【ミニプラ・アバレンオー】太もも・股関節接続用の軸受け追加


こんばんは

 

最近睡眠時間短めのtomoshooです。

 

でも元気です。

 

ということで今回はアバレンオーの改修をやっていきたいと思います。

 

今回改修していくのはこのパーツです!

太ももと股関節が一体化になったパーツです。

 

前回のアバレンオーの改修記事で、このパーツを股関節部分と太もも部分に分割しました。

 

 

その股関節の部分がこちらになります。

太もも部分に追加した接続軸は、足をがに股にするためのロール軸のみなので、

こちらの股関節に、足を横に開くための構造を追加する必要があります。

更に、太もも部分と接続するための軸受も必要となります。

 

 

つまり、この小さな股関節パーツに仕込まないといけない構造はこうです。

・股関節の軸受け追加

・太もも軸受け追加

・股関節の軸受けについては、横に開くための可動機構も追加

 

 

あの小さな股関節に、位置から手作りで可動機構を加えるのは

強度的に少し心配です。

 

ということで、既存の構造を流用しちゃいます。

ということで今回用いるのはこれです。

 

なんのパーツかお分かりでしょうか。。。?

 

 

 

そうです。ゴセイグレートの足です。

当時ゴセイグレートを3セット購入していたので、

この股関節部分を流用して、アバレンオーに埋め込んでいきたいと思います。

 

 

太ももの上部にある、股関節を。。。。

 

 

 

こんな感じでニッパーで切り取ります。

この部分を使用していきいます。

この軸受は、プラスチックですので、塗装可能です!

 

 

まずは、太ももと接続するための軸受を追加していきます。

 

こんな感じに、ポリキャップをマジックスカルプで固定しました。

太ももと接続する部分は、全く見えない箇所ですので、

塗装のできないポリキャップを軸受として用いても問題ありません。

 

 

お次は、先ほど切り出したゴセイグレートの股関節を

アバレンオーの股関節に埋め込んでいきます。

 

 

アバレンオーの股関節の埋め込みたいところに、

デザインナイフで切り込みを入れまくってクリアランスを作り、

 

一旦軸受パーツを差し込んでみるものの、

まだまだクリアランスが足りないことが分かり、

やすりで削ったりデザインナイフで削り、

クリアランスと格闘すること数年。。。(嘘)

 

 

こんな感じに埋め込むことが出来ました。

人差し指の絆創膏はクリアランスとの格闘の証です(イタカッター)

 

 

ちなみに、太ももとの接続用軸受けはこんな感じに仕上がっています。

今は表面ががたがたですが、

パテを盛ったり、

表面を整面したり、

C面を作ることで

ちゃんと違和感のないパーツに仕上げていきます!

 

 

ということで仮にですが股関節が完成しました。

これで、アバレンオーが立つことが出来ます!!!!!

 

次回は全身の仮組をして、全体のバランスを見ていきたいと思います。

 

今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category