【SMP・ガオライオン&ガオエレファント】ガオライオンたてがみ下部の隙間を塞いで、シャープに形状変更していく!


こんばんは

少し時間ができてきた tomoshoo(@tomoshoo1) です。

にしてもまだ忙しい。

 

 

ということでガオライオン&ガオエレファントの改修やっていきます。

【SMP・ガオライオン&ガオエレファント】内部パーツを処理した後に2回目の合わせ目消し!順序が大事です。

前回は2回目の合わせ目消しをやっていきました。

 

 

今回は個人的にすごく大事な改修です。

 

 

気になったのはここ。

ガオライオンのたてがみ下部です。

 

 

まず、内側のスカスカ感がすごく気になってしまいました。

面積もかなり大きい上に、正面から見た時も目立つ箇所にあるんですよね。

 

 

加えて、C面っぽい先端の形状も劇中と大きく異なるように見えます。

劇中だと、両サイドの先端はかなりシャープな形状なんですよね。

数少ない手の加えどころなので、納得いくまでしっかりと作り込んでいきたいと思います!!

 

 

まずは内側のフタを作っていきます。

あらかじめ曲げグセをつけたプラ板を。。。

 

 

たてがみの形状に合わせてカット。

この段階ではおおまかなカットで問題ないです。

 

 

そして、瞬間カラーパテを使ってたてがみ内側に貼り付けます。

いつもはパテとしての用途が主な瞬間カラーパテですが、ちゃんと接着剤としても使えます。

 

 

プラ板に曲げグセをつけておいたおかげで、滑らかな面にピッタリ合わさります。

接着剤は気持ち多めに使うのがポイントですかね。

 

 

はみ出た箇所は削り出して、内側スカスカ問題は解決。

 

 

 

 

お次は形状変更。

両側の先端をよりシャープな形状に変えていきましょう。

 

 

フタは工夫して作りましたが、形状変更は気合の削り出しのみです。

 

 

ひたすらガリガリやすって、先端をトゲトゲにしました。

コツも何もないのですが、とにかく左右対称になることだけは気をつけて削り出しました。

 

 

斜めから見ても印象がかなり変わりました。

これがビフォーで。。。

 

これがアフター。

うーーん、美しいフォルム!

ここだけは気になっていた箇所なので、納得いく形に仕上がって満足です。

 

 

これで改修はほぼ終わりなので、次回は恒例の肉抜き穴埋めパーツ一覧紹介です。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category