【ミニプラ・キシリュウジン】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!


こんばんは

今日は割と平和なtomoshooです。

だらだらしてたほうです。

 

 

ということで今回は素組みレビュー!

紹介していくのはこちらです!!!

 


ミニプラ 騎士竜合体シリーズ04

キシリュウジン


ミニプラ・リュウソウジャーシリーズ第4弾のキシリュウジンです!!!

劇場版に登場するリデコ枠ですね。

 

 

今回、公式でのセット販売は無かったので、ショップオリジナルのセット販売を購入。

探し回ったりダブりの心配はないですし、安く手に入るのでおすすめです。

 

 

上部は6人のリュウソウジャー 。

 

 

反対側。

勇動#2の告知もされています。

 

 

今回のセット内容はこんな感じ。

全4種で、これらが揃います。

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

 

ディノミーゴ

ティラノサウルスモチーフの騎士竜。

元デザインはティラミーゴで、一部新規造形となっています。

 

 

反対側から。

ティラミーゴと同様、尻尾の片側はがっつり肉抜きされています。

 

 

両サイドから。

側面のシルエットはティラミーゴとほぼ同じですね。

 

 

新規造形の頭部。

額の飾りは別パーツになっています。

鼻先のツノは尖らせていきたいですね。

 

 

口は大きく開かせることが可能。

こちら側のツノには肉抜きがありますね。

 

 

前足も新規造形。

内側は肉抜き箇所があるので、サクッと埋めたいところ。

 

 

メインカラーの成型色は深緑。

あまり見ない成型色で、どの塗料を使うか悩みますね。

 

 

可動箇所はティラミーゴとほぼ同じです。

メインカラーのおかげで、強キャラ感がすごい。

 

 

リュウソウジョイントminiも、ダークグリーンバージョンで付属。

 

一部はティラミーゴの金型を流用しているので、ダークグリーンバージョンのキシリュウオー頭部も付属します。

使い道は無さそうですけどね笑

 

 

コブラーゴ

コブラモチーフの騎士竜。

成型色はゴールドのみで、どちらも造形は共通です。

 

 

反対側から。

可動箇所は特にありません。

 

 

両サイドから。

尻尾の片側はがっつり肉抜き。

それ以外は合わせ目消しでなんとかなりそう。

 

 

 

 

キシリュウジン

ディノミーゴ、コブラーゴが合体して、キシリュウジンに。

武者っぽい和風な感じ、いいですね。

 

 

反対側から。

キシリュウオーと共通部分も多いです。

 

 

両サイドから。

立ち姿の安定感はキシリュウオーと同様。

 

 

頭部のアップ。

完全新規パーツです。

キシリュウオーよりも若干小顔になっている気がします。

 

 

上半身のアップ。

肩周りのシルエットが、キシリュウオーとはかなり異なります。

可動域はキシリュウオーとほとんど変わりません。

 

 

下半身のアップ。

下半身は完全にキシリュウオーの色違い。

肉抜き箇所も多いです。

 

 

武器のナイトビュービューソード。

片側の肉抜き箇所が目立つので、ここは埋めたいですね。

 

 

ポージングも十分にできます。

二刀流で、手首が回転するのありがたいですねー。

撮影映えしまくりです。

 

 

キシリュウオーと並べて。

完成させて並べたら壮観だろうなー。

道のりは長いけどちゃんと作りたいです。

 

 

付属のシールはこんな感じ。

色わけ箇所もキシリュウオーと似ています。

 

 

紹介は以上です。

リデコ元であるキシリュウオーの出来が良いので、キシリュウジンもかなり完成度高いですね。

改修箇所もキシリュウオーとほぼ同じなので、

自分の過去記事参考にしながら製作したいなと思っています。

【ミニプラ・キシリュウオースリーナイツ】製作過程まとめ!!

こういう時まとめておくと役に立つんですよねー。

 

 

ということで今回は以上です。

それでは〜ノシ



オススメ記事

About Blog

一手間でミニプラがもうちょっとだけかっこよくなるような、改修・塗装・撮影に関する情報を発信していきます!!

コーヒーブログもやってます。

旧ブログはこちら。

プレバン最新情報

プレミアム バンダイ

Search

Category