【HG・マグナザウラー】改修&塗装済み完成版レビュー!!


こんにちは

ゴウザウラーシリーズは本当に撮影映えするなと感じているtomoshooです。

毎回撮れ高が高すぎです。。

 

 

ということで今回はHG・マグナザウラーの完成版レビュー!!

 

 

素組みレビューはこちら。

【HG・マグナザウラー】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

 

製作過程一覧はこちらです。

【HG・マグナザウラー】製作過程まとめ!!

 

 

 

早速紹介していきます。

 

 

マグナティラノ

みんな大好きティラノサウルス型のザウラーロボ。

 

かなり細かなパーツ分割で、大半は色分け割れていましたが、

全塗装で完璧な色分けを再現しました。

 

 

目や手の部分など、細かくみると色分けされていない箇所あるんですよね。

スミ入れでディテールもしっかり強調してます。

 

 

反対側から。

チラリと見える足裏部分は肉抜き処理済み。

 

 

両サイドから。

他のティラノサウルス系ロボとは一線を画した面白い変形ギミックです。

 

 

頭部のアップ。

目、歯、頬の造形は塗り分けています。

クリアパーツは磨き込み+塗装でさらなる滑らかさに。

 

 

口は開閉可能。

ちっちゃな前足がかわいいです。

 

 

可動はそこそこ。

そもそも迫力あるので、そんなに動く必要もない気がします笑

 

 

 

 

スーパーザウラージェット

ザウラージェットとマグナザウラーが合体して、スーパーザウラージェットに。

ロボ2体分の合体ってだけあり、かなりのボリュームです。

 

 

接続部分は塗り分けかなり頑張りましたが、あまり目立たないですね笑

 

 

反対側から。

足の向き上下逆になってますがお許しください笑

 

 

両サイドから。

メカメカしさ、ディテールの密度感がすごいです。

ディテールのテイストに統一感があって、まとまりもあります。

 

 

いろんな角度から。

重さもかなりありますが、専用スタンドのおかげでしっかり保持できてます。

 

 

こちらが専用のスタンド。

素組みだと真っ黒で地味だったので、暗めのシルバーで塗装してます。

支柱部分は合わせ目消しも処理済みです。

 

 

 

 

マグナザウラー

単体で変形してマグナザウラーに。

形状にはほとんど手を加えていませんが、文句なしのプロポーションです。

 

 

素組みがこちら。

主な塗り分け箇所は肩とスネくらいです。

 

 

両サイドから。

立体感を感じさせるサイドショット。

モールドは全身細かく入っているので、スミ入れ映えはしますね。

 

 

頭部のアップ。

目はクリアパーツ製でしたが、暗くなりがちだったのでメタリックグリーンで塗装しています。

 

 

ヘルメット側面はパーツ分割線が目立ったので、分割方法を変えて合わせ目を消しています。

綺麗に合わせ目消せました。

 

 

上半身のアップ。

胸部のクリアパーツはクリアを生かした仕上げ。

 

 

全体的に合わせ目の目立ちにくい造形になっているため、

合わせ目消しもほとんどしていません。

 

 

下半身のアップ。

脚部内側、足裏もしっかりとスミ入れしてます。

 

 

武器のマグナブレード。

造形が良かったので特に手は加えていないですね。

クリアパーツはテカテカに仕上げています。

 

 

一通り紹介が終わったので、マグナザウラーのポージングをひたすらご覧ください。

両肩のどでかいキャノン、角度を自由に調節できるので

ポージングの決まり具合がハンパないです。

 

両肩にはキャノン、右手には剣とかもう強そうしかないですね。

 

 

完成版のゴウザウラーと並べて。

統一感のあるプロポーションで、見ていて非常に気持ちがいい。

戦隊系のロボとはまた違ったかっこよさで、しびれてしまいます。

 

 

ゴウザウラーはこちらで詳しく紹介していますので、

合わせてご覧ください。

【HG・ゴウザウラー】改修・塗装済完成版レビュー!!!

 

 

 

 

マグナバスター

マグナバスターに変形し、ゴウザウラーに武装合体。

ぶっちゃけ、この形態だと素組みとほとんど見栄え変わらないレベルですね笑

それほど素組みの完成度が高いということです。

 

 

反対側から。

頑張って塗り分けた合体用パーツが目立つ数少ないアングル!!!

キャノン接続部分の内側は肉抜き穴埋めしています。

 

 

両サイドから。

 

 

巨大な2連大砲であるバスターキャノン。

クリアパーツを後ハメ加工して、キャノン先端は合わせ目処理済みです。

塗り分けは赤いパーツの黒い箇所くらいです笑

 

 

スタンドを使って宙に浮かせたポージングも可能。

安定してポージングできます。

 

大きな翼に両肩特大キャノンとか、ロマンが詰まりまくってます。

スタンドを使っても安定してディスプレイできるのもかなり良い。

 

 

完成版レビューは以上です。

完成直前でまさかのパーツ紛失が発覚してしまいましたが、無事完成させることができました。

 

 

素組みの比較を見てもらえればわかると思いますが、

マグナザウラーは素組みの出来が非常に良い!!!

 

今回もプロポーションなどの造形の改修はほぼなく、

細かな肉抜き処理や合わせ目消し程度で十分すぎるほどの仕上がりでした。

 

そしてゴウザウラーと組み合わせた時の変形・合体バリエーションの幅広さ!!

どの形態もロマン満載のかっこよさで、写真映えハンパないし撮影ほんと楽しかったです。

 

 

塗装せずとも十分なかっこよさ、遊びごたえなので

ゴウザウラーと合わせて是非手に取っていただきたいキットです!!!

色々ひと段落したら、グランザウラーも仕上げて全合体再現したいですねー!!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category