【MODEROID・リボルガー】素組みレビュー&改修箇所洗い出し!!


こんにちは

動画編集すると全ての作業が遅れてしまう tomoshoo(@tomoshoo1) です。

やっとひと段落したぜ!!

 

 

ということで今回は素組みレビュー。

紹介していくのはこちらです!!!

 

 


MODEROID リボルガー


MODEROID・ガンバルガーシリーズ第2弾です。

ようやく紹介できます。

 

シリーズ共通の線画風のパッケージ。

 

 

反対側から。

 

両サイド。

詳しく紹介していきましょう!!

 

 

リボルガー アニマルモード

有翼獅子型のロボット。

単体で変形するので、アニマルモードのサイズはこれまでで1番大きいです。

 

見栄え版と変形版の2パターンがあり、こちらは見栄え版です。

 

 

反対側から。

今回もカラフルな色分けがよく再現されています。

 

 

両サイドから。

自然な立ち姿。

 

脚部は合わせ目の目立たない構造で、肩や胴体などには合わせ目がでます。

 

 

頭部のアップ。

カラフルで大きなたてがみが印象的な頭部。

たてがみの黄色、赤、目の緑は塗装されています。

アンテナはシャープな造形です。

 

 

口は開閉可能。

 

 

変形の恩恵もあり、ポージングも少しなら可能。

前足内側の肉抜き目立ちますね。

 

 

こちらは変形版のリボルガーアニマルモード。

このまま変形できるので、いくつか形状が異なります。

 

 

前足はグッとサイズダウン。

色もグレー1色となりました。

 

 

たてがみも大幅にサイズダウン。

たてがみの色分けは成形色で再現されています。

 

 

 

 

リボルガー ファイターモード

単体でミラクル変形して人型のファイターモードに。

全身のカラフルなカラーリングが、成形色と塗装でよく再現されています。

劇中と比べると縦長でスリムなシルエットになりました。

 

 

反対側から。

形状がシンプルなので、合わせ目消しは丁寧にすると見栄えが良くなりそう。

立ち姿は決まってますねー!

 

 

両サイドから。

横から見ても自然。

腕、脚部は横に合わせ目がでます。

 

 

頭部のアップ。

目の緑、頬の青は塗装、それ以外はパーツ分割での色分け再現です。

黄色のパーツがシャープな造形でいい感じ。

 

 

上半身のアップ。

変形用のたてがみになり劇中のようなすっきりとしたシルエットに。

片先端には肉抜きがありますね。

 

 

下半身のアップ。

ヒザ周りはシールでの色分け。

どっしりとしたシルエットは劇中そのものです。

 

 

武器のショットブラスター

尻尾がブラスターに。

合わせ目こそでますが、パーツ分割でカラーリングが細かく再現されています。

 

 

可動域について。

上半身はこんな感じ。

頭部はボールジョイント接続

腕はあまり上がりません。

ヒジは90度近くまで曲がります。

腕はロール軸あり。

手首はボールジョイント接続です。

胴体は軸回転します。

 

 

股関節は上下のスライド機構付き。

軸は金属製で、スムーズにスライドできます。

 

 

開脚はここまで。

股関節はボールジョイントで、開脚はかなり控えめですね。

接地性もそこそこ。

 

 

ヒザは90度程度曲がります。

 

 

ってことでポージングを何枚か。

べらぼうに可動域が広いわけではないですが、各部一通り動くので

リアルなポージングが可能になっています。

 

 

 

 

リボルバスター

さらに変形して高火力の二連装砲に。

 

 

反対側から。

使えるパーツはしっかり使い、専用パーツも合わせて使うことで

フォルムの再現度も高いですね。

 

 

両サイドから。

大半のパーツはリボルガーのものを変形させたものです。

 

 

銃口部分は専用パーツで一回り大きく。

一部塗り分けの必要ありです。

 

 

スコープ部分はクリアパーツ製。

細かなモールドも入っており、ここめちゃいいですね。

 

 

専用のスタンドが付属し、安定してディスプレイすることができます。

スタンドはクリアパーツ製。

 

 

スタンド、余剰パーツを一通り取り付けておくことができます。

ただのディスプレイ用じゃないってのがいいですね。

 

 

ガンバルガーにミラクル武装させて。

スタンドのおかげで安定してディスプレイできます。

 

 

スコープはクリアパーツなので、ガンバルガーがちゃんとのぞいているのがわかります。

 

スタンドだけでなく、両手でがっちりとホールドしてます。

なんちゃってじゃなくて、ちゃんと掴んでるの良いです。

 

 

首回りも専用パーツで接続されています。

 

 

説明書には既に超ミラクル合体についての説明がありました。

リボルガーのパーツが使われるのがわかりますね。

早くグレードガンバルガーを再現したい!!

 

 

付属のシール。

赤、黄色を中心に、パーツ分割で補えなかった色分けを再現する方式です。

 

 

最後はガンバルガーと並べて。

MODEROID・ガンバルガーシリーズもこれで2体目。

 

可動域は控えめですが、

アニマルモード、ファイターモード、バスターモードと3形態どれも劇中再現度高し。

ガンバルガーとの連動も可能で遊びごたえもあります。

 

 

そして控えている3体合体。

 

説明書には既に合体への変形方法も記載されていますし、

今からグレートガンバルガーへの夢が膨らみます。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは~ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category