【MODEROID】シンカリオン E7かがやき 素組みレビュー・改修箇所洗い出し!


こんばんは

シンカリオンが一区切りで寂しさを感じているtomoshooです。

良いキャラクター達でした。

 

 

ということで今回は素組みレビューです。

紹介していくのはこちら!!!!!

 


MODEROID

シンカリオン E7かがやき


MODEROID シンカリオンシリーズ第3弾、E7かがやきです。

 

パッケージ表紙はいつものCG。

 

 

背面。

 

側面。

前傾姿勢のポージングいいですね。

 

 

箱はMODEROID特有の構造。

ガンプラとかとは違いますのでご注意ください。

 

 

組み立てる前に軽く紹介。

今回の塗装済みパーツはこんな感じ。

細かな塗り分けですが、パーツ数は多いです。

 

 

青とゴールド細いラインも塗装で再現されています。

ゴールドもいい色味でした。

 

 

シンカリオン E7 はやぶさ

大門山ツラヌキが乗り込む、E7かがやきかが変形したシンカリオン。

青色のボディに、放射線状のバランスのとれたシルエットです。

 

近接タイプらしいゴツゴツしたディテールが男心をくすぐります。

 

MODEROIDシンカリオンシリーズ共通で、新幹線モードへの変形はオミットです。

 

 

反対側から。

背面の色分けは控えめ。

細かく塗り分けるとなると大変そうです。

 

 

両サイドから。

他のⅡ体のシンカリオンに比べ、ボリュームのある拳や脚部。

武器のデカさもあり、重厚感を感じさせるデザインです。

 

 

頭部のアップ。

パーツ分割と塗装で、素組みでもここまで色分けが再現されています。

頭頂部のスカイブルー、ラインのゴールド、目や顎の色分けが塗装です。

 

 

上半身のアップ。

目立つ肉抜き箇所も無く、劇中再現度が半端ない造形。

 

前腕や拳のゴールドは成型色。

肩や胸部のゴールドは塗装です。

 

 

下半身のアップ。

ゴツゴツしたデザインや脚部のクローラーが印象的な脚部。

下に広がるようなシルエットの装甲もかっこいいですね。

 

装甲の内側の肉抜きがチラリと見えるので、穴埋めすると良いかもしれないです。

 

 

武器のシャリンドリル。

先端のドリル部分は合わせ目が目立つので、ここは丁寧に処理したいところ。

 

 

上半身の可動域について。

頭部、肩、手首、腰はボールジョイント。

ヒジは2重関節で、腕は回転します。

肩は上下の軸可動も備えています。

 

 

下半身の可動域について。

かなり広い開脚が可能です。

股関節は2軸可動で強度もあります。

足首はボールジョイント。

 

 

ヒザは2重関節でかなり深く曲げることができます。

ヒザの青い装甲は独立して動かすことができます。

 

全身、これまでのシンカリオンシリーズと変わらず驚異的な可動域を誇ります。

 

 

登場シーンや。。。

 

 

最後の決めポーズも完全再現。

立膝のポージングも余裕ですね。

 

 

 

 

ということでポージングをたくさん。

 

 

スタンドを使って、空中戦の再現も。

武器がドリルってやっぱ最高です。

ポージングさせてて楽しすぎます。

 

 

さらに、E5はやぶさと組み合わせることでリンク合体も可能なんです!!!

 

 

シンカリオンE5+E7

E5はやぶさとE7かがやきがリンク合体した姿。

二刀流になりました。

 

 

頭部のアップ。

青いパーツが今回の新規パーツです。

色分けは無し。

 

 

登場シーンも再現可能。

このポージング、あんまりかっこよくないですよね笑

 

 

ポージングを何枚か。

シャリンドリルが重すぎて、左手の手首が限界を迎えそうです。。。

 

 

付属のシールはこちら。

細かな色分けをシールで補う感じですね。

 

 

最後にE5はやぶさ、E6こまち、E7を並べて。

ついに初期メンバーの3体が揃いました。

 

 

似ているようでそれぞれ個性があり、全く異なる3体のシンカリオン。

その他のシンカリオンについても

それぞれ以下の記事で詳しく紹介していますので是非ご覧ください。

【MODEROID】シンカリオン E5はやぶさ 素組みレビュー・改修箇所洗い出し!

【MODEROID】シンカリオン E6 こまち 素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

それぞれ故郷に帰っちゃいましたけど、この並びがもう見れなくなるんでしょうか。

とはいえ1期を支えた3体が並んだ姿は相当な満足度です。

 

 

レビューは以上です。

MODEROIDシンカリオンシリーズ第3弾となったE7かがやき。

 

 

ディテールの再現度、可動域の優秀さは安定のMODEROIDクオリティ。

重機っぽいディテールもすごく好みでした。

 

シャリンドリルが結構重いので、

関節の強度は少し考慮した方が良いと感じましたね。

 

 

初期メンバーの3体が揃った満足感はやっぱり格別なので、

是非揃えてみてください。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category