【MODEROID・バルキング】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんばんは

素組みレビュー3日目の tomoshoo(@tomoshoo1) です。

今日は疲れました。。。

 

 

ということで今回も素組みレビュー!!

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


MODEROID バルキング


MODEROID、ガイキングシリーズ3日目は

灼熱の重巨人「バルキング」です!!!

 

 

ガイキングシリーズは3体同時発売で、パッケージはつながっているデザイン。

 

 

ガイキングのレビューはこちら。

【MODEROID・ガイキング】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!

 

ライキングのレビューはこちらです。

【MODEROID・ライキング】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!

 

 

反対側。

 

側面をぐるっと。

 

 

バルキングは、3体の中で唯一シールが付属します。

しかし少ない!!!

3体合わせてでこれだけって少なすぎますほんと。

 

 

早速く見立てたものを紹介していきます。

 

 

バルキング

ガイキングを上回る火力とパワーと防御力を誇るロボット。

いかにもパワー系らしいずんぐりむっくりなプロポーションが特徴的です。

 

 

反対側から。

脚部の合わせ目は目立ちにくい構造になっています。

しかし手の大きさがすごい。

 

 

両サイドから。

ライキングと浜反対で、スッキリした腕と図太い脚部というシルエットです。

立ち姿はシンプルなハの字立ちです。

 

 

頭部のアップ。

目のみ塗装、それ以外はパーツ分割による色分けです。

顔のカラーリングは3体の中では一番シンプルですね。

 

 

上半身のアップ。

かなり大きな胸飾りや大きな手のひらが特徴的な上半身。

 

 

親指の付け根のみ塗装、それ以外は全てパーツ分割による色分けです。

 

 

ガイコツの口は若干開閉します。

肩や腰の造形もシャープです。

 

 

下半身のアップ。

かなり太い脚部。

 

赤いラインは塗装。

スネ部分のパーツ分割線が目立ちますかね。

ヒザがないという珍しい構造です。

 

 

 

 

上半身の可動域について。

頭部は軸回転のみ。

肩は水平近くまで上がります。

ヒジは実は2箇所の軸可動。

手首はボールジョイント接続です。

指は、親指とそれ以外の指がそれぞれ独立で動きます。

 

 

下半身について。

開脚はこの程度。

足首はボールジョイント接続で、接地性はそこそこです。

 

 

ヒザ関節のない構造なので、前後にはこれくらいしか動かせません。

パワータイプだからどっしり構えてればいいんです!!!笑

 

 

肩のハイドリュートカノンは上下に動かせます。

こんな感じで構えることも可能。

 

 

取り外して手に持たせることで、グランドアックスに

大きな手に負けないビッグサイズ。

全てパーツ分割による色分けです。

 

 

さらに下半身は「バルキング パート2」に変形可能。

キャタピラやタイヤは専用のパーツを取り付けることで再現です。

コロ走行はできません。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

下半身はあまり動きませんが、その分上半身がしっかり動くので

力強く躍動感のあるポージングが可能。

 

 

頭部がボールジョイント接続じゃなかったのがちょっと残念ですね。

他の2体はボールジョイント接続だったので。

 

 

ということで、3日かけて3体の巨人の紹介が終わりました。

それぞれ共通箇所がありながら、それぞれ独自の主張の強すぎる3体で

どれもシンプルにかっこいいですね。

 

変なアレンジがなく、原作に忠実な立体化ってのもかなり好み。

 

 

いつも以上の色分け再現度の高さで、

この3体全部でシール数枚(しかもバルキングだけ)ってのは驚きでした。

 

 

次回はいよいよ合体。

驚きの完成度+かっこよさなのでお楽しみに!!!

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category