【暴太郎戦隊ドンブラザーズ】勇動2 レビュー!!


こんにちは

今回も抜群に良かった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

つくり自体はもう不満ほぼないですね。

 

 

ということで今回はレビュー!

紹介していくのはこちらです!!!

 


暴太郎戦隊ドンブラザーズ

勇動2


ドンブラザーズのアクションフィギュア食玩第2弾となる、「勇動2」です!!

 

 

公式でのセット販売はないため、今回はBOXで購入。

1BOX14個入りです。

 

 

アソートはこんな感じでした。

ゴールドンモモタロウが3セット、ドンムラサメが2セット、ドントラボルトとドンドラゴクウが1セットでした。

劇中の登場頻度を考えると、ドントラボルトとドンドラゴクウは2セットでも良かったんじゃないかなーと思いました。

 

 

今回は全8種類。

ちなみに第1弾は10種類でした。

 

 

上部。

 

反対側は共通です。

 

 

今回のラインナップがこちら。

今回も新構造での立体化。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ゴールドンモモタロウ

ドンモモタロウの強化形態。

オミコシフェニックスの力で、装備がパワーアップしています。

 

 

今回も付属シールを使っています。

 

 

反対側から。

大きなマントが印象的。

マントの色分けはシールです。

 

 

マントは根本部分で角度を変えたり、浮かせることができます。

ポージングの際に躍動感を演出しやすくなっています。

 

 

両サイドから。

基本構造はドンモモタロウと同じ。

大きなマントがある分、若干重心が後ろです。

 

 

頭部のアップ。

頭頂部のゴールド、口周りのシルバーは塗装。

バイザーと額はシールでの再現です。

 

 

シールと塗装のゴールドの色味、よく似ていて統一感あります。

 

 

上半身のアップ。

白のライン、腕のシルバーの立体の部分は塗装。

ベルトの模様や胸部のロゴ、腕のシルバーのリング部分に加えて、肩や胸のゴールドは一部シールです。

胸部中央の黒い箇所はパーツ分割による色分けです。

 

 

下半身のアップ。

膝のシルバーの立体箇所は塗装。

股関節周りの裾部分、シルバーのリングはシールです。

 

 

下半身はドンモモタロウと同じですね。

 

 

基本構造はドンモモタロウと同じなので、可動域の紹介は割愛しますが、めちゃめちゃ向上してます。

 

手首は握り手兼武器持ち手と開き手の2種類です。

今回の4体は全て同様です。

 

 

オミコシフェニックスが装着されたドンブラスター。

成形色は金色で、色分けは全てシールです。

 

 

上部にもシールあり。

オミコシフェニックスの造形自体は細かく再現されていたので、かなり塗装映えしそうでした。

 

 

反対側は肉抜きされていましたが、シールで隠されていました。

この方法いいですね。

 

 

 

 

 

2つ目の武器ザングラソード。

第1弾のものに比べると、より細長い形状になっていました。

さらに刃部分は発光状態のシールです。

 

 

反対側には肉抜きがあるのですが、シールでうまく蓋されています。

シールはあまり押しつけない方がいいかもですね。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

第1弾と組み合わせて、パワーアップ前後のシーン再現も完璧です。

 

 

それぞれの武器を持たせたポージングもよく決まります。

必殺技後の決めポーズまでバッチリ。

新機構の可動域を存分に活かせました。

 

ゴツくなって多少可動域は狭くなりましたが、ほとんど支障はなかったですね。

 

 

 

 

ドンドラゴクウ

桃谷ジロウが変身する追加戦士。

金と赤を基調とした中華テイストのデザインです。

 

 

反対側から。

背面もシールで赤インラインが再現されています。

腰のスカートはお尻部分でボールジョイント接続されています。

 

 

両サイドから。

マッシブなプロポーションで、かなり綺麗な立ち姿です。

フォルムの美しさはドンブラザーズの5人より上回ってますね。

 

 

頭部のアップ。

顎の赤、口元の金は塗装。

それ以外はシールでの再現です。

 

 

上半身のアップ。

前腕が黒、それ以外はゴールド成形色で

色分けは全てシールです。

 

 

下半身のアップ。

腰のシルバー、赤いラインは全てシールです。

 

 

ゴールドンモモタロウは第1弾と同じ構造ですが、ドンドラゴクウのプロポーションはかなり異なります。

手足が太くなり、逞しいシルエットになってより人型としてのリアル感が増しています。

ドンドラゴクウのプロポーション、かなり好みです。

 

 

武器の龍虎之戟。

先端は金、柄は赤成形色。

 

 

先端の色分けはシールです。

両面異なる模様がシールで再現されています。

 

 

虎的盾鑼は黒成形色で、全てシールでの色分けです。

取り付け位置を変えることで手首の回転もできるようになります。

 

 

ポージングを何枚か。

肩関節の柔軟さ、手首のボールジョイントで長い武器を振り回すポージングがよく決まります。

両手持ちもバリエーション出せて素晴らしいですね。

 

 

さらに必殺技の立膝をついたポージング!

