【SMP・ガオマッスル】おでこがのっぺりすぎる!!ガオライノス額の立体的な造形を再現していく!!


こんばんは

数少ない手の加えどころだった tomoshoo(@tomoshoo1) です。

少しはこういうことも盛り込みたい。

 

 

ということでガオマッスルの改修やっていきます。

今回はこれ。

ガオライノスの頭部です。

【SMP・ガオマッスル】合わせ目消しパーツも大量!黒い流し込み接着剤をひたすら流し込んでいく!!

 

2回渡る合わせ目消しで、角、足首、顔回りの合わせ目は消えたのですが。。。

 

 

今回気になったのが額部分。

ここ、シールで色分けを再現する仕様になっており

モールドや造形が一切無くのっぺりしてるんです。

 

 

ちなみに劇中だとこんな感じで1段階盛り上がっていて、シルバーになってます。

形状も楕円に近いようなフォルムで、付属シールの丸っこい長方形ともまた違うんですよね。

 

 

ここはひと手間加えて、劇中のフォルムを再現していきましょう!

 

 

完成度が高すぎてほとんど手を加える箇所の無さそうだったガオマッスル。

数少ない気合いの入れどころです!!

 

 

ってことでまずはマスキングテープを貼って。。。

 

 

油性ペンで額の形状を描いてみます。

フリーハンドで適当に。。

 

 

次に、マスキングテープをプラ板に貼り付けて。。。

 

線をガイドにして切り出し!

スポンジヤスリでラインを滑らかに整えたら。。。

 

 

 

 

小さく切り出したプラバンを貼り付けます。

これは額の高さを出すためですね。

 

 

これをガオライノスの顔に接着!!

高さはこんなもんでいいでしょう。

 

 

側面にがっつり隙間があるので、瞬間カラーパテで埋めます。

粘度を生かして滑らかに仕上げるのがコツです。

 

 

パテが乾燥したら側面の形状を整えて、完成!!!

何もなくてのっぺりしていた額が、滑らかかつ立体的な造形に生まれ変わりました。

 

 

劇中と大幅に形状の異なる箇所だったので

素組みと差別化できる数少ない箇所かなと思います。

 

劇中のフォルムにより近づくので、是非取り入れてみてください!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category