【ミニプラ・アバレンオー】胸飾りの接続・変形方法の変更


こんばんは。

雨降らなさすぎて逆に心配なtomoshooです。

 

引き続きアバレンオーです。

 

今回改修するのはこれ!!!

IMG_0541(2)

ティラノの頭部、アバレンオーの胸飾りパーツです。

このパーツ、頭部との接続の役割も果たしていたのですが、

頭部のBJ化に伴い、こちらの接続方法も考え直さなければいけません。

 

 

接続部分はこんな感じになっています。

IMG_0542(2)

もう、この軸受けまるごと必要なくなったので、

 

ピンバイスで適当に穴を開けまくります。

IMG_0543(2)

 

 

そうしたら、ニッパーで穴と穴をつなぐように切断していきます。

IMG_0544(2)

こんな感じにくり抜けました。

ミニ四駆の肉抜きと同じ方法ですね。

 

 

あとは、デザインナイフやヤスリを使って、

パーツを壊さないように慎重に穴を拡張していきます。

IMG_0545(2)

ここまで広げました。

正直大変でした。

 

 

次に接続方法を変えます。

写真のように、まずは軸用の穴を開けます。

IMG_0546(2)

あとで、ここにはプラ棒を接着するのですが、

まずはこの穴をガイドに変形用の穴を開けていきます。

 

 

胸部パーツを上から見たところ。

IMG_0547(2)

 

そこに、こんな感じに穴を開けていきます。

IMG_0548(2)_201607010755315c6

左の穴は、ティラノ時の接続用、下の穴はアバレンオー時の接続用です。

 

 

 

最後に、接続用のプラ棒を接着して完成です。

IMG_0620(2)

 

 

では早速取り付けてみましょう。

まずはティラノのとき。

IMG_0622(2)

元の接続位置より、若干修正しているため、

より首が長くなり、ティラノサウルスのプロポーションに近づけています。

 

 

アバレンオーに変形した時はこんな感じに接続します。

IMG_0623(2)

こちらは元の接続位置と全く同じ位置を再現しています。

全く問題ありませんね。

 

 

これで変形合体を再現しつつ、

頭部の可動化+頭部の位置が高すぎる問題を改修できました。

 

 

今回の一連の頭部に関する改修はかなり頭をひねりました。

元の頭部周りのプロポーションはあまりに違和感を感じすぎていたので

大幅な改修が必要だとは思っていたのですが、

元の変形方式を維持するとどうしても不可能だったんですよね。

 

差し替え変形とすることで、それらの問題が一気に解決されました。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category