ドンモモタロウと組み合わせて劇中再現も完璧ですね。

マッシブなプロポーションが本当にかっこいいです。

 

 

 

 

ドントラボルト

闇ジロウが変身する戦士で、ドンドラゴクウのフォームチェンジ形態。

赤、金、銀を基調とした中華テイストのデザインです。

 

 

反対側から。

シール箇所はドンドラゴクウと同じ。

肩周りのアーマーにはモールドも入ってます。

 

 

両サイドから。

こちらもマッシブなプロポーションで綺麗な立ち姿。

立ち姿の自然さが半端ない。

 

 

頭部のアップ。

顎、とさかの赤、口元のゴールドは塗装。

それ以外はシールでの再現です。

 

 

上半身のアップ。

前腕、胴体、肩アーマーが黒、それ以外はゴールド成形色で

色分けは全てシールです。

 

 

下半身のアップ。

下半身はドンドラゴクウと同じ。

腰のシルバー、赤いラインは全てシールです。

 

 

武器の龍虎之戟・アックスモード。

先端は金、柄は赤成形色。

色分けはシールです。

 

 

こちらも反対側は異なる模様がシールで再現されています。

 

 

虎的盾鑼は同じ造形ですが、セットされているギアの模様が異なります。

 

 

ポージングを何枚か。

形状はドンドラゴクウとほぼ同じで、マッシブですが非常によく動きます。

頑張って野生み溢れるポージングを表現してみましたがなかなか難しいですね。

必殺技のポージングももちろん再現可能です。

 

 

 

 

ドンムラサメ

未だ謎の存在である正体不明の戦士。

紫を基調とした、ドンモモタロウに似たデザインです。

 

 

反対側から。

ドンモモタロウと似た形状なので、色分け箇所もよく似ています。

 

 

両サイドから。

性別はよくわかりませんが、男性型のプロポーションとなっています。

 

 

頭部のアップ。

バイザー、口周りのシルバーは塗装。

額とバイザー内部のピンクはシールでの再現です。

 

 

上半身のアップ。

首の黒、腕のシルバーは一部塗装。

白のラインや首元の網目、腰の色分けなどはシールです。

 

 

下半身のアップ。

下半身はドンモモタロウの完全な色違い。

 

膝のシルバーの立体箇所は塗装。

股関節周りの裾部分、シルバーのリングはシールです。

 

 

ゴールドンモモタロウと並べて。

ドンモモタロウに似た形状ですが、胴体や肩周りは形状が微妙に異なります。

肩アーマーは胴体側に接続されているので、ドンモモタロウと比べると華奢な肩幅になっています。

 

 

武器のニンジャークソード。

成形色は黒で、色分けは全てシールです。

 

 

反対側は肉抜きありですがシールで隠されています。

 

 

背中に取り付けておくことも可能。

劇中通りですね。

 

 

ポージングを何枚か。

劇中のような逆手持ちでのポージングがよく決まります。

ギターをかき鳴らすようなポージングも再現可能です。

 

 

最後に、第1弾と組み合わせてドンブラザーズの6人全員集合!

勢揃いの機会がなかなか無いドンブラザーズですが、勇動ならいつでも再現可能です。

相変わらずこの凸凹具合が素敵です。

 

 

勇動2の紹介は以上です。

今回もポージングのしやすさ、完成度が格段に上がった新構造での立体化。

どれも造形としての出来はかなり満足でした。

武器の肉抜き箇所がシールで隠されているのは良かったですね。

 

 

ドンドラゴクウとドントラボルトのマッシブなプロポーションはめちゃめちゃよくて、

真骨頂製法のような非常にリアルでかっこいいフォルムでした。

ですが、こんなに出来が良くて主要キャラのドンドラゴクウとドントラボルトがレアアソートなのは勿体無いなーと感じましたね。

 

 

あと戦闘員のアノーニも今回収録されると思っていたのでそこも残念。

第3弾はあるのでしょうか・・・?

 

 

とはいえ収録4体の完成度は抜群!

是非ドンブラザーズ勢揃いさせてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category