【スーパーミニプラ・大獣神】銀色成形色のプラが色々大変だ!!


こんばんは

手が痛いtomsohooです。

すごい握力いるんですよねー、表面処理。

 

 

ということで今回は大獣神についてです。

 

怒涛の勢いで、表面処理・パーツ洗浄・塗装準備まで終わらせました。

パーツ分割がすごいので、パーツ数がとんでもないことになってます。

 

塗装用の持ち手、もうちょっと増やそうかな。。。

 

 

 

 

そういえば、表面処理についてちょっと気になったことがあったのです。

 

この、銀色の成型色。

これまでのグレーとは違い、成型色なのにシルバーっぽくなったプラなんですが。。。

 

表面処理めっちゃやりづらかったです!!!

 

なぜかというと

・他のプラより粘り気があって削りづらかった

気のせいではないと思うのですが、このプラスチック他のプラより柔らかくて粘り気が強いんです。

軽い力でやすってもなかなかパーティングラインなどを削ることができず、大変でした。

 

・やすった時の表面の荒さが見辛かった

他のプラスチックって、表面処理すると表面が荒れて色が白っぽくなるんですけど

このプラは全然色が変わらなかったんです。

なので、どこまで表面処理ができたか見辛かったですね。

 

銀色プラはドラゴンシーザーでも多く使われているので、

なかなか表面処理厄介そうです。

 

とはいえ銀色プラの方が、素組みの時の見栄えは圧倒的にいいんですけどね。

皆様もお気をつけくださいー!

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category