【スーパーミニプラ・バイオドラゴン】シャドウ吹きでパネルラインに劇中さながらのグラデーションを加えていく!!


こんばんは

今回の改修を1番やりたかった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

楽しいんですわ。

 

 

ということでバイオドラゴンの製作進めていきます。

【スーパーミニプラ・バイオドラゴン】いつもの4色でスミ入れ!パネルラインがパキッと仕上がっていく!!

前回でスミ入れを終わらせました。

溝に塗料を流し込んでパネルラインをさらに立体的にしていったのですが。。。

 

 

今回はさらに立体感を強調し、劇中の印象に近づけていきます。

 

 

例えばこの白い部分。

このままだと真っ白で、立体感がなくのっぺりした印象です。

劇中だとエッジの頂点となる辺周りにシャドウが入ってるんですよね。

 

 

甲板や底面のディテールも同様に、劇中だとシャドウが入っており立体感があるんです。

母艦メカはとにかく巨大感が重要だと思っているので、

ジャガーバルカンやグランドライナーでも取り入れたシャドウ吹きをしていきたいと思います!!

【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】シャドウ吹きで劇中の陰影を再現していく!!!

これやるだけで一気に臨場感が上がるんです。

 

 

使うのはGXクリアブラック。

シャドウ吹きの際はいつもお世話になってます。

 

 

いつもの予想より気持ち薄めに希釈して。。。

 

 

出っぱった箇所にシャドウを吹き付けていきました。

吹き付けすぎて失敗すると基本塗装からやり直しなので、

慎重に、薄ーく何度も、色味を見ながら吹き付けていきました。

 

 

 

 

その他のパネルラインも、全体の色味を見ながら少しづつシャドウを加えていきます。

これが。。。

 

 

これに。

やりすぎず、ふんわりと。

シャドウ吹き3作品目にしてようやく感覚が掴めてきました。

 

 

甲板は重要な箇所なので、全体的にグラデーションを加えていきました。

 

 

底面には強めにシャドウを追加。

劇中でも底面はかなり汚しが入っている印象でした。

 

 

後方も白い箇所は追加塗装。

白い箇所はのっぺりしがちなので、これくらいでちょうどバランスが取れる気がします。

 

 

これで、1番やりたかったシャドウ吹きが完了。

一気に劇中ぽさが増すので、この工程すごく好きなんですよねー。

 

 

繊細な作業で簡単ではないと思いますが、是非挑戦してみてください!

残るはトップコートのみ!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category