【ミニプラ・ドンオニタイジン】カラーレシピ紹介!!


こんばんは

色々目処が立ってきた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

頑張ったぜ。。。

 

 

ということで今回は、完成したばかりのミニプラ・ドンオニタイジンについて。

【ミニプラ・ドンオニタイジン】改修&塗装済み完成版レビュー!!

完成版レビューも是非ご覧いただきたいですが、、、

渾身の作品となったドンオニタイジンで使用した塗料を全て紹介していきたいと思います!!

 

 

今回使った塗料はこんな感じ。

塗料の数多すぎて壁ができちゃいました。

このほかにも黒、白も使っています。

1体のロボで使った塗料数としては最多なんじゃないかなと思いますね。

 

 

それぞれ紹介していきます。

 

 

ドンロボタロウの赤は、クレオスのハーマンレッドとあずき色。

この2色の組み合わせ、遠すぎず近すぎずですごく相性が良かったです。

 

 

ゴールドは今回のために調色した「ジェネリック下品ゴールド」。

スターブライドゴールドの赤味を更にブーストさせた金色です。

 

作り方はこちらの記事で紹介しています。

【ジェネリック下品ゴールド】ドンオニタイジンのために、とっておきのゴールドを調色しました。【GGG】

めちゃめちゃ良い仕事してくれました。

 

 

白はガイアのアルティメットホワイト。

白はここだけなんですよね。

 

 

サルブラザーロボタロウの青は、クレオスのスージーブルーとガイアのプライマリーメタリックブルー。

プライマリーメタリックブルーが明るめな青なので、色の違いをしっかりと表現できました。

ドンオニタイジンの目もプライマリーメタリックブルーです。

 

 

オニシスターロボタロウの黄色は、クレオスのファルコンノーズイエロー。

明るすぎず、赤っぽすぎない黄色を選びました。

 

 

全身の銅色は、ガイアのリアルカッパーブロンズ。

本物の銅を使用した塗料なので質感は文句なし。

隠ぺい力が低く使いにくいのが難点です。

 

 

肩の2色のメタリックカラーは、ガイアのガンメタルとクレオスのGXメタルブラック。

赤っぽいシルバーがガンメタル、青っぽいシルバーがGXメタルブラックです。

劇中の色味再現はかなり悩みましたが今回はこの組み合わせで行くことにしました。

主張しすぎないカラーリングが気に入ってます。

 

 

 

 

イヌブラザーロボタロウの黒は、クレオスのウイノーブラック。

消費スピード凄いので、よく買い足しています。

 

 

アクセントのメタリックカラーは、クレオスの青竹色。

初めて使った塗料でしたが、めちゃめちゃいい色だった!!!

隠ぺい力が弱そうなので、下地の色には注意です。

 

 

キジブラザーロボタロウのピンクは、ガイアのマイザーピンク。

基本色のピンクだと白すぎるので、戦隊のピンクはこのくらい赤味があったほうが好みです。

 

 

ドンオニタイジン額の桃はGXメタルピーチ。

ドンモモタロウアルターでも使ってます。

 

 

全身のシルバーは、フィニッシャーズのフォーミュラクローム。

重厚感のあるシルバーで、ドンオニタイジンと相性抜群です。

 

 

カラーレシピの紹介は以上です。

こんな感じに仕上がりますので、是非参考にしてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category