【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】改修・塗装済み完成版レビュー!!


こんばんは

撮影大変だったtomoshooです。

かなりのボリュームでした。

 

 

ということで今回は、

ついに完成したスーパーミニプラ・サンバルカンロボの完成版レビューです!

 

 

素組みレビューはこちら。

【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

 

 

製作過程一覧はこちらの記事をご覧ください。

【スーパーミニプラ・サンバルカンロボ】製作過程まとめ!!

 

 

早速紹介していきますよー!!

 

 

サンバルカンロボを構成する2台のマシン。

マシン状態だと塗り分け箇所かなり多く、どちらもかなり手間がかかりました。

それぞれ詳しく見ていきましょう!!

 

 

コズモバルカン

サンバルカンロボの上半身を構成する巨大戦闘機。

 

 

全体的に塗装での色分け箇所めちゃめちゃ多かったです。

特に先頭周辺の塗り分け大変だった。。。

 

 

赤い尾翼はディテールを彫り、塗り分けることで劇中の形状に近づけました。

もともとのっぺりしていたんですよねー。

しかし塗り分け箇所多かったなほんと。

 

 

反対側から。

スミ入れで背面のディテールがより鮮明になりました。

 

 

両サイドから。

側面はパーツ分割線が結構目立っていたので、

それぞれ丁寧に消したうえで塗り分けています。

 

 

スタンドを使って飛んでいるイメージで。

底面のディテールも、スミ入れでしっかりと強調してます。

 

 

ブルバルカン

サンバルカンロボの脚部を構成する巨大装甲車両。

こちらもなかなか鬼畜な塗り分けでした。

特に内部構造の塗り分けはマスキング力が問われました。

1つのパーツに5色くらいありましたからね。

 

 

反対側から。

目立つパーツ分割線は消しています。

 

 

両サイドから。

下部のキャタピラ周り、メカメカしさ満載でよいです。

筆塗り+ドライブラシでリアルなキャタピラっぽさを表現してみました。

 

前面のドーザー部は展開可能。

目立つ肉抜き個所を埋めて平らにしたり、

本体部分のパーツ分割線は丁寧に消したりと基本に忠実に処理しています。

合体後はほとんど目立たない箇所です笑

 

 

上部を展開して、クレーンとチェーンを取り付け。

チェーンは無加工、先端のクローも普通に塗装しただけです。

本物のチェーンなので質感は最高です。

こういう素材の使い分けはスーパーミニプラならではですよね。

 

 

 

 

サンバルカンロボ

2機のマシンが合体してサンバルカンロボに。

今回はメインカラーである青色の塗料選定にかなりこだわってみました。

しっとりと品のある落ち着いた色味の青になったかなと。

 

 

素組み状態。

ロボ状態だと、色分けはかなり優秀なんですよね。

上半身とかほとんどパーツ分割で色分け再現されています。

 

 

反対側から。

ぎっしりと詰まった感満載の背面。

足先、黒いラインがつながるように実は塗り分けたりしているんですねー。

 

 

両サイドから。

力強い立ち姿です。

肩や腕は合わせ目が目立ったので消しています。

 

 

頭部のアップ。

塗装、パーツ分割で色分けの優秀な頭部でしたが、全て塗りなおしています。

側面のカラフルな色分けも筆塗りで忠実に再現です。

 

 

上半身のアップ。

色味以外見栄えのあまり変わらない上半身。

シンプルな造形な分、表面処理は丁寧に行いました。

 

前腕の合わせ目消しは数少ない頑張ったポイントです笑

 

 

下半身のアップ。

マッシブな下半身。

こちらも形状は変えておらず、そのままです。

 

 

脚部はパーツ分割線が目立つ箇所が多かったので、

パーツ分割されているのにそれを無視して合わせ目消しからの

マスキング塗装で塗り分けるという面倒な方法で仕上げました。

シルバー箇所多めなので塗装映えしてます。

 

 

お次は武器紹介。

まずはバルトンファ。

武器の中では一番手を加えてます。

 

 

もともと真っ赤だったのですが、全て塗装で塗り分けました。

先端は鋭角化し、持ち手と刃先は別パーツ化。

 

 

裏側は中身がむき出しだったので、ふたをしています。

これで逆手持ちでも見栄えを損なわなくなりました。

 

 

バルシールド。

シルバー部分の反対側を肉抜き処理した程度ですね。

 

 

しっかり表面処理して仕上げてます。

台形部分は黒で塗り分け、モールドは茶色でスミ入れしています。

 

 

バルハンド。

こちらも鎖は金属製です。

 

 

SUNVULCANの字は金色で塗り分け。

一気に高級感出ますね。

アームの反対側は肉抜き処理しています。

 

 

最後は太陽剣。

先端はシャープに。

刃先部分はツヤ有仕上げ、柄の部分はつや消し仕上げとしました。

 

 

「太陽剣」の文字部分はシールで、

シールの色味に合わせてゴールドの塗料を選定してます。

刃先はもともとシルバーで塗装されていましたが、

先端をシャープ化するため全て塗装しなおしています。

 

 

大量のポージング。

 

 

可動域が非常に優秀なので、どの武器持たせても生き生きとしたポージングが可能です。

 

 

戦隊ロボ王道の剣と盾の組み合わせ。

間違いないですね。素晴らしい。

 

 

シールドは角度を柔軟に変えられるので、ポージングもさせやすいです。

造形がシンプルな分、塗装はかなり気を使いました。

塗りムラとか埃とか目立ちやすいですからね。

 

 

太陽剣!!オーロラプラズマ返し!!!

太陽剣両手持ちのポージングも文句なし。

大迫力です。

 

 

完成版レビューは以上です。

 

戦隊シリーズ初となる合体ロボであるサンバルカンロボ。

元キットの良さを存分に生かし、丁寧な改修で仕上げることができました。

 

コズモバルカン、ブルバルカンは塗分け箇所が多くかなり塗装映えしてます。

 

サンバルカンロボはパーツ分割がかなり優秀でほとんど色分け箇所が無いのは

すごいなと改めて感じましたね。

 

武器関連はいろいろ手を加えて、かなり見た目が良くなったかなと思います。

 

 

なんといってもメインカラーの色味が良くて大満足!!

塗装は大変でしたが、かなり良い仕上がりになりました。

 

 

そして後ろに控えている巨大な母艦。。。

ジャガーバルカンの完成版レビューも是非ご覧ください!!!!

【スーパーミニプラ・ジャガーバルカン】改修・塗装済み完成版レビュー!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category