【ジェットイカロス&ジェットガルーダ&キシリュウネプチューン】魂の筆塗りで最後の塗り分け作業、そして…!!


こんばんは

この作業は疲れるtomoshooです。

神経使います。

 

 

ということでジェットマンとリュウソウジャーの塗装進めていきます。

塗り分け作業もついに最後。

最後は筆塗りで、細かな箇所のリタッチや目に色を入れていきます。

筆はタミヤのモデリングブラシ PRO II 面相筆1本。

塗料は、色味や状況に応じてシタデル、エナメル、ガンダムマーカー、ラッカーと色々使います。

 

 

まずはシタデルカラーでの色分け。

赤や黄色はシタデルがほんと強いです。

 

 

ジェットマンの足後ろ側のこの蓋パーツ。

赤や黄色は全てシタデルです。

 

 

脚部ワンポイントの黄色もシタデルカラー。

黒下地でも綺麗に発色してくれます。優秀。

 

 

赤と青の目は、最近導入したばかりのガンダムマーカー・ロイヤルメタレッドとコスモメタブルー。

さっと筆塗りするだけで、この深みのある赤みが出せるのは本当にすごい。

ガンダムマーカーにしては高いですが、お値段以上の価値あります。

 

 

 

 

そんなわけで、

 

 

全ての塗り分け作業が終わりました!!!!!!

長かったぜ。。。

 

 

恒例のマスキング玉も紹介します。

直径なんと7cm!!!!

凄まじくデカく、重量感もすごいです。

 

 

普通に片手にすっぽり収まるくらいのサイズ。

軟式野球のボールくらいあります。

ロボ3体同時製作したらこれくらいになるんですかね。

 

 

塗装による色分けは全て終わり。

スミ入れ前にあともう1ステップありますので、次はそれを終わらせたいと思います。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category