっています。

 

 

武器のギアダリンガー ソードモード。

色分けは全てシールです。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

剣を構えたしなやかなポージングも再現可能です。

袴は干渉しにくいので、踏み込んだポージングも可能です。

 

 

 

 

ツーカイザー オーレンフォーム

ツーカイザーがリッキーと一体化した姿。

ブルーの縞縞模様が特徴的な武闘派フォルムです。

 

 

反対側から。

肩、スカートと背面もシールでしっかりと色分け。

スカートはシンケンフォームと同様に3分割されています。

 

 

両サイドから。

格闘を得意とするフォームなだけあって、すっきりとした強化形態です。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全てシール。

額は星の形になっています。

 

 

上半身のアップ。

キングレンジャーのようなフォルムの上半身。

胴体のメタリックブルーは塗装、それ以外はシールでの色分けです。

 

 

下半身のアップ。

下半身アーマー部の色分けは全てシールです。

前掛けは開くようになっています。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

シンケンフォーム以上に可動域が広いので、格闘のポージングも決まってます。

 

 

スーパーツーカイザー

ゼンカイザーがゼンカイジュウギアでパワーアップした姿。

胸部にはVレックスの頭部モチーフの形状、背中にはマントという姿になりました。

 

 

反対側から。

肩、背中とシールでの色分けありです。

 

 

両サイドから。

フォルムは派生フォームの中では1番すっきりとしています。

 

 

頭部のアップ。

額に大きなVのマークが加わりました。

Vの色分けは塗装、それ以外は色分けはシールです。

 

 

上半身のアップ。

Vレックスロボの黒、顎の赤は塗装、それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

 

下半身のアップ。

下半身はツーカイザーそのままですね。

 

 

ゼンカイジュウギアがセットされたギアダリンガーも付属します。

色分けはもちろんシールです。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

 

 

さらにスーパーゼンカイザーと並べて。。。

 

ゼンカイジュウオー ツインブレイカーも再現可能!!

マントが良い躍動感を演出してます。

 

 

クダック

トジテンドの一般戦闘員。

毎年恒例の戦闘員がラインナップです。

 

 

反対側から。

脚部は肉抜きあり。

首元はシールで色分けされています。

 

 

両サイドから。

ヒーローたちに比べると、胴体長めなプロポーション。

首周りの可動域は1番広く、猫背っぽくすることができます。

 

 

頭部のアップ。

色分けは全てシール。

首もシールで色分けが再現されています。

 

 

上半身のアップ。

手の黒は塗装、それ以外はシールでの色分けとなっています。

 

 

手は握り手と開き手の2種類。

開き手は指がまっすぐです。

 

 

下半身のアップ。

足先の黒は塗装、それ以外はシールでの色分けです。

 

 

武器のプラグ型の槍。

先端のゴールドは塗装、六角形の色分けはシールです。

武器は両手持ちさせることも可能です。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

シンプルなフォルムかつ首周りがよく動くので、

雑魚敵らしいちょっと頼りないポージングが可能です。

 

 

1BOXに2体付属するので、複数並べてもよし。

 

 

ってことで毎年恒例で戦ってもらいましょう。

 

 

ド派手にやられていただきました。

雑魚敵あってのヒーロー、大事な引き立て役ですね。

 

 

 

 

ステイシーザー

ステイシーがダークセンタイギアとギアトジンガーで暗黒チェンジした姿。

今回の大人気枠です。

 

 

反対側から。

手足の模様、ツノのような造形の色分けまで、背面も再現されています。

マフラーは別パーツで、ボールジョイント接続になっています。

 

 

両サイドから。

すっきりとしたシルエットです。

今回ダントツのシール量で、側面もカラーリングが細かく再現されていますね。

 

 

頭部のアップ。

頭部はまさかの全塗装。

目の赤、白いラインなど全て塗装されています。

 

 

上半身のアップ。

マフラーのシルバー、お腹の紫は塗装、それ以外は全てシールでの色分けです。

肩やヒジの造形も全てシールです。

シール貼るの、相当手間かかりました。

 

 

手は握り手と開き手の2種類。

 

 

下半身のアップ。

太ももの紫が塗装、それ以外はシールです。

脚部付け根まで細かくシールを貼り付けることで色分けを再現できます。

 

 

武器のダークセンタイギア。

ステーシーザーオリジナルの武器です。

こちらもシールでの色分け再現。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

シールの量はすごいことになってますが、

劇中の複雑なカラーリングをよくここまで再現したなと。

 

すらっとしたプロポーションも非常にかっこよく、

腕に注射するような返信シーンのポージングなども再現できます。

 

 

ゼンカイレッド

スピンオフ作品に登場するもう1人のゼンカイジャー。

アカレンジャーを彷彿とさせるカラーリングが印象的です。

 

 

反対側から。

マントもぜーんぶ真っ赤。

手足の先端は白です。

 

 

両サイドから。

プロポーションはゼンカイザーと同じ。

標準的なプロポーション、造形なので、立ち姿も決まりますね。

 

 

頭部のアップ。

額のV字は塗装、それ以外はシールでの色分けです。

 

 

上半身のアップ。

手首の白、胸から肩にかけてのゴールドは塗装、それ以外はシールでの色分け再現となっています。

 

 

下半身のアップ。

足先の白は塗装、それ以外はシールでの色分けです。

 

 

武器のギアトリンガーは新規造形。

炎の刃が出現した状態になっています。

刃部分は塗装、それ以外はシールでの色分けです。

 

 

ゼンカイザーと並べて。

造形は全く同じですが、カラーリングが異なるため、

シール箇所は全く異なります。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

最後のギアトリンガーはゼンカイザーから借りました。

 

 

勇動2のレビューは以上です。

 

第1弾と同じく全9種類なのですが、

今回は8種類のキャラクターが登場するというかなりのプレイバリューの高さ!

シールも相当な枚数貼り付けたので、全て組み立てるだけでもかなりの時間がかかりました。

 

造形やポージングのさせやすさは今回も健在で非常によくできており

劇中で見せたポージングも簡単に再現できるのはさすが勇動といったところ。

BOXのアソート内容も無駄がない構成になっており、

バリエーションの多いツーカイザーと複数あると嬉しいクダックが複数個なので

買うならBOX一択かなと。

 

 

ゼンカイジュウオーツインブレイカー再現はめちゃめちゃテンション上がりましたし、

ステイシーザーはプレバン限定のバトルシーザーロボと並べたい!!

【ミニプラ・バトルシーザーロボ】前代未聞!?まさかの3次受注予約開始!人気すぎて驚きを隠せません!

勇動第2弾も大満足の内容でした。

今年はこれで最後になるんですかね・・・?

 

 

劇中ではハカイザーも活躍していますし、

続編が出てくれると嬉しいなーとは思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category