【MODEROID・イカルガ】プラモ向上委員会・デカーリングQuickトレイを使って大量のデカール貼り完了!


こんばんは

いい経験になったtomoshooです。

スキルアップしました。

 

 

ということで、イカルガの製作進めていきます。

今回はかなり山場工程。

 

 

前回で、ついに全てのパーツの塗り分けが終わりました。

【MODEROID・イカルガ】4本の腕と塗り分け真剣勝負!一気に塗り分けを終わらせていく!!

かなり手こずりました。

 

 

塗り分けの次はデカール貼りです。

グッスマオンライン限定で購入した、専用の水転写デカールを使用します。

近々再販されるみたいですね。

 

 

デカール貼りに使うのはもちろんこれ。

【プラモ向上委員会】デカーリングQuickトレイ レビュー!!

プラモ向上委員会のデカーリングQuickトレイです。

これ以外の選択肢はあり得ないレベルの神ツールです。

 

 

こんな感じで、一気にカットしてスポンジの上に置いておくだけで、

じんわり湿ってきてデカールが台紙から浮いてきます。

従来のデカール貼りの手法だと1枚ずつ濡らして→貼ってを繰り返す必要があったので、

これができなかったんですよね。

 

 

トレイには貼り終わった台紙入れのスペースも確保されており、これが地味に超便利なんです。

私がプラモ向上委員会を好きな理由はこういうところです。

 

 

貼る際には、マークソフターやマークセッターを使います。

私普段デカール貼りを全くやらないので、この使い分けがよくわからなかったのですが

今回のデカール貼り作業を通してなんとなく使いわけができるようになってきた気がします。

 

 

そんな感じで、大量のデカールをひたすらに貼り続けていきました。

枚数にして200枚以上。

 

 

 

来る日も来る日もデカール貼りをして。。。。

 

 

ついに全パーツのデカール貼り作業完了!!!

かなり根気のいる作業でしたが、達成感すごいです。

 

 

慣れない作業だったということもあり、3, 4日くらいかかったと思います。

 

 

一番枚数の多かった胴体。

曲面への貼り付けが大半で、めちゃめちゃ苦戦しました。

 

 

脚部も超難易度高い貼り付け。

円形かつ曲面の貼り付けがとにかく繊細で難しいんですよ。。。

 

 

左右対称のパーツが多いので、同じ個所に貼るというところもすごく気を使いました。

 

 

武器もアクセントが入りさらに情報量アップ。

めちゃめちゃかっこよくなりました。

 

 

大量かつ高難易度のデカール貼り作業を終えて分かったことは、

 

 

マークソフター超大事。

これ無いと間違いなく詰んでました。

 

 

皆様もイカルガのデカール貼りの際はマークソフターをご用意ください。

 

 

最後の山場を突破したので後はトップコートのみ!!!

ラストスパートじゃああああああい!!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category