【ミニプラ・キョウリュウジン】頭部の接続と格納ギミックの追加


こんばんは

最近日の入りが遅くなってきたと感じるtomoshooです。

もう冬は終わっちゃったんですねー。

 

ということでキョウリュウジンの制作紹介していきます!!

今回も前回に引き続き頭部周りです。

 

前回頭部延長+可動域拡大+後ハメ加工を兼ねて、このような改修をしました。

ということで今回は、改修した頭部に合わせた胴体の改修をしていきます。

 

 

 

 

まずは胴体の首周りの部分を。。。

 

 

こんな感じにごそっと切除します。

ニッパーでざっくり切除した後に、

デザインナイフで形を整えながら切り落としていきました。

なんでこんな事したのかは後ほど・・・笑

 

 

胴体の反対側に、改修した頭部を瞬間接着剤で取り付けます。

安定させるためにプラ版を噛ませています。

 

頭部は完成後もグリグリ動かすので、

ここはがっちりくっつけてください。

 

組み立ててみるとこんな感じ。

首が長くなって、スマートな印象になりました。

 

 

ちょっと胴体をひねって、いい感じに首の角度をつけることもできるようになりました。

これだけでもすでにかっこいいんですよねー。

 

 

先ほど首回りを切除した理由ですが、ガブティラに変形するときに活きてくるのです。

 

 

この状態から。。。

 

 

こんな感じに収納でき、目立たなくなるのです。

無改修だとそのままだったので、少しは見栄えが良くなったのではないでしょうか。

 

 

 

 

上から見るとこんな感じ。

胴体の隙間はスリット入りプラ版で隠しておきたいと思います。

 

 

頭部周りの改修は以上です。

頭部を少しいじっただけでも、完成度がだいぶ違ってきます。

 

面倒だとは思いますが、自分だけのかっこいいキョウリュウジンのために

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

って今更キョウリュウジン作る人ほとんどいませんよね笑

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category