【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】改修・塗装済み完成版レビュー!!


こんにちは

本当に良い経験になったtomoshooです。

確実にレベルアップしました。

 

 

ということで今回はスーパーミニプラ・ジャガーバルカンの完成版レビューです!!

サムネからすでにど迫力!!!!

 

 

素組みレビューはこちら。

【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

 

 

製作過程一覧はこちらをご覧ください。

【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】製作過程まとめ!!

 

 

早速紹介していきます!

 

 

ジャガーバルカン

コズモバルカンとブルバルカンを運ぶ巨大母艦。

2体のマシンがすっぽり収まるだけあって、かなりの大きさです。

 

 

全身のカラフルな色分け再現はかなり大変でした。

顔回りは素組み状態でも塗装で色分けされていましたが、

色味を統一させるために全て塗装しなおしています。

 

 

反対側から。

背面のパネルや黄色のヒンジの箇所は、グラデーション塗装で立体感を表現。

徹底した表面処理で全体的に面をしっかり出すことで、かっちりとした仕上がりになりました。

 

 

両サイドから。

側面はパーツ分割がほとんど無く、全て塗装での色分けだったため

めちゃめちゃ大変でした。

口周り等の白、足先の黄色い箇所はグラデーション塗装で立体感を表現しています。

 

 

牙は全て鋭角化し、グラデーションをかけて根元を暗くしています。

基本的につや消し仕上げですが、牙のみツヤ有り仕上げとしています。

 

 

大迫力の噛みつきシーン。

牙や口周りのグラデーション、やり過ぎないちょうどよい具合になりました。

 

 

上部。

頭部の上側にはあえてグラデーションをかけていません。

 

 

パネル部分はグラデーション+スミ入れでしっかりと立体感を表現。

パッと見素組みとそれほど見た目が変わりませんが、

細かいところ色々塗り分けてます。

 

 

 

後方のミサイル周辺。

細かくモールドが入っているので、スミ入れはもちろん、

のっぺりしがちな箇所にはグラデーション塗装を追加することで

CGのような質感を表現してみました。

 

 

様々なアングルから。

サンバルカンロボの青と統一させているのですが、

やっぱりこの色めちゃめちゃいいです。

明るすぎず暗すぎず、すごく高級感あります。

 

そして各所に取り入れたグラデーション塗装も、

違和感なくまとまって巨大感を演出してくれています。

 

 

 

 

お次は数々のギミック紹介。

全てのギミックは動画でも紹介していますので、こちらをご覧ください!!

今回は見た目に関わる箇所のみ紹介していきます。

 

 

まずは目の点灯ギミック再現。

奥まっていて暗くなりがちなので、

目の黄色にはグラデーションをかけていません。

 

全塗装しましたが、しっかりとクリアランス調整を行ったので開閉ギミックは健在です。

 

 

お次は目玉ギミックのハッチ展開!!!

これが見たかったのです。。。

 

 

内部構造は特にシンプルで面が非常に目立つ上に、

素組みだとヒケやうねりがかなり目立っていたので、

かなり気合入れて整面処理しました。

 

 

光が綺麗に入っていく感じ、めちゃくちゃ高級感や巨大感あります。

つや消しの感じもめちゃめちゃ相性いいです。

奥まった箇所も手を抜かず徹底的に表面処理した、私の努力の結晶です。

 

 

内部のライティングは塗り分けで再現。

円形マスキングシール大活躍でした。

ピンの色が異なる箇所もちゃんと塗り分けて色味を統一させています。

 

 

カタパルト展開状態。

しっかり整面処理+スミ入れでモールドもくっきりです。

スプリングによる発出ギミックも生きてます。

 

 

ジャガーバルカン内部に、コズモバルカンとブルバルカンを格納して。

かなり見栄えが変わりました。

プラスチックっぽさゼロです。

満足。

 

 

格納状態でもちろん折りたたむことも可能。

干渉することなくしっかりと収納できてます。

 

 

そして劇中の各マシン発進ギミック再現です!!!!

 

コズモバルカン、発進!!!

 

続けてブルバルカン、発進!!!

母艦メカの醍醐味です。

 

 

 

 

同じく完成したばかりのサンバルカンロボと並べて。

【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】改修・塗装済み完成版レビュー!!

今回は色選定をかなりこだわったので、

しっかりと色の揃ったこの並びはかなり満足度高いです。

 

 

青成型色だと、少し明るすぎる印象だったんですよねー。

私は確実に塗装した青のほうが好きです。

 

 

ジャガーバルカンにサンバルカンロボ乗っけてみました。

予想以上に大迫力で驚きました。

死ぬほどかっこええやん。。。

 

 

完成版レビューは以上です。

スーパーミニプラ初の母艦ロボとなったジャガーバルカン。

造形自体はかなりの完成度の高さで、

肉抜きをちょろっと埋めたり、牙をちょろっととがらせるだけで十分でした。

 

 

もともと塗装での色分け箇所が多かったり、1つ1つのパーツが大きかったので

基本塗装、塗り分け、塗装作業はかなり大変でしたね。。。

 

 

こんなに大きなパーツを塗装したことはあまりなかったので、

私自身良い経験になりました。

大きなパーツの塗装が確実にうまくなった自信があります。

 

 

サンバルカンロボとジャガーバルカンの並び立ちは最高の2ショットでした。

塗装はめちゃめちゃ大変ですが、それに見合う満足度はあります。

ぜひ挑戦してみてください!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